ポストさんてん日記

放射線・エネルギー・環境・化学物質・食品などの情報をアーカイブとして整理すると同時に、徒然につぶやいています。 リンクはご自由に。

ノコギリヤシは前立腺肥大症に効果がない、ようです。

[ 2020/01/06 (月) ]
先日、友人達との酒席で話題になったので、勉強してみました。

目次

1.前立腺肥大症にノコギリヤシの効果は疑問
2.風邪薬による「排尿困難」、「尿閉」に注意

1.前立腺肥大症にノコギリヤシの効果は疑問

「健康食品」の安全性・有効性情報(医薬基盤・健康・栄養研究所)
ノコギリヤシ 、ソウパルメット [英]Saw palmetto、Sabal [学名]Serenoa serrulataまたはSerenoa repens
【概要を引用】

ノコギリヤシは北米南東部のヤシ科の植物で、45 cm~1 mに広がる特徴的なノコギリ状の葉を持つ。ノコギリヤシの中国語名は「棕櫚子」である。薬用部位は実(エキス)で、中国では古くから泌尿器疾病の治療薬 (漢方) として利用され、さらに強壮、利尿に効果があるとされてきた。
俗に、「泌尿器疾患に有効である」と言われ、前立腺肥大症に対する作用など、一部にヒトでの有効性が示唆されていたが、現時点では効果がないことが示唆されている。
安全性についてはまれに胃腸障害が見られるが、適切に使用する場合にはおそらく安全である。ただし、医薬品との相互作用が報告されており、性ホルモンに対する作用があることから、妊娠中・授乳中は使用を避ける。
ドイツのコミッションE (ドイツの薬用植物の評価委員会) は、ノコギリヤシを摂取する場合、医師の定期的な診断を受けるべきであると指摘している。
その他、詳細については、「すべての情報を表示」を参照。


【小見出しと部分的に引用】

  • 夜中にソワソワ、スッキリしない方、夜忙しい方へ、って表現のノコギリヤシサプリ
    ノコギリヤシの効果については、泌尿器専門医の間でも「あんなの全く効果ないよ」という医師もいれば「まあ、それなりの効果もあるらしいから飲んでいても問題ないよ」という泌尿器科医もいます。
    ちなみに当院所属の複数の泌尿器専門医は「ノコギリヤシ全く効果なし」派です。
  • 前立腺肥大症って前立腺が肥大するから出てくる症状じゃないんだよ!!??
    オシッコの出方を排尿、オシッコをためることを蓄尿と呼びますが、この排尿・蓄尿に異常が出た状態を下部尿路機能障害と専門的には呼び、英語では「The Lower Urinary Tract Symptoms」と書き略して「LUTS」(ラッツ)と泌尿器のプロは呼んでいます。
    ノコギリヤシの前立腺肥大に伴う排尿障害を改善するのか、そのエビデンスはあるのか、現時点での大方の泌尿器科を専門としている医師の見解は「効果なし」なんです。
  • ノコギリヤシを飲んでも、尿の症状は改善しない
    日本医療機能評価機構機構の前立腺肥大症ガイドラインの健康食品というページには、、、
    エビデンスの高い5編を引用した。その結果
    有効性を支持する根拠は乏しい(レベル5)、または一貫しない(レベル1)。安全性の保証も不確実で、患者負担も高い。
    ってことです。ノコギリヤシの下部尿路障害に対する効果は有効性も確認されていなければ安全性も担保されていないし、費用も自費なんで(サプリだから当たり前)患者さんの金銭的負担も大きい、つまり
    ◎ノコギリヤシの前立腺肥大に伴う効果は無し!!
    ってことです。
  • ノコギリヤシはオッサンにとって全く効果がなく無駄なサプリなのか?

ノコギリヤシをご存じですか?
小堀善友 ヨミドクター(読売新聞) 2013/1/22
【ごく一部のみ引用】

私自身は、患者さんから、「ノコギリヤシのサプリメントを飲んでいいでしょうか?」と聞かれたら、「副作用も無いと思われるので、飲んではいけないということはありません。ただ、積極的にはお勧めしていません」とお答えするようにしています。



2.風邪薬による「排尿困難」、「尿閉」に注意

【小見出しとごく一部のみ引用】

  • 前立腺肥大症を治療中の方は風邪薬にご注意ください
    医師が処方する風邪薬であろうと薬剤師さんの指導のもとで購入する風邪薬であろうと、家に備え付けの風邪薬であろうと、おしっこが出なくなってしまう「尿閉」と呼ばれる状態に陥ってしまう可能性があります。
  • 風邪薬と前立腺肥大症の薬を一緒に飲むと副作用が出る、と誤解している人が多いです
  • 前立腺肥大症の方は市販の風邪薬を飲むときは注意してください・・・これも誤解を招く
  • なぜ風邪薬でおしっこが出なくなるか?。原因はこの成分です
    抗ヒスタミン薬
    抗コリン作動薬
    エフェドリン
  • 対策として当院の場合、年末年始以外でも前立腺肥大症で治療している方にはこの様な注意をしています
    日頃から前立腺肥大症で通院している患者さんには、風邪を引いたら即市販の風邪薬を飲むのは控えてね、もしも飲む場合は必ず前立腺肥大症の薬も飲んでね、と私は伝えています。

【ブログ主注】
抗コリン成分とは、神経伝達物質アセチルコリンの作用を抑制する物質で、副交感神経の働きを抑制させる。副作用として、排尿困難などの症状が現れる。
出典:第2章 抗コリン成分ってなんだ(よくわかる一般用医薬品)
抗ヒスタミン成分とは、ヒスタミンとヒスタミン受容体との結合を防げ、ヒスタミン受容体の働きを抑制する物質。抗ヒスタミン成分はヒスタミン受容体だけでなくアセチルコリン受容体を遮断する作用を示し、抗コリン作用に起因する副作用を引き超すことがある。副作用として、排尿困難などの症状が現れる。
出典:第4章 抗ヒスタミン成分ってなんだ(よくわかる一般用医薬品)

【小見出しと一部のキーワードのみ引用】

  • 「おしっこの出が悪いんですけど」「風邪薬飲んだ?」「漢方薬だけ」「それだ!!」
    「排尿困難」、「尿閉」に要注意なのが風邪薬。
  • 過活動膀胱治療中の患者さんは漢方薬系の風邪薬に特に注意を
    過活動膀胱の治療薬として処方されているのが抗コリン薬に分類される薬
  • おしっこを出にくくする可能性がある漢方薬はこれ!!
    麻黄」という成分が入っている漢方薬。葛根湯麻黄湯共にツムラは「排尿障害」を副作用として掲げてあります。
  • 海外旅行中に漢方薬を飲んで、尿道留置カテーテルを付けて帰国した方々


[ 2020/01/06(月) ] カテゴリ: 生物・医学関係一般 | CM(0)
コメントの投稿










管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

このブログについて
管理人 icchou から簡単な説明です 更新,追記の通知はTwitter
カテゴリ
最新記事
ブログ内検索