ポストさんてん日記

放射線・エネルギー・環境・化学物質・食品などの情報をアーカイブとして整理すると同時に、徒然につぶやいています。 リンクはご自由に。

木材自給率が30%台に回復し連続して上昇

[ 2017/10/10 (火) ]
最新データに更新。2017/10/10
初回公開日:2015/10/06


「平成28年木材需給表」の公表について(林野庁 2017/9/26)に基づき、データを更新しました。
木材自給率は2014年に30%を回復(26年ぶり)して以来、連続して上昇し、2016年では34.8%になりました。
グラフなどにまとめておきます。

国内生産量、輸入量、自給率の経年推移

木材自給率A2016
1988年以前は5年毎のデータ(1960、1965、1970、1975、1980、1985)を直線で結んでいる。
総需要量は7,807万7千m3(丸太換算。以下同じ)、国内生産量は2,714万1千m3、輸入量は5,093万6千m3
データ出典:平成28年 木材需給表PDFの参考1「木材需給の推移」

2016年の内訳

木材自給率B2016
用材:製材品や合板、パルプ・チップ等に用いられる木材、
燃料材:木炭、薪、燃料用チップ及びペレット(木質バイオマス発電施設等)

【国内生産および輸入の形態別】
上のグラフ要素と対応している。例えば、国産用材は、ほぼ全てが丸太でごく一部が林地残材となっている。
木材自給率D2016
林地残材:立木を伐採した後に残されている根株・枝条等のうち、木材チップ工場で利用されたもの
(輸入の)その他:構造用集積材を含む

【需要の用途別】
木材自給率C2016
その他用材:構造用集積材を含む。

日本の森林資源の概要

資料Ⅱ-1 我が国の森林蓄積の推移
多くの人工林資源が成熟して収穫期を迎えているにもかかわらず十分に利用されていない状況
資料Ⅱ-2 森林面積の内訳
出典:H28年版森林白書(2017/5/26)の第Ⅱ章P36
【メモ】花粉対策についての記述がⅠ章P29、Ⅱ章P50にある。

世界との比較
出典:世界森林資源評価(FRA)2015 PDF

【表2 森林面積上位10か国(2015年)】
表2 森林面積上位10か国(2015年)

OECD加盟国森林率上位10か国(2015)】
日本の森林率:68.5%はOECD加盟国34ヶ国の中でフィンランドに次いで2番目に高い。
OECD加盟国森林率上位10か国(2015)

メモ

相次ぐ盗伐、その裏に見える日本の森の大問題(田中淳夫 YOMIURI ONLINE 2016/11/19)
おじいさんは山へしばかりに -日本における森林の利用と破壊の歴史- その1 概略(バッタもん日記 2015/9/4)
おじいさんは山へしばかりに -日本における森林の利用と破壊の歴史- その2 日本の植生の特徴と変化(1) (バッタもん日記 2015/10/7)
相次ぐ盗伐、その裏に見える日本の森の大問題(YOMIURI ONLINE 2016/11/19)
森林異変 書評 林業 バイオマス 日本林業の将来像 事例 自給率 (安井至氏 市民のための環境学ガイド 2015/9/26)
私の森.jp 〜森と暮らしと心をつなぐ〜

【メモ】 関東における花粉症原因植物の飛散時期カレンダー
原因植物の飛散時期カレンダー花粉
[ 2017/10/10(火) ] カテゴリ: 生物多様性,外来種,森林破 | CM(0)
コメントの投稿










管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

このブログについて
管理人 icchou から簡単な説明です 更新,追記の通知はTwitter
カテゴリ
最新記事
ブログ内検索