ポストさんてん日記

放射線・エネルギー・環境・化学物質・食品などの情報をアーカイブとして整理すると同時に、徒然につぶやいています。 リンクはご自由に。

日本人のノーベル賞受賞者リスト(おまけでイグノーベル賞、勲章・褒章)

[ 2016/10/03 (月) ]
追記しました。 2016/10/3
(上記までの追記・更新記録は割愛)
初回公開日:2014/10/31


2016年で合計 25 人(米国籍の2人を含む)

2015年まで
日本人のノーベル賞受賞者A2015

2012年まで
日本人のノーベル賞受賞者02

【受賞理由情報など】
日本人のノーベル賞受賞者 - Wikipedia

自然科学系(物理、化学、生理学・医学)の受賞者は 22 人(米国籍の2人を含む)
その他、国別受賞者数など

物理学賞11名化学賞7名生理学・医学賞4名
受賞者 研究分野 発見(発表)年
0090807060~
30
11949湯川秀樹素粒子理論35
21965朝永振一郎素粒子理論48
31973江崎玲於奈物性物理学58
41981福井健一量子化学52
51987利根川進免疫学76
62000白川秀樹高分子化学77
72001野依良治有機合成化学80
82002小柴昌俊天体物理学87
9田中耕一質量分析学87
102008南部陽一郎(米国籍)素粒子理論60
11小林誠72
12益川敏英
13下村修天然物化学62
142010根岸英一有機合成化学77
15鈴木章79
162012山中伸弥幹細胞生物学06
172014赤崎勇物性物理学89
18天野浩
19中村修二(米国籍)93
202015大村智天然物有機化学79
21梶田隆章素粒子物理学98
222016大隅良典細胞生物学93
発見(発表)年は受賞時のノーベル財団資料による

2016年まで
日本人のノーベル賞受賞者2016
出典:元素周期表(一家に1枚 文科省)

2015年まで
自然科学系のノーベル賞の国別受賞者数2015

2012年まで
自然科学系のノーベル賞の国別受賞者数02

イグノーベル賞の日本人受賞者

合計、22賞
イグ・ノーベル賞日本人受賞者01以下、10年連続、11賞
イグ・ノーベル賞日本人受賞者02
出典: Wikipedia

上記はクリックし拡大しても字が小さいので、、、
イグ・ノーベル賞の日本の受賞者

(ほとんど関係ないメモ)勲章の種類及び授与対象

勲章はその人の生涯を通じての功績を総合的に判断して授与される。原則として70 歳以上の者を対象とする。
「勲章及び文化勲章各受章者の選考手続について」(閣議了解)によって実施。
春秋叙勲候補者推薦要綱に基づき、各省各庁の長から推薦、内閣府賞勲局が審査、その後、閣議に諮り受章者が決定。
ただし、文化勲章は、文化勲章受章候補者推薦要綱に基づき、文化功労者選考分科会に属する委員全員の意見を聴いて文科大臣が推薦、内閣府賞勲局が審査、閣議に諮り決定。
種類
授与対象
菊花章だいくんいきっかしょうけいしょく
大勲位菊花章頸飾
だいくんいきっかだいじゅしょう
大勲位菊花大綬章
上は既に大勲位菊花大綬章受章者に
特別に与えられる。
いずれも皇族,外国元首に授与される
場合が多い。
とうかだいじゅしょう
桐花大綬章
旭日大綬章又は瑞宝大綬章を授与される
べき功労より優れた功労のある者
旭日章きょくじつだいじゅしょう
旭日大綬章
きょくじつじゅうこうしょう
旭日重光章
きょくじつちゅうじゅしょう
旭日中綬章
きょくじつしょうじゅしょう
旭日小綬章
きょくじつそうこうしょう
旭日双光章
きょくじつたんこうしょう
旭日単光章
国家又は公共に対し功労のある方
功績の内容に着目し、顕著な功績を挙げた方
瑞宝章ずいほうだいじゅしょう
瑞宝大綬章
ずいほうじゅうこうしょう
瑞宝重光章
ずいほうちゅうじゅしょう
瑞宝中綬章
ずいほうしょうじゅしょう
瑞宝小綬章
ずいほうそうこうしょう
瑞宝双光章
ずいほうたんこうしょう
瑞宝単光章
国家又は公共に対し功労のある方
公務等に長年にわたり従事し、
成績を挙げた方

(公共的業務、公務員)
ぶんかくんしょう
文化勲章
文化の発達に関し特に顕著な功績のある方
上記のほか、外国人に対する儀礼叙勲等特別な場合に、女性のみに授与される勲章として、宝冠章ほうかんしょう)がある。
主な出典: 内閣府HP
勲章・褒章制度(国立国会図書館デジタルコレクション2014/8/28)

茶色が同序列(出典:wikipedia)。その3種以上は、宮中において天皇陛下から親授される。

勲章・褒章は毎年2回、4 月29日と11月3日に授与されることが多いが(春秋叙勲・春秋褒章)、これとは別に授与が行われることもある。

(ほとんど関係ないメモ)文化功労者

文化功労者年金法に定められたもので、文科大臣が候補者の選考を文化審議会に諮問し、その選考者のうちから文科大臣が決定する。
文化功労者には、終身、政令で定める額の年金(年額350万円・平成21年度予算計約8億円)が支給される。一方、現在の勲章・褒章制度には年金を含め特権はない。(日本国憲法では、「栄誉、勲章その他の栄典の授与は、いかなる特権も伴はない」(第14条第3 項)とされている。)
文化勲章の受章候補者は文化功労者のうちから選考されるため、一般的なランクは、文化勲章>文化功労者>紫綬褒章。

(ほとんど関係ないメモ)褒章の種類及び授与対象

特定の表彰されるべき事績があれば、その都度授与される。年齢にとらわれることなく速やかに顕彰することを基本とする。
褒章受章者の選考手続について(閣議了解)によって実施。
各省各庁の長から推薦、内閣府賞勲局が審査、その後、閣議に諮り受章者が決定。
種類は受賞対象の違いを表すもので、ランクの上下はない。
種類授与対象
こうじゅほうしょう
紅綬褒章
人命救助自己の危難を顧みず人命の救助に尽力
りょくじゅほうしょう
緑綬褒章
徳行卓越長年にわたり社会に奉仕する活動
(ボランティア活動)に従事し、顕著な実績
おうじゅほうしょう
黄綬褒章
業務精励農業、商業、工業等の業務に精励し、
他の模範となるような技術や事績
しじゅほうしょう
紫綬褒章
学術・芸術科学技術分野における発明・発見や、
学術及びスポーツ・芸術文化分野
における優れた業績
らんじゅほうしょう
藍綬褒章
公益・教育
・会社経営、各種団体での活動等を通じて、
産業の振興、社会福祉の増進等に優れた業績
・国や地方公共団体から依頼されて行われる
公共の事務(保護司、民生・児童委員、
調停委員等の事務)に尽力
こんじゅほうしょう
紺綬褒章
私財寄付公益のため私財を寄附
ほうじょう
褒状
褒章を授与される方が団体等である場合
しょくはん
飾版
既に褒章を授与された方に
更に同種の褒章を授与する場合

[ 2016/10/03(月) ] カテゴリ: 共通基礎のその他 | CM(0)
コメントの投稿










管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

このブログについて
管理人 icchou から簡単な説明です 更新,追記の通知はTwitter
カテゴリ
最新記事
ブログ内検索