ポストさんてん日記

放射線・エネルギー・環境・化学物質・食品などの情報をアーカイブとして整理すると同時に、徒然につぶやいています。 リンクはご自由に。

容器・包装のリサイクル率グラフ

[ 2015/09/18 (金) ]
2014年度データ(一部)を追記。2015/9/18
(上記までの追記・更新記録は割愛)
初回公開日:2013/03/21


データを集めてグラフにしただけです。解説も補足もありませんが、、、

リサイクル率2014

データの出典と定義

アルミ缶リサイクル協会(古いデータはアルミ缶リサイクルの現状(2004年)
●再生利用重量*1/アルミ缶*2消費重量
 *1 アルミ缶材や自動車部品、製鉄用脱酸剤等に使用されたアルミ缶スクラップ
 *2 アルミ缶=飲料缶
 2013年度は、回収された使用済みアルミ缶の一部が海外に販売されたため、リサイクル率が低下した。
●CAN TO CAN率=缶材向け重量/再生利用重量

スチール缶リサイクル協会
スチール缶*再資源化重量/スチール缶消費重量
 * スチール缶=飲料缶+食料缶+一般缶+18リットル缶の一部

PETボトルリサイクル推進協議会
(市町村分別収集量+事業系回収量+PETくず輸出量)/PETボトル販売量

古紙再生促進センター
古紙利用率=古紙消費量/繊維原料の全消費量
古紙回収率=古紙国内回収量/紙・板紙国内消費量

ガラスびん3R促進協議会
カレット使用量/総溶解量

全国牛乳容器環境協議会
回収率A=(使用済み紙パック回収量+産業損紙・古紙)/飲料用紙パック原紙使用量
回収率B=使用済み紙パック回収量/飲料用紙パック出荷量


メモ

みんなで紙のリサイクル | 紙のリサイクル(王子ホールディングス)
[ 2015/09/18(金) ] カテゴリ: 廃棄物,リサイクル,レアアース | CM(0)
コメントの投稿










管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

このブログについて
管理人 icchou から簡単な説明です 更新,追記の通知はTwitter
カテゴリ
最新記事
ブログ内検索