ポストさんてん日記

放射線・エネルギー・環境・化学物質・食品などの情報をアーカイブとして整理すると同時に、徒然につぶやいています。 リンクはご自由に。

(メモ)これからはNHKにご用心、日本学術会議の報告、原発事故の子どもへの健康影響、不条理の壁を越えて、繰り返された報道による言葉の暴力,「福島産」への正しい理解を

[ 2017/10/20 (金) ]
5項07 を追記。 2017/10/27
4項、5項06、6項を追記。 2017/10/20
(上記までの追記・更新記録は割愛)
初回公開日: 2017/9/5


自分用のアーカイブです。
以下、原則として新しい順

目次

6.日本学術会議「9/1報告書」報道の顛末 これからはNHKにご用心(福島 信夫山ネコの憂うつ 2017/10/16)【追記】

5.日本学術会議の報告(2017/9/1)について
01 福島の子どもと被ばく「出産に影響はない」"ネットでしか"話題にならない重要報告(石戸諭 BuzzFeed 2017/9/14)
02 「福島で次世代に放射線被曝の影響は考えられない」ということ―日本学術会議の「合意」を読みとく(服部美咲 SYNODOSシノドス 2017/9/19)
03 坂村健の目:被ばく影響、科学界の結論(坂村健 毎日新聞 2017/9/21)
04 <マスコミが報じない>福島原発事故「子どもへの被曝影響なし」(石川和男 BLOGOS 2017/10/5)
05 反原発メディアは伝えない? 日本学術会議の報告書が伝えたかったこと(産経ニュース 2017/10/19)
06 坂村健の目:「正しさの確率」の重み(坂村健 毎日新聞 2017/10/19)【追記】
07 科学の営みが示した放射線被曝の結論 「報告」を読み論文の数と6年の歳月の試練に耐えた重みを評価する(坂村健 産経ニュース正論 2017/10/26)【追記】

4.福島・南相馬の精神科医が見た「大震災6年半後の風景」(堀有伸 現代ビジネス 2017/10/8)【追記】

3.原発事故の子どもへの健康影響(越智小枝 IEEI 2017/9/4~10/4)

2.不条理の壁を越えて(服部美咲 SYNODOSシノドス 2017/4/27、2017/9/5)
01 すべての子どもたちが福島に生まれたことを誇りに思えるように / 南相馬・番場さち子さんに聞く
02 「あたりまえの日々を生きたいだけです」―福島の住民の小さな声を聴く

1.繰り返された報道による言葉の暴力、「福島産」への正しい理解を(林智裕 WEDGE Infinity 2017/8/6)

【後半部分のみを部分的に引用】
今でも「放射脳」が残留するNHK
ここまで来て、(日本学術会議の報告を)新聞はともかくテレビで全く報道されていない異常さに気づくが、特に日本の代表的大テレビ局NHKはどうした、と言いたくなるのが当然だ。その原因の一旦とおぼしきモノが見えた番組が、10/3に放送された「クローズアップ現代+全国最大の“原発訴訟” 責任は誰に?」だった。
NHK福島局の佐々木英基ディレクターの制作。
こんな番組を作ったNHK福島局の佐々木ディレクターだが、この「まとめ」でバックグラウンドがいろいろわかってきた。


1:NHKは「日本学術会議報告書=福島でのがんの増加、先天性異常、遺伝的影響は予測されない」を報道しない
2:NHKの佐々木ディレクターは、番組で福島での嚢胞が被ばく原因であるかのような印象操作をした。
3:NHKは崎山氏らの311甲状腺がん子ども基金を、電話番号付きでやたらに報道している。
と並べると、NHKの今の立ち位置が、あの11年12月の真っ黒なデマ番組「追跡真相スクープ 低線量被ばく 揺れる国際基準」の時と、大して変化していないことが判る。
http://shinobuyamaneko.blog81.fc2.com/blog-entry-59.html 参照
(弊ブログにもあります。NHK「低線量被ばく 揺らぐ国際基準 追跡!真相ファイル」への反論まとめ(2011/12/30))

