ポストさんてん日記

放射線・エネルギー・環境・化学物質・食品などの情報をアーカイブとして整理すると同時に、徒然につぶやいています。 リンクはご自由に。

家電4品目の再商品化率(2012年度版)

[ 2014/02/10 (月) ]
家電4品目(エアコン、テレビ、冷蔵庫・冷凍庫、洗濯機・衣類乾燥機)の再商品化率の経年グラフなどです。

家電4品目の再商品化率

H24年度の使用済み家電4品目合計の再商品化等処理重量は46.8万トン、国民一人あたりの重量に換算すると約3.7kg
再商品化されている素材をみると、エアコンでは鉄、銅、アルミニウムの合計が全体の約50%を占める。また、ブラウン管式テレビはブラウン管ガラスが全体の約56%を占めるなどが製品特性として挙げられる。その他の品目では鉄が約半分を占め、割合が高い。

家電4品目の再商品化処理台数

H24年度の使用済み家電4品目合計の再商品化処理台数は約1,134万台で前年を下回った。これはH23年3月末でエコポイント制度、同年7月に地上デジタル放送完全移行の2つの買い替え特需の終了が影響。

【出典】
家電製品協会 家電リサイクル実績 年次報告(2013/7)

【定義】
再商品化率とは、再商品化等処理重量のうち、再商品化重量が占める割合。
要するに重量比で、処理したものの内リサイクルされた割合。

【引取り料金】
年次報告書の75ページに、『一部の製造業者等による再商品化等料金の推移(平成25 年4 月1 日現在)』として下表があります。
再商品化等料金の推移

各製造業者等が公表した最新の再商品化等料金は、家電製品協会ホームページの「リサイクル料金(再商品化等料金)一覧」で確認できる。
[ 2014/02/10(月) ] カテゴリ: 廃棄物,リサイクル,レアアース | CM(0)
コメントの投稿










管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

このブログについて
管理人 icchou から簡単な説明です 更新,追記の通知はTwitter
カテゴリ
最新記事
ブログ内検索