ポストさんてん日記

放射線・エネルギー・環境・化学物質・食品などの情報をアーカイブとして整理すると同時に、徒然につぶやいています。 リンクはご自由に。

農地などへの土地利用の転換に関連した認証制度(メモ)

[ 2014/11/16 (日) ]
生物多様性の危機の大きな要因になっている森林破壊問題については、国際的な検討はされてはいるが、貧困問題も絡んでいるので、オゾン問題や温暖化問題のように国際的に有効な取り組みは働いていない、と言われています。

今回、“パーム油問題”を調べてみた中で、森林を農地などに転換する行為に関して、いくつかの認証制度があり、企業とNGO/NPO等が連携して、できるだけ森林を保全していることを知りましたので、メモ的にリンクをリストアップしておきます。

出典は環境省が運営しているサイト フォレスト パートナーシップ・プラットフォームです。

持続可能なパーム油のための円卓会議(RSPO)  Roundtable on Sustainable Palm Oil による認証油(CSPO) Certified Sustainable Palm Oil

既エントリー(“パーム油問題”)に少しまとめてあります 。


土地利用プロジェクトが、「気候」「コミュニティ」「生物多様性」の3側面すべてでプラスの効果をもたらすために対応すべき評価基準。
確実な温室効果ガス削減と同時に、地域社会と生物多様性にもプラスの効果をもたらす土地利用に関するプロジェクトを見極めるための制度。

国際フェアトレード認証 Fairtrade International -FLO

国際貿易の中で不利な立場に置かれた途上国の生産者と、先進国の消費者を結びつけることで、より公正な取引を促進し、途上国の生産者が貧困に打ち勝つための能力を身につけ、自らの状況を改善し、より自立的な生活を営めるようにすることを目指した公正な貿易のあり方とされている。


認証コーヒー豆がプレミアム価格で買い取られることで、生産農家を支えながら森林伐採を防止することを目的。
大豆生産が環境的に健全でかつ社会的にも責任を果たした形で行われるよう、天然林の伐採回避や保護価値の高い地域の保全等について規定。


国際金融公社(IFC:International Finance Corporation)は世界銀行グループの一員で、途上国の民間セクター開発に専念する国際開発機関として、世界的な貧困削減を使命としています。
持続可能な発展に関するIFCの政策は、金融機関が民間セクターに投融資する際の基準ともなっており、各国の公的輸出信用機関の環境・社会配慮基準や、世界の民間金融機関の指針である「赤道原則」でも参照されている。

環境社会配慮確認のための国際協力銀行ガイドライン Japan Bank for International Cooperation Guidelines for Confirmation of Environmental and Social Considerations

国際協力銀行(JBIC)は、日本及び国際経済社会の健全な発展に寄与することを目的とした日本政府100%出資の政策金融機関。
JBICの投融資対象となるすべてのプロジェクトにおいて、地域社会や自然環境に与える影響に配慮して事業が行われていることを確認するため、「環境社会配慮確認のための国際協力銀行ガイドライン」(JBIC環境社会ガイドライン)において、環境社会配慮などの要件を定めています。

FSC認証

FSC(The Forest Stewardship Council 森林管理協議会)
環境保全の点から見て適切で、社会的な利益にかない、経済的にも継続可能な森林管理を推進することを目的として、環境団体、林業家、木材会社、先住民団体などによって1993年に設立された民間組織。当初、本部はメキシコのオアハカに設置、2003年にドイツのボンに事務局を移転した。 


会員は80カ国。適切な森林管理がなされているかどうかを評価し、適切な管理がなされている森林を認証(森林認証制度)するための国際的機関として活動している。
FSCジャパンは、2006年に設立された特定非営利活動法人日本森林管理協議会。
FSC認証制度(森林認証制度)
木材を生産する世界の森林と、その森林から切り出された木材の流通や加工のプロセスに対する認証。森林の環境保全に配慮し、地域社会の利益にかない、経済的にも継続可能な形で生産された木材に与えられる。
その森林から生産されたた木材や木材製品(紙製品を含む)に、独自のロゴマークを付け、市場に流通させている。一般の消費者は、木材製品や紙製品を購入する時に、FSCのロゴマークの付いたものを選ぶことで、適切な森林管理を行なっている林業者を支援することができ、それが、ひいては世界の森林保全に貢献することになる。

【参考】環境省_環境ラベル等の紹介ページ FSC認証制度(森林認証制度)

関連エントリー

認証パーム油について(熱帯林減少、生物多様性と企業、CSPO )
[ 2014/11/16(日) ] カテゴリ: 生物多様性,外来種,森林破 | CM(0)
コメントの投稿










管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

このブログについて
管理人 icchou から簡単な説明です 更新,追記の通知はTwitter
カテゴリ
最新記事
ブログ内検索