そして今、他社はもう「フクシマ」に見切りを付けつつあるのに、NHKはこの福島をめぐる情勢の変化には対応していない。また視聴者層は団塊の世代以上の高齢層が圧倒的、この世代は「左寄り」も多い。ネット世論の影響も受けにくい、ということを考えると、これから福島にとって、一番の「風評加害社」は(周回遅れの)NHKになる可能性がある。ただし、その「他社(特に「ライバル」朝日?)の様子を見てから後追い」の保守体質からすると、朝日が撤退すれば、遅れてNHKも撤退する可能性がある。


5.日本学術会議の報告(2017/9/1)について

【小見出しのみ引用】

  • 日本学術会議の報告を読み解く
  • 胎児への影響「科学的には決着がついたと認識されている」
  • 科学者たちが積み上げたデータ
  • チェルノブイリより「はるかに低い」
  • 課題はコミュニケーション
  • 早野さんはどう読み解くのか?
  • 「しっかりした報告になっていると評価できます」
  • どこが大事な点なのか?
  • 胎児影響はなんの心配もする必要はない。なのに……
  • そして、この報告はほとんど報道されなかった……


【小見出しと一部のみ引用】

  • 日本学術会議の報告
    2017年9月1日、日本学術会議の臨床医学委員会放射線防護・リスクマネジメント分科会が、「子どもの放射線被ばくの影響と今後の課題―現在の科学的知見を福島で生かすために―(PDF)という報告書(以下『9.1報告』と表記)を出した。
    特に後者の「次世代への影響が考えられない」ということについては、すでに「科学的に決着がついている」とも明言している。
    しかし、こういった国内外の大多数の専門家の合意する知見について、国内のマスメディアがこれまで十分に報じておらず、さらに悉皆(しっかい)検査がいたずらに続けられていることや、ことあるごとに「甲状腺がんが発見された」とテレビやインターネットを中心に報じられることにより、住民の不安は増幅されている。
    現在の福島の子どもの心身の健康を損ない得るのは、放射線被曝よりむしろ過剰な不安を煽るような報道や偏見であるともいえる。
  • 引用文献の「数と質」
    9/12に日本学術会議の「原子力利用の将来像についての検討委員会原子力発電の将来検討分科会」が提言を出している(以下『9.12提言』)。
    この提言の中で、『9.1報告』が挙げるような国内外の知見に対して、「初期の内部被ばくの調査がほとんどなされていなかったことから健康被害が認められるレベルではないという見解の信頼性を問う」などの反論を試みているものの、この部分の引用文献は査読のない一般向け書籍(『見捨てられた初期被曝』岩波科学ライブラリー)からのものであり、科学的な提言がされる根拠としては乏しいと言わざるを得ない。
    今回挙げた『9.1報告』『9.12提言』について、「引用している文献の数と信頼性」という視点から検討してみよう。
    『9.1報告』が引用している文献の数は84件であり、、、、
    一方、『9.12提言』で、「福島の子どもや住民の放射線被曝による健康影響」というテーマについて引用している文献は、法律や調査結果のデータ引用などを含めて10本に満たない。そして、数の少なさ以上に問題にすべきは引用文献の「質」である。
    『9.12提言』に引用されている文献のうち1本は、前述の通り、査読付き論文ではなく一般向け書籍である岩波科学ライブラリーからの引用であり、著者は匿名のTwitterアカウントとなっている(実名および所属等不明)。
    また、うち2本(福島県立医科大学安村誠司教授論文、国立国会図書館労働課高野哲氏論文)については内容にかかわる部分ではなく、アンケートの「回答率が低い」という箇所で両者が併せて引用されているにとどまる。
    内容にかかわる査読付き論文は2本が引用されている。また、このうち岡山大学津田敏秀教授の論文はUNSCEARの2016年白書で「重大な欠陥がある」として却下されている。
  • 「両論併記」はすでに公平ではない
    今回検討したように、同じ日本学術会議の報告と提言であっても、その信頼性は大きく異なる。マスメディアは「両論併記」をすることで公平な立場を保とうとする動きに出ることが少なくないとよく指摘されるが、このように信頼性や科学的な合意の度合いがまったく釣り合っていない論を同じスペースを使って両論併記することは、かえって公平性を損なう
    これまで検討してきたとおり、信頼性について疑問を生じざるを得ない『9.12提言』の中で言及された「福島の子どもや住民の放射線被曝による健康影響」について、マスメディアが両論併記をはかったとすれば、それは公平であるとはとてもいえない
    原発事故後、6年半をかけて国内外の科学的知見が積み上げられてきた。たとえ事故当時は、データが出揃わずに両論併記できたテーマであっても、国内外の科学者の間で検討や議論が十分にされた上で合意が行われ、科学的にはすでに決着がついているケースが少なくない。
    福島の住民が心身ともに健やかに日常を送り、また県外で不当な偏見にさらされるようなことがないようにするためにも、こういったすでに決着がついている科学的事実について、公平な視点で、県内外に対して広く、正確に伝えることが、今マスメディアにもっとも求められている役割のひとつと言えるのではないだろうか。


