ポストさんてん日記

放射線・エネルギー・環境・化学物質・食品などの情報をアーカイブとして整理すると同時に、徒然につぶやいています。 リンクはご自由に。

【その1】太陽光バブルの実態、「太陽光エネルギー」という人災

[ 2018/08/04 (土) ]
追記。2018/8/4
初回公開日:2014/7/21


主に写真の引用です。

目次

1.災害警戒区域がハゲ山に…西日本豪雨が浮き彫りにする「太陽光エネルギー」という人災
2.太陽光発電所が起こした「二次災害の要因」
3.宮城県仙台市太白区ソーラーパネルごと崖崩れ!土砂とパネルで道を塞ぎ、通行止め、立ち入り禁止に!
4.これはヒドイ光景です。太陽光発電の目的と逆ですね。
5.太陽光発電は人を幸せにするか(産経ニュースの連載)
6.関連エントリー

【追記】

姫路市の崩落現場
姫路市の崩落現場

神戸市須磨区の山陽新幹線線路脇で崩落した太陽光パネル(神戸市提供)
神戸市須磨区の山陽新幹線線路脇で崩落した太陽光パネル(神戸市提供)


【追記】

太陽光発電所が起こした「二次災害の要因」

2018/7/17 ゆさをぢさんの「されがまね話」
シャープ工法(地上YR・YY工法)

【追記】
ソーラーパネル 仙台市 太白区 土砂崩れ



これはヒドイ光景です。太陽光発電の目的と逆ですね。

【追記】
【追記】





5
太陽光発電は人を幸せにするか(産経ニュースの連載)

2018/8/25 (1)
法の規制を受けず 反社会勢力、外国の土地買収…このままでいいのか

2018/8/26 (2)
土台がドラム缶の太陽光発電所 ぬりかべのように迫るパネル…「地球にやさしいまち」はいま

2018/9/1 (3)
気付いたら家が太陽光発電所に囲まれていた…突然の計画に戸惑う住民

2018/9/2 (4)
3メートル以上の高さのパイプに太陽光パネル 豪雨、強風に耐えられるのか

2018/9/8 (5)
伊東の港のそばに韓国系企業がメガソーラー 「海に土砂が流れ込む」 「反対の声」にも計画は進み…

2018/9/9 (6)
想定外だった?反対運動 韓国系財閥企業は「甘くみていたんだ」

2018/9/15 (7)
なぜ海は突然濁ったのか 軟らかい地盤…予想される難工事 メガソーラーができたらどうなる

2018/9/16 (8)
積極誘致姿勢だった佃弘巳前市長の「影」が徘徊する静岡県伊東市

2018/9/22 (9)
静岡・伊豆高原のメガソーラー関係者には逮捕歴がある人物も 外国資本への転売をいぶかる住民も

2018/9/23 (10)
川勝平太静岡県知事も、小野達也伊東市長も最初は歓迎だった太陽光発電 想定外の開発に「ここまでになるとは…」

2018/10/20 (11)
際限がない建設計画 千葉・鴨川では250ヘクタールが

2018/10/21 (12)
中国系企業も参加 千代田区1個分を外資が開発へ

2018/10/27 (13)
雪深い土地にメガソーラー 「雪崩が起きたら…」 困惑する住民たち

2018/10/28 (14)
後藤幸平・飯豊町長「外資の高い目線、許せない」「『圧力』もあった」
 
2018/11/3 (15)
賛成の自治体も反対へ 「地元軽視」外資への募る不信

2018/11/4 (16)
業者は工事を強行 決め手がない伊東市は住民と業者の板挟みに

2018/11/10 (17)
「条例」は無力? ハンファのメガソーラー建設が続く伊東市 続々とほかの業者も申請

2018/11/11 (18)
事態を動かした知事の一声 つくば市民が筑波山の太陽光発電計画を止めたが…

2018/11/17 (19)
「行政だって訴訟が怖いんです」
 
2018/11/18 (20)
高値で取引される売電権に経産省が切り札 「倒産する」と業者の悲鳴


関連エントリー

【その1】太陽光バブルの実態、「太陽光エネルギー」という人災←本エントリー
【その2】FITの失敗をデータで確認、太陽光FITの費用対効果は?
【その3】FITの制度導入や運用でやらかした人たちの記録

【メモ】
各地でトラブル、太陽光発電も環境アセス義務化(YOMIURI ONLINE 2018/8/27)

●【太陽光発電は人を幸せにするか】産経ニュース
[ 2018/08/04(土) ] カテゴリ: 日本のFITに関する事 | CM(0)
コメントの投稿










管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

このブログについて
管理人 icchou から簡単な説明です 更新,追記の通知はTwitter
カテゴリ
最新記事
ブログ内検索