ポストさんてん日記

放射線・エネルギー・環境・化学物質・食品などの情報をアーカイブとして整理すると同時に、徒然につぶやいています。 リンクはご自由に。

宇宙、地球、地殻、海水、ヒトの元素組成

[ 2013/07/17 (水) ]
海水中の元素濃度を追記2013/7/17
初回公開日:2013/04/01


地球は異なる物質が重さの順に成層構造をしている
中心から
  コア:鉄・ニッケル
  マントル:鉄・マグネシウムに富む岩石
  地殻:珪酸に富む岩石
  海:水
  大気:窒素・酸素
  生物圏・人間圏:有機物
  プラズマ圏
構成要素間では物質循環がある。
駆動力:エネルギーの流れ=対流運動
 地表付近の駆動力は太陽の放射。地球の内部では、基本的には地球が生まれた時の熱と放射性元素の崩壊によるエネルギー

(以下、引用させて頂いた方々にお礼を申し上げます。)

宇宙、地球、地殻
宇宙、地球、地殻の元素組成出典:広島大学地球資源論研究室

宇宙
●106個のケイ素(Si)原子に対して存在する、相対的な他の元素の原子数
●水素が最も多く、その1/10がヘリウムで、この2つで99.9%に達する。
質量比では、水素:ヘリウム:重元素(Li-U)=70.7:27.4:1.9
●原子番号の偶数のものは、隣り合った奇数のものよりも常に多く存在し、のこぎり歯状の存在度パターンを示す。ごく一部に例外もある。Oddo-Harkinsの法則(出典:環境と科学(新田昌宏))
宇宙の元素002
          出典:案山子庵雑記 生体を構成する元素
宇宙の元素02
          出典:案山子庵雑記 宇宙の元素組成

地球
地球の元素組成出典:広島大学地球資源論研究室

地殻
●学者によってデータにはばらつきがありますが、
  O>Si>Al>Fe>Ca>Na>K>Mgの上位8元素の順位は変わりません。この8元素で全体の99%を占めています。
地殻の元素002
          出典:案山子庵雑記 生体を構成する元素

地殻の元素存在量
東邦大学理学部の高橋正氏のホームページの中の『周期表・元素存在度の図表』から

大地地殻の化学組成出典:広島大学地球資源論研究室

海水中の元素濃度

海水中の元素濃度
オリジナルデータは海水の組成を使わせて戴きました。
文献によって違いがあるようです。(本エントリー最後に参考掲載)

ヒトの構成元素
●生物では「CHONPS(チョンプス)+Ca」
ヒトの元素011
ヒトの元素02
          出典:案山子庵雑記 生体を構成する元素

参考
海水中の元素

AIST 海と陸の地球化学図
引用
[ 2013/07/17(水) ] カテゴリ: その他の共通基礎的資料 | CM(0)
コメントの投稿










管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

このブログについて
管理人 icchou から簡単な説明です 更新,追記の通知はTwitter
カテゴリ
最新記事
ブログ内検索