ポストさんてん日記

放射線・エネルギー・環境・化学物質・食品などの情報をアーカイブとして整理すると同時に、徒然につぶやいています。 リンクはご自由に。

朝日のモリカケ報道にジャーナリズム大賞(どうぞご勝手に自作自演してください)

[ 2018/01/15 (月) ]
朝日にジャーナリズム大賞=森友、加計学園報道で―新聞労連(時事通信 2018/1/12)
正確には、第22回新聞労連ジャーナリズム大賞

デマか、フェイクか、冗談か、と思ったトピックスなので、少し勉強してみました。
結論として、この業界は労使、社外関係者などがそろって同じ穴のムジナで、自浄作用は期待できず、衰退・崩壊しつつある業界だと理解しました。

主催する日本新聞労働組合連合(新聞労連)とは

かつては総評(日本労働組合総評議会)加盟労組であったが、総評解散以後は連合(日本労働組合総連合会)および全労連(全国労働組合総連合)の何れにも属していない産業別労働組合
朝日、毎日、読売、日経、東京、共同通信、時事通信など86組合が加盟。産経が非加盟なのが特徴的
中央執行委員長:小林基秀(北海道新聞労組)
主な出典:wikipedia

発表している声明・見解のリストを見ると中々のものが、、、以下、一部引用。
  • 平和主義を脅かす憲法改悪に反対する特別決議 2017/12/21
  • 共謀罪と同質のテロ等準備罪成立に抗議し廃止を求める声明 2017/6/15
  • 情報隠しに抗議し秘密保護法廃止を求める 2016/4/1
  • 「戦争法案」の即時廃案を求める 2015/6/24

ジャーナリズム大賞選考委員は以下の4名

鎌田慧(ルポライター)柴田鉄治(元朝日新聞社会部長)北村肇(週刊金曜日発行人)青木理(元共同通信記者、ジャーナリスト)

いつ頃からの委員なんだろう?と思って検索すると、2014年1月の第18回ジャーナリズム大賞も同じメンバー構成で、「特別賞」に朝日の吉田調書関連報道(福島第一原発の吉田所長)を選定しています。(その時の大賞は、琉球新報と沖縄タイムスによる基地移設問題と県知事選関連の一連の報道)

以下、本筋から外れますが、
関連情報を検索していたら興味深い情報があったのでメモ

JCJ大賞というものがあり、2017年度は、朝日新聞取材班が『「森友学園」への国有地売却と「加計学園」獣医学部新設をめぐるスクープと一連の報道』で受賞(授賞式は2017/8/19)している。
JCJ:Japan Congress of Journalists:日本ジャーナリスト会議はメディアの関係者が参加する団体で、ブログを通じて活動や声明の発表等は行われているが、所在地、代表者名等は公表されていない、とのこと。出典:wikipedia
関連記事に驚くべき記述がありました。

(審査員の)柴田鉄治(元朝日新聞)氏が次のような趣旨の発言をした。
「受賞には至らなかったが、実は、東京新聞の望月衣塑子記者に特別賞を与えてもいいのではないかとも思った」
望月衣塑子記者は、記者会見の際に果敢な質問をすることで話題になった。彼女の鋭い質問をするその姿勢に対して賞を与えることを考えたというのだ。
普通、賞というものは、仕事の成果に対して贈るものである。記者の姿勢に対して贈ったという話は聞いたことがなかった。
筆者は、2017年度の授賞式を取材してみて、日本のジャーナリズムは完全におかしくなっていると思った。


[ 2018/01/15(月) ] カテゴリ: メディアにレッドカードを | CM(0)
コメントの投稿










管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

このブログについて
管理人 icchou から簡単な説明です 更新,追記の通知はTwitter
カテゴリ
最新記事
ブログ内検索