03 坂村健の目:被ばく影響、科学界の結論
坂村健 毎日新聞 2017/9/21

【一部のみ引用】
この報告書はいわば、事故後6年たっての科学界からの「結論」。これを覆すつもりなら、同量のデータと検討の努力を積み重ねた反論が必要だ。一部の専門家といわれる人に、いまだに「フクシマ」などという差別的な表記とともに、単に感覚にすぎない「理論」で不安をあおる人がいるが、そういう説はもはや単なる「デマ」として切って捨てるべき段階に来ている。

マスコミにも課題がある。不安をあおる言説を、両論併記の片方に置くような論評がいまだにあるが、データの足りなかった初期段階ならいざ知らず、今それをするのは、健康問題を語るときに「呪術」と「医術」を両論併記するようなもの、と思ったほうがいい。

新聞でいえば、福島の地方紙以外は全国紙の福島版とデジタル版で一部報道された程度。子どもに焦点を当てたという点でも十分に「ニュース性」があるのに、だ。ネットでは、この報道の少なさに違和感を覚えるという多くの書き込みがされている。

この報告の題名に「今後の課題」とあるのは、既に決着のついた科学分野についてではない。科学的には結論が出ても無くならない不安、さらにそれをあおろうとする言説だ。「子どもが産めないの?」という不安を福島の子どもたちに抱かせないようにするため、学術会議の「結論」をどう広く伝えるかが「課題」マスコミができることは、もっとあるはずだ。

【メモ】坂村健の目:ベビースキャン(毎日新聞 2015/12/17)

事態がわからないときに、非常ベルを鳴らすのはマスコミの立派な役割。しかし、状況が見えてきたら解除のアナウンスを同じボリュームで流すべきだ。


【部分的に引用】
殆ど知られていないだろうが、これは大きな朗報。ポイントは次の通り。
<1>胎児への影響について
<2>チェルノブイリ原発事故(1986年:旧ソビエト連邦)との比較
<3>甲状腺がんについて
この朗報を大々的に取り上げたマスコミは少ない。私が調べた限りでも、全国紙3つ・地方紙3つだけ。しかも、記事の日付は報告書発表後からずいぶん時間が経ってからのものばかりで、次の通り。

9/5 読売新聞「震災6年 チェルノブイリ比較 被曝線量「はるかに低い」」(福島版)
9/6 福島民友ニュース「被ばく線量「はるかに低い」 第1原発事故、チェルノブイリと比較」
9/7 福島民報「線量「はるかに低い」 県内の子ども チェルノブイリと比較 日本学術会議」
9/13 朝日新聞「福島の子、被曝線量「低い」 チェルノブイリと比較 日本学術会議(福島版)
9/19 東京新聞「3・11後を生きる 坂本充孝のふくしま便り いわきにNPO開設のクリニック 患者の不安に向き合う」
9/21 毎日新聞「坂村健の目:被ばく影響、科学界の結論」

福島原発事故から6年以上が経過した現在も今後も、事故による子どもへの影響の事実はない。これは本来、トップニュースになるべき朗報のはずだが、そうはなっていない
マスコミ主導の報道は、やはり偏っている・・・



