ポストさんてん日記

放射線・エネルギー・環境・化学物質・食品などの情報をアーカイブとして整理すると同時に、徒然につぶやいています。 リンクはご自由に。

加熱式たばこ(主にプルームテック)について

[ 2017/08/09 (水) ]
プルームテックを使い始めたので、基本的な情報や調べた事をまとめておきます。

“加熱式”の意味

『電子たばこ』という言葉もあるようですが、各メーカーは『加熱式たばこ』と言ってます。火を使わずに電気的にたばこ葉に熱を加え、発生したニコチンなどの成分を含む蒸気を吸うのが基本的な仕組み。
紙巻きたばこでは有害物質が燃焼(最高900℃)で発生します。一方、加熱式たばこは燃焼させないことで有害物質を抑制しているという。(どの位少ないか?は各メーカーのサイトで。)
そのイメージを図示したのが
gloを科学しよう
出典:グロー公式サイト/製品情報/gloを科学しよう

蒸気を作りだす仕組みと加熱温度、各社の比較

3社の比較01
出典:加熱式たばこ、主要3ブランドのメリデメ(日経ビジネスオンライン 2017/7/20)

ニコチンなどの成分を含んだ蒸気を作りだす仕組みと加熱温度に注目です。
アイコスとグローはたばこ葉を直接加熱するが、プルームテックはグリセリンや水などのリキッドを加熱して、その蒸気がたばこ葉の「カプセル」を通過する際にニコチンなどの成分が蒸気に抽出される。
プルームテックの加熱温度は非公開とあるが、記事中の下図では40℃以下となっている。
プルームテック01
出典:加熱式たばこ、主要3ブランドのメリデメ(日経ビジネスオンライン 2017/7/20)

カートリッジを分解した写真をブログに掲載している方がおられました。Ploom TECH (プルームテック)を分解して見ました。( 無煙喫煙冶具に関するブログです。)

この違いが予熱時間や充電時間にも現れているようで、
3社の比較02
出典:「加熱式たばこ」商戦激化へ 先行アイコスをJTとBATが追撃 その風味は(サンケイビズ 2017/7/9)

3種を喫煙した感想ブログを読むと『たばこ感』と『におい』はトレードオフの関係になっているようです。

(以下、プルームテックのリキッドについて)
プルームテックのリキッドの役割は2つ

①前述のようにその蒸気がたばこ葉の「カプセル」を通過する際にニコチンなどの成分を抽出。
②煙のようなものを吐き出すことで喫煙感を醸す。

成分は、グリセリン・プロピレングリコール・トリアセチン

いずれも食品添加物(指定添加物)です。
食品、化粧品、医薬品に用いられているので経口での安全性は高いようですが、吸入での長期的な健康影響の情報は見つけられませんでした。(今後、見つけたら本エントリーに追記の予定。)
さらに、今回の用途では、蒸気化するためにヒーターで加熱しており、熱分解から別の化学物質が発生している可能性も否定できません。
(JT資料では40℃とありますが、これは蒸気の温度であり、ヒーター加熱部の温度はもっと高いと理解しています。)

そんな心配をしているくらいなら、禁煙したら、との声も聞こえますが、、、

【参考】上記の②と同類の用途では、舞台や消防訓練などで使用しているスモークマシンでプロピレングリコールやエチレングリコールを使用しています。出典はこちら

いくつかの物性値などを引用しておきます

グリセリンプロピレングリコールトリアセチン
別名グリシルアルコール
グリセロール
1,2,3-トリヒドロキシプロパン
1,2-プロパンジオールグリセリン=トリアセテート
グリセリン三酢酸
グリセリン三酢酸エステル
トリアセチルグリセリン
CAS番号56-81-557-55-6102-76-1
沸点290℃
(760 mmHg)
188.2℃258℃
蒸気圧1.68×10-4 mmHg
(25℃、実測値)
1.29×10-1 mmHg
(25℃、実測値)
2.48×10-3 mmHg
(25℃、実測値)
ADI
(JECFA)
0~25mg/kg 体重/日*1

急性毒性動物種経路致死量、中毒量等
グリセリンマウス
ラット
ラット
経口
経口
吸入
LD50 4,090 mg/kg
LD50 12,600 mg/kg
LC50  > 570 mg/m3 (1hr)
プロピレングリコールマウス
マウス
ラット
経口
経口
経口
LD50 20,300 mg/kg
LD50 22,000 mg/kg
LD50 20,000 mg/kg
トリアセチンマウス
ラット
経口
経口
LD50 1,100 mg/kg
LD50 3,000 mg/kg
(比較の意味で)
塩化ナトリウム
ラット経口LD50 3,000 mg/kg
(比較の意味で)
ニコチン
CAS:54-11-5
ラット
ヒト
経口
経口
LD50 25 mg/kg
致死量は1mg/kgを下回ると判断される
出典
*1 グリセリン脂肪酸エステルとして食品添加物に指定されており、個別物質については定められてない。(一般に「○○酸△△」という名称のエステルは,○○酸と△△アルコールが脱水縮合して生成されたものである。エステルの多くにはフルーティな香りがする)

【参考情報】ADIって何?LD50って何?、は以前のエントリーに情報があります。

参考情報

VAPE(ベイプ)って何?電子タバコの進化と害(有害物質・受動喫煙など)や危険性はある? (カツシン!!VAPE(電子タバコ)初心者 2016/10/27)
JTが電気加熱型たばこの特許権・商標権を取得した米プルームの日本特許出願(IPC Watch 2015/2/17)
[ 2017/08/09(水) ] カテゴリ: 食の安全のその他 | CM(0)
コメントの投稿










管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

このブログについて
管理人 icchou から簡単な説明です 更新,追記の通知はTwitter
カテゴリ
最新記事
ブログ内検索