ポストさんてん日記

放射線・エネルギー・環境・化学物質・食品などの情報をアーカイブとして整理すると同時に、徒然につぶやいています。 リンクはご自由に。

スポンサーサイト

[ --/--/-- (--) ]
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/--(--) ] カテゴリ: スポンサー広告 | CM(-)

(メモ)「温暖化」を「気候変動」に変えよう

[ 2013/05/31 (金) ]
市民のための環境学ガイド(安井至氏)2013/5/12が、なるほど感が高かったので一部のみをメモしました。(詳細は原典をご覧ください)


このところ、異常な気象現象が多いと思われませんか。それは、これまで滅多にない気圧配置が、頻繁に現れることが原因だと思われます。
地球の平均気温は、2000年以降、それほど上昇している訳ではありません。しかし、一方で、5月11日の日経の夕刊によれば、ハワイのマウナロア観測所での二酸化炭素濃度が、初めて400ppmを超したとのことです。
と言うと、二酸化炭素のような温室効果ガスを排出しても、温暖化は起きていない、これは変だ、と思う人が多いと思います。しかし、そこには、あるマジックがあるのです。比べているのは、平均気温だからです。温暖化が引き起こすのは、確かに平均気温が上昇することではあるのですが、それと同時に、場所場所での最高気温と最低気温の差が大きくなります。

もう一つの要素が、海洋です。地球の温度と言っても、気温だけが温度ではありません。本当は、海洋の温度も計らなければならないのです。しかし、水の熱容量は、同一体積で比較すると、非常に大きいので、かなりの熱を吸収しても、本当にわずかな温度上昇にしかならないのです。

気温が上昇するとどうなるかに話を移します。赤道でのある場所の温度がかなり高くなると、上昇気流が強くなって、低気圧帯になります。一旦上昇した空気は、北と南に運ばれ、そして上空で冷やされると降りてきます。これが高気圧帯です。

サハラ砂漠は高圧帯になっている時間が長いために、乾燥していて、その結果、砂漠になっています。
アフリカは赤道が地上を通っていますが、アジアではシンガポールが大体赤道の位置ですので、そこに大きな陸地があるわけではなく、またインドも北半球にありますから、赤道はインド洋を通っています。

水の熱容量は、空気よりも大きいと述べましたが、土壌などよりも大きいので、熱を加えられても、温度上昇が余り大きくなりません。そのため、アジアには余り明確な砂漠地帯がありません。強いて言えば、アフリカに近い地域であるアラビア半島、パキスタンあたりまでは砂漠気候です。

中国のタクラマカン砂漠やゴビ砂漠は、山に囲まれた場所で、雨が山によって遮られているために砂漠になっていると考えられています。
タクラマカン砂漠やゴビ砂漠は、偏西風の地帯なので、その乾いた空気が内モンゴルを経て、北京近くまで運ばれ、北京の砂漠化を引き起こしています。

さて、赤道近傍がもっとも太陽によって暖められるので、ある部分の海水が極めて熱くなることがあります。太平洋ですと、赤道付近での貿易風が強く吹いて、暖かい水がインドネシア付近に貯まるか、逆に貿易風が弱くてチリの沖合に暖かい水が貯まるかによって、赤道のどの部分が暖かくなるかが決まります。
チリ沖が暖かい場合をエルニーニョインドネシア付近が暖かい場合をラニーニャと呼びます。この暖かい空気が、中緯度での高気圧の強さや位置に影響を与えるのです。
このような現象は、インド洋にも大西洋にも、多少なりともあって、赤道のどの部分が暖かいかによって、地球の中緯度での高気圧の配置がかなり変わります。

そのため、まっすぐ流れているときと、高気圧に阻まれて曲がって流れるときで、偏西風の流れ方が変わって、ときには、真北から偏西風が流れるといった状況を引き起こすこともあります。
こうなれば、真北からの風が吹き込むことになりますので、その影響を受ける地域では非常に寒いことになります。

結論としては、地球温暖化が進むと、赤道付近の温度差が大きくなって、その影響で中緯度域での気圧配置が影響を受け、そして、この地域での寒い日と暑い日の差が大きくなります。
現象として現れ、我々が日常生活で感じることは、気候が荒くなること、穏やかで心地良い気候が失われることを意味するのです。 別の言い方をすれば、丁度良い気温の日が減少するとも言えます。最近、秋がすごく短くなったと思いませんか。

さらに言えば、極端現象と呼ばれる現象が増えます。
今年の冬、青森県酸ヶ湯温泉の降雪量は、過去最高の566cmを記録しました。東京もかなり寒い日が続きました。その割には、東京の桜の開花は、過去2番目に早かったのです。それは、3月としては非常に暑い日が有ったからです。 さらに、5月になったのに、帯広などではかなりの積雪を見ました。

これらの現象は総称として「気候変動」と呼ばれています。
平均気温の上昇も当然起きるのですが、それよりも「気候変動」が生活に重大な影響を与えます。
もっとも、今年の冬の寒さや、5月の降雪ぐらいであれば、「この程度なら大したことはない」と言われるかもしれません。
しかし、昨年の4月、つくば市で起きた竜巻は、積乱雲が極端に発達したためでした。これは、冷たい空気が入り込んだところで、地表が太陽で熱せられれば、上昇気流が起きて積乱雲が発達します。大気の温度差が原因です。
つくば市の竜巻の規模はかなりのものでした。これほどの規模の竜巻は、記憶にないのですが、歴史はどうなっているのでしょう。

このように、地球温暖化は、文字通り気温が上昇することで、確かに一つの現象なのですが、実際に被害を受けるのは、明らかに気候変動がその直接原因です。英語では、Climate Changeですから、気候変化です。気候変化ですと段々と気候がある方向にずれていくといった感じがします。実際に重要なことは、気候が荒くなること、これまでの常識を超えた気圧配置が現れ、何らかの極端現象が出ることですので、気候変動というよりダイナミックな感触の言葉の方が、ピンと来るのではないでしょうか。

という訳?で、「地球温暖化」という言葉よりも、より現実の被害などが表現できている言葉である「気候変動」を使おう。その方が、直感とも良く一致するのではないでしょうか。
これが今回の記事の主張です。
しかし、メディアが了解しない限り、これを実現することは無理です。それには環境省が、あるいは、政府がメディアに要請をすることが必要かも知れません。できれば、そんなことが起きるように、なにか方法を探って見たいと思います。
[ 2013/05/31(金) ] カテゴリ: 地球温暖化 | CM(0)
コメントの投稿










管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

このブログについて
管理人 icchou から簡単な説明です 更新,追記の通知はTwitter
カテゴリ
最新記事
ブログ内検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。