ポストさんてん日記

放射線・エネルギー・環境・化学物質・食品などの情報をアーカイブとして整理すると同時に、徒然につぶやいています。 リンクはご自由に。

FIT関連の情報アーカイブ

[ 2014/12/31 (水) ]
最新追記。2015/1/14
(上記までの追記記録は割愛)
初回公開日:2014/03/03


自分用のアーカイブとして、リンクのみのエントリーです。

比較的最近の論説

★「IEEI 竹内純子氏」2015/1/14、2014/11/6
再生可能エネルギーの普及策 抜本見直しを(後編)
再生可能エネルギーの普及策 抜本見直しを(前編)
★「IEEI 竹内純子氏」2015/1/9
テレビ東京渾身の訴え「国民負担2.7兆円の衝撃」は必見
★「IEEI 竹内純子氏」2014/12/11
COP20 参戦記(その2) ドイツ政府主催のサイドイベント
★「WEDGE Infinity 山本隆三氏」2014/12/12
報道ステーションが伝えない再エネの不都合な真実 政策破綻のスペインから学ぶことは何か
★「ダイヤモンド・オンライン 石川和男氏」2014/12/1
“太陽光バブル”処理は新政権の責任 前民主党政権の“不良債務”を全チャラにせよ!
★「SYNODOS エリック・マーティノー氏」2014/12/1
自然エネルギーの過去、現在、未来についての考察
★「日商環境ナビ 竹内純子氏」2014/10/21、2014/11/1
再生可能エネルギーの普及策 抜本見直しを
★「ようこそDr.町田のホームページへ」2014/10/27
太陽光発電コスト、日独でこんなに違うのはなぜ?
★「ようこそDr.町田のホームページへ」2014/10/26 
メガソーラーはやっぱり高い!
★「JBpress 川口マーン惠美氏」2014/10/22 
ドイツに学んで再エネ推進には慎重になろう 自己矛盾に陥る緑の党、日本人はドイツの現実を正しく知るべきだ
★「WEDGE Infinity 朝野賢司氏」 2014/10/22
再生可能エネルギー接続保留は誰のせい 国会の責任を問う
★「WEDGE Infinity 山本隆三氏」 2014/10/22
再生可能エネルギーの接続保留問題 高収益保証が招いた投資バブル FITが失敗する理由
★「WEDGE Infinity 朝野賢司氏」 2014/10/21
固定価格買取制度は最初から破綻が見えていた
★「WEDGE Infinity」 2014/10/21
なぜ再エネは接続保留に至ったのか
★「日経ビジネスオンライン 山家公雄氏」 2014/10/20 
再エネ接続回答留保問題の本質と検証
★「日本経済新聞(フィナンシャルタイムズの社説の転載)」 2014/10/7
[FT]ドイツの脱原発政策は矛盾だらけ(社説)

★「日本エネルギー会議」2014/9/30
再エネ導入策を早期に検証・見直し、電力安定供給を確保せよ
★「日本とドイツ 中野加都子氏」
脱原発に向かうドイツの事情 全体的な背景の理解が必要!①
★「JBpress 川口マーン惠美氏」2014/7/30 
ドイツの再生可能エネルギー:“しわ取り”は高くつく 電力会社は火の車。経済を無視したグリーンエネルギー推進のリスク
★「日経ビジネスオンライン 山家公雄氏」 2014/7/7 
ドイツ「再エネ制度改革」の全貌
★「WEDGE Infinity 朝野賢司氏」 2014/6/21 
再エネ6900万kWの負担は38兆円! 太陽光のFIT認定は一時的に停止を
★「現代ビジネス 川口マーン惠美氏」2014/5/16 
脱原発で追い詰められるドイツ政府と電力大手が「バッドバンク」設立の秘密計画!?
★「WEDGE Infinity 山本隆三氏」2014/5/12
ドイツがプーチンより恐れる電気料金上昇 再エネ政策見直しに舵を切るEU
★「電気事業連合会」2014/5/1
ドイツのエネルギー事情は今~風力や火力のために火力発電をつくっている~(原子力文化振興財団「原子力文化」2014年5月号掲載記事)
★「IEEI 竹内純子氏」2014/4/11
今後電気料金が上がる3つの理由
★「霞が関政策総研Blog by 石川和男」2014/3/26 
平成26年度の再生エネ買取費用は9000億円~エネルギー対策特別会計を超越
★「WEDGE Infinity 朝野賢司氏」2014/2/26 
太陽光発電 甘い導入想定、産業政策のウソ 高すぎる買取価格を大胆に切り下げよ
★「IEEI 山本隆三氏」2014/2/19 
河野太郎議員の上手だか本当でない説明
★「三橋貴明オフィシャルブログ」2014/2/17 
FIT制度は廃止せよ!
★「WEDGE Infinity 山本隆三氏」2014/2/12 
河野太郎と朝日新聞 不正確な脱原発論の共通点 
★「WEDGE Infinity 竹内純子氏」2014/1/7 
単純すぎる再エネ賦課金“ボッタクリ”論 河野太郎議員が火をつけた「回避可能原価」議論を整理する

発信時期が古い論考

★「GEPR(竹内純子)」2013/9/24
米国シェールガス革命は好機か、危機か
★「現代ビジネス」2013/8/2
ドイツ・再生可能エネルギー法の失敗と、日本が模索すべき最良の道(川口マーン惠美「シュトゥットガルト通信」)
★「電気事業連合会」2013/6/3
厳しい試練にさらされるドイツの石炭火力発電依存体制
★★「電気事業連合会」2013/3/8
ドイツにおける脱原子力政策による電力供給構造の変化と課題(下)
★「 国際環境経済研究所 竹内純子氏」
 2012/7/11 ドイツの電力事情―理想像か虚像か― ①
 2012/7/23 ドイツの電力事情―理想像か虚像か― ②
ドイツにおける再生可能エネルギー(環境省、海外の低炭素社会に向けた取組)
[ 2014/12/31(水) ] カテゴリ: FIT認定制度に関する事 | CM(0)
コメントの投稿










管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

このブログについて
管理人 icchou から簡単な説明です 更新,追記の通知はTwitter
カテゴリ
最新記事
ブログ内検索