06 坂村健の目:「正しさの確率」の重み
坂村健 毎日新聞 2017/10/19

【一部のみ引用】
先月のこの欄で、日本学術会議の報告書「子どもの放射線被ばくの影響と今後の課題」を取り上げ「影響はない、が現時点の結論だ」と書いた(注)少し上の03私は放射線医学の専門家でもないのに、これを「正しい」と考えている。それは、この報告書が科学のシステムにのっとっているからだ。
質の高い学会の査読を経て、長期の検証に堪えた多数の論文があり、それらをベースにした国連科学委員会の白書などの引用文献リストも添えられている。事故から7年近くたっての結論がいいかげんなら、同じ分野の「システム」が決して容認しない。
その重みは、この報告書を「真実」として社会が行動してもいい程度に十分な「正しさの確率」を示していると私は考える。なのにマスコミの扱いはほとんど無かった
ぜひ広く知らしめてほしい--と前回は書いた。なにしろ、この報告書の比較対象にすらできないほどいいかげんなデマによって、多くの悲劇が生まれている。それを止められるのはマスコミだからだ。
「この世に絶対はない」からといって、全てを疑っていたら何もできない。だから「正しさの確率」をもとに人も社会も行動する。全ては「程度の問題」なのだ。
それでもなお「絶対」という悪魔の証明がなければ納得できないとすれば、そういう人こそ「科学絶対神話」の信者--そのそしりは免れないだろう。


【ごく一部のみ引用】
「小さすぎて分からない」ことを「何が起こるか分からない」と言い換え、「影響がないことを証明しろ」と「悪魔の証明」を求め続ける人々がいる。
結局、愚直にデータを積み重ねるしかない。つまり時間が必要ということだ。この「報告」はまさに事故後6年の科学の営みの蓄積から出た、現時点の「結論」である。「胎児影響に関しては、上記のような実証的結果を得て、科学的には決着がついたと認識されている」とまで踏み込んでいる。
同じ日本学術会議から出た裏腹な「報告」と「提言」を読み比べた人が、『日本学術会議の「合意」を読みとく』という題で、ネットで報告している(注)少し上の02。そのまとめをした服部美咲さんが指摘しているが、論文の観点から見た場合、この2つの引用文献の「数と質」には大きな違いがある。
提言」の健康管理問題に関する項目の引用文献は、10本に満たない。しかも、査読を通っていない一般書や関係の薄い論文も含まれ、内容にかかわる査読付き論文は2本だけ。その1本は国連の科学委員会の白書で「重大な欠陥がある」として却下されたものだ。
原子力について社会的影響から政府へ提言するということについてはさまざまな観点があり、ここではその是非は問わない。しかし、そのことと健康被害の問題は切り離して語るべきだ。今や貧弱な引用文献をつけてまで無理に健康被害を言うことは、寧(むし)ろその趣旨を疑わせる弱点に他ならない。
科学者と言っても人間だ。一時のプライドや個人の利益のために結果を捻(ね)じ曲げる人もいる。奇妙奇天烈な発表も日常茶飯事で、STAP細胞事件のように一時期、皆が完全に騙(だま)される例も歴史をひもとけばいくらでも出てくる。
科学は間違える。「科学=真実」ではなく「真実に近づくための営み」にすぎないからだ。しかし、だからこそ「間違い続ける」こともない。論文、博士号、学会、引用、査読、追試といった「システム」はそのために存在する。その不断の検証サイクルにより、いつかは間違いは正される-と期待し、真実である確率を少しでも高めるための営みが科学だ。
報告」を読めば、それを「真実」と仮定してもいいだけの十分に高い確率が示されたというのが、専門家のコンセンサスであると分かる。不確かなことを結論めいて書けば、まず飛んで来るのは同じ分野の「システム」からの集中砲火だからだ。
数年前なら、専門の違う私では、とても結論めいたことはいえなかっただろう。しかし今は「報告」を読み、査読を通った論文の数と6年という歳月の試練に耐えた重みを評価し、これを「結論」としていいと考えている。


