ポストさんてん日記

放射線・エネルギー・環境・化学物質・食品などの情報をアーカイブとして整理すると同時に、徒然につぶやいています。 リンクはご自由に。

(メモ)がんと呼ばれているリスクの低い病気の名前を変えよ

[ 2018/08/10 (金) ]
食品安全情報blog(畝山智香子) 2018/8/10からの引用です。

論文:がんと呼ばれているリスクの低い病気の名前を変えよ

治療しなくても害をなすことがほとんどない低リスクの病気からがんの表示を排除することが過剰診断や過剰治療を減らすのに役立つだろうとBrooke Nickelらは言う

  • ある種のがんは検出しないで放置しても害をなさない。
    顕著な事例が甲状腺乳頭がんである。害をなさない甲状腺乳頭がんは多く、先進国での増加は検出の増加により手術をしてもしなくても進行や転移は変わらない。
    他に低リスク上皮内乳管がん(DCIS)、限局性前立腺がんについても過剰診断過剰治療の根拠があるため、治療せず監視することがすすめられている。
    このほかにも局所悪性黒色腫小肺がんある種の小さな腎臓がんも低リスクと考えられ、同様の過剰診断と過剰治療の問題がある。
  • がんというラベル
    何十年もの間、がんは死と結びついていた。このためがん検診は命を救うと宣伝されてきた。これは善意ではあったが恐怖を利用したものである。
    アクティブサーベイランスのような管理方法が選択肢になってきても、積極的侵襲的治療が必要だという強い認識は残る。最初は監視を選んだ前立腺がん患者の1/4は生物学的理由では無く5年以内に治療を受ける。

    対策としては不必要な検査を受けないことがんというラベルを取り除くことである。


メディア報道(The Guardian):医師はマイナーな病変を「がん」と呼ぶのを避けるべきである-研究(Brooke Nickelら)
研究者らは患者を恐がらせて害のないもののために侵襲的治療を受けさせているという

[ 2018/08/10(金) ] カテゴリ: がんに関する事 | CM(0)
コメントの投稿










管理者にだけ表示を許可する
このブログについて
管理人 icchou から簡単な説明です 更新,追記の通知はTwitter
カテゴリ
最新記事
ブログ内検索