ポストさんてん日記

放射線・エネルギー・環境・化学物質・食品などの情報をアーカイブとして整理すると同時に、徒然につぶやいています。 リンクはご自由に。

共同通信、山中教授が論文不正に関わったような記事を発信、批判を受けURLそのまま、訂正説明無しの全文差し替え

[ 2018/02/10 (土) ]
旧聞に属する話ですが、“メディアの印象操作”、“不誠実”が露呈し、(元々落ちていた)メディアへの信頼低下が加速した事例です。
京都大学iPS細胞研究所の助教が発表した論文にデータの捏造などの不正があった問題に関連して、共同通信が信じれられない失態を演じたので、まとめておきます。

経緯
A が批判の嵐となり、 B に置き換わった(2つの記事は同じURL)

A2018/1/25 14:25  ⇒  B2018/1/25 20:45

共同通信山中教授03

共同通信の致命的な問題点

そもそも、 A の内容は記事になる事柄ではなく、内容のない印象操作という“不良製品を世に出した”のが発端です。

山中所長が科学誌の創刊に関わったことが、論文問題の責任の一端となっていることを匂わせる書き振りになっています。

それを書いた松吉記者の問題は、大したことではないかも?

科学ジャーナルや論文に対して無知であっただけだし、どんな組織にも3σから外れた人は存在するので。

なんの訂正情報も出さず、当初の記事と同じURLで、全く内容の異なる記事に差替えとは、、、
共同通信の組織としての対応に大問題

普通の企業であれば、「訂正の発表(製品の回収)」、「謝罪」、「再発防止」、などが常識的な対応ですよね。
今まで共同通信は他社に対して、それを求めていたんじゃないですか?
今回おやりになった事は、「改ざん」、「隠ぺい」ではないでしょうか?

【参考】つい最近、産経がやらかしましたが、それなりの対応があったようです。
沖縄2紙を「日本人として恥」と批判した産経新聞の記事削除 問題がはらむ危険性とは(籏智広太 BuzzFeed 2018/2/8)
沖縄米兵の救出報道 おわびと削除(産経ニュース 2018/2/8)
「米兵事故」おわび・記事削除で処分(産経ニュース 2018/2/16)

外部からの指摘(質問状)への対応も問題

共同通信、山中氏の記事全面書き換え「編集上必要と判断」 (ITmedia NEWS 2018/1/26)
【追記あり】改ざん? 慣習? 共同通信がiPS記事を約7割差し替えて炎上(ねとらぼ 2018/1/26)
iPS細胞研の山中所長をめぐる記事に批判集中 共同通信は内容「差し替え」認める(瀬谷健介 BuzzFeed 2018/01/26 )
[ 2018/02/10(土) ] カテゴリ: メディアにレッドカードを | CM(0)
コメントの投稿










管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

このブログについて
管理人 icchou から簡単な説明です 更新,追記の通知はTwitter
カテゴリ
最新記事
ブログ内検索