4.福島・南相馬の精神科医が見た「大震災6年半後の風景」
コミュニティの光と影

堀有伸 現代ビジネス 2017/10/8

【小見出しのみ引用】

  • 安易に帰還を促すべきではない
  • 避難解除は「無謀な戦線拡大」
  • あえて矛盾と混乱をまとめない
  • 浮き彫りになったコミュニティの影
  • 賠償金の格差がもたらしたこと
  • 「あの人が震災の時に逃げた…」
  • 自分の意思を殺して、コミュニティに合わす国


3.原発事故の子どもへの健康影響(越智小枝 IEEI)

(その1):その特性、2017/9/4

【小見出しのみ引用】

  • 子どもの特性
  • 疫学的な難しさ
  • 社会的「自粛」


(その2):放射線被ばく量、2017/9/7

【小見出しのみ引用】

  • 外部被ばく線量
  • 内部被ばく線量:セシウム
  • 内部被ばく量:ヨウ素
  • データ解釈の落とし穴


(その3):肥満、2017/9/12

【小見出しとごく一部のみ引用】

  • 運動量の変化
  • 肥満
  • 拡大する格差
    災害による健康影響について考える時に忘れてはいけないことは、災害の影響は万人に均等ではない、ということです。元々社会に存在する格差や脆弱性(vulnerability)が、災害の時により顕著となる、という災害の特性を考えれば、平均値だけを見ていると本当の被害の大きさを見落としてしまう可能性があると言えるのです。数値データを知ることは大切ですが、私たちは「平均値」に現れない少数の弱者の存在を常に忘れず、データと社会の両者を解釈していかなくてはいけないと思います。


(その4):精神・情操面への影響、2017/10/4

【小見出しとごく一部のみ引用】

  • 精神面への影響
  • 情操面への影響
  • PTSDから「PTG」へ
  • さいごに
    原発事故による子どもたちへの健康影響は、大人と同等あるいはそれ以上に複雑かつ広範な問題です。「放射能」「がん」「可哀想な子どもたち」。このようなレッテルで福島の子どもを一くくりにしてしまうことで、多くの健康被害が見落とされるだけでなく、子どもたちがしなやかな心を身につける、PTGの機会をも失われてしまうかもしれません。子どもの復興のためには、「子ども社会」をみる大人の眼こそが成長していかなくてはいけないのではないかな、と考えています。


2.不条理の壁を越えて(服部美咲 SYNODOSシノドス)
福島の人びとを苦しめている、デマや偏見による理不尽な差別があります。「STOP!福島関連デマ・差別」がお届けするシリーズ「不条理の壁を越えて」では、そうした経験をひとつずつ丁寧に集めていきます。
01 すべての子どもたちが福島に生まれたことを誇りに思えるように / 南相馬・番場さち子さんに聞く(服部美咲 2017/4/27)

【小見出しのみ引用】

  • 共に学び、憩う居場所づくり
  • 「放射能を浴びたパソコンなんか、返されても困ります」
  • 小さな力でも立ち向かう
  • 「こんな差別を受けてきたのか」
  • 福島に生まれたことに誇りを持って
  • ファンクラブ「STOP!福島関連デマ・差別――ともに「デマ・差別」を解決する道を」へのご加入を!


02 「あたりまえの日々を生きたいだけです」―福島の住民の小さな声を聴く(服部美咲 2017/9/5)

【小見出しのみ引用】

  • はじめに
  • 「福島県民は来るな」
  • 「私の6年が吹き飛ばされた」
  • 大人が子どもたちのためにできること
  • 信頼できる情報源を


  • 福島の漁業者はなぜ処理水放出に反対しているのか
  • EUが福島産品の輸入規制を解除へ
  • カタールで人気を博す福島県産米
  • UAEからの予約注文も順調
  • 時計の針を止めたままにするのは、もうやめよう

[ 2017/10/20(金) ] カテゴリ: 総合的な事 | CM(0)
コメントの投稿










管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

このブログについて
管理人 icchou から簡単な説明です 更新,追記の通知はTwitter
カテゴリ
最新記事
ブログ内検索