ポストさんてん日記

放射線・エネルギー・環境・化学物質・食品などの情報をアーカイブとして整理すると同時に、徒然につぶやいています。 リンクはご自由に。

スポンサーサイト

[ --/--/-- (--) ]
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/--(--) ] カテゴリ: スポンサー広告 | CM(-)

“再生エネ利用者負担38兆円”という記事への感想

[ 2014/07/01 (火) ]
今朝(7月1日)の読売朝刊に『再生エネ利用者負担38兆円電力中央研究所 が試算』という記事が載っていました。再生可能エネルギー
電力中央研究所が公式に何か発表したのか?と思って、ちょっと、検索してみましたが、そうではなく、
朝野賢司主任研究員による2014/6/21の「WEDGE Infinity」記事、再エネ6900万kWの負担は38兆円! 太陽光のFIT認定は一時的に停止を が出典または独自取材のようです。(もし、違っていたら訂正します。

ブログ主は、欠陥だらけのFIT制度に大問題があると認識しているので、以前、この情報を読んだ際には基本的な主張には賛同を覚えたのですが、算定の過程などが結構粗いのでは、との感想を持った次第です。

読売朝刊の記事が、FIT制度による消費者の負担が大きいことを訴えたいという意図は分かるので、あまり目くじらを立てる必要もないですが、よくある“メディアの特性”として、以下の2点が印象として強かったです。
  • 記者は真実やエビデンスではなく、見解を取材する。
  • 取材した見解を権威づけする。

参考までに、ドイツの2000年から2014年までの賦課金累積は1,095億ユーロ(約14兆円)とのことです。こちらのエントリーからの転記
[ 2014/07/01(火) ] カテゴリ: FIT認定制度に関する事 | CM(0)
コメントの投稿










管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

このブログについて
管理人 icchou から簡単な説明です 更新,追記の通知はTwitter
カテゴリ
最新記事
ブログ内検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。