ポストさんてん日記

放射線・エネルギー・環境・化学物質・食品などの情報をアーカイブとして整理すると同時に、徒然につぶやいています。 リンクはご自由に。

(個人的メモ12月前半)“電力市場の自由化”、“日本のエネルギー戦略”に関して

[ 2012/12/16 (日) ]
(情報整理のため、★(個人的メモ12月前半)やみくもな脱原発、再生可能エネルギーへの過剰な期待に関してから2点を単独に切り出しました。)

上記から始まる元官僚の宇佐美典也さんの連続ツイート。“経産省の元同僚と飲みのこぼれ話”とのことです。 以下、全ツイートを引用します。

 現在電力市場の自由化にむけ準備を進めているが、電力料金が上がることはほぼ間違いない。現状コスト的に原子力代替足りうるのは石炭火力しか無いが、火力発電を効率化の為に新造することは環境省が真っ向から反対している。そうすると電力はあがらざるを得ない。
 不安定な再生可能エネルギーの導入が促進されればされるほど、ユニバーサルサービスを担保するためにその分既存の電力会社は発電余力を担保しなければならなくなる。これもコスト押上要因になる。再生可能エネルギーの導入は電力料金の値上げとセットだ。
 今は政府もマスコミも電力会社を既得権益に仕立て上げて重い負担を負わせているが、これは本当に危ない。電力インフラの崩壊を招きかねない。3E(energy, efficiency,environment)優先付けをそろそろしなければ行けない。
 発送配電分離は筋が悪い。電力会社に安定供給という重大な責任を負わせたままで、配電を完全解放するのは無茶。それで電力危機が解決するというのは夢物語。逆に停電を覚悟してまで送配電分離をするのなら話は別だが、そこまでの覚悟は国民に無いだろう。
 電力市場の自由化の裏は、電力会社の供給義務料金規制がなくなるということ。電力料金があがっても、電力供給体制が縮小しても文句は言えなくなる。それがどういう結末を招くかはJRを見ればわかる。ペイするところでしかサービスが行われなくなる、
 天然ガスは石炭代替足り得ない。石炭4円/kwh、LNG11円/kwhが現実。ガスを液体にして運ぶのはどうしてもコストがかかる。なので残念ながらシェールガスは日本のエネルギー問題の解決にそれほど寄与しない。アメリカに高く売りつけられるのが関の山
 日本の革新的エネルギー・環境戦略*世界中で笑いの種にされている。結局政府も、マスコミも、国民も、なんでも電力会社のせいにした結果、とんでもない自滅戦略が出来上がった。官僚としては遺憾だが仕方が無い。新政権には強く見直しを望む
 おそらく来年に東電が値上げをするだろう。このままでは柏崎原発が動かないからだ。一番のネックになるのは泉田知事。国庫資金を投入した以上東電は赤字にはできないから、このままでは値上げ容認の大勢。少なくとも枝野大臣はそういう趣旨の発言をしていた。

本ツイートはTogetterにも纏められています。これからの日本の電力事情について(by mikunitmrさん)
* ブログ主注:民主党政権がバタバタしながら9月に纏めたもので、2030 年代に原発稼働ゼロを目指すなどの内容ですが、これを参考文書にとどめ、その閣議決定を見送った。(結果としては良かったかと)。これに代わって閣議決定されたのは、「柔軟性を持って不断の検証と見直しを行いながら遂行する」とした「今後のエネルギー・環境政策について」という一文にすぎない。


上記から始まる連続ツイートです。

 政府の「革新的エネルギー・環境戦略」は再生可能エネルギーに過度の期待をしており実現不可能。再生可能エネルギーは10%を賄うのがせいぜい。エネルギー問題が第2次世界大戦を引き起こした事から何も学んでいない。
 米国は十数年後にはエネルギー自給国となる。エネルギー確保が主目的の中東の駐留米軍の維持は米国民の支持を得られなくなる。米軍のプレゼンス抜きでのアジア地域へのシーレーン防衛は手薄となり、ホルムズ海峡等何が起こるか分からない
 ロシアのガスは資源外交の手段であり、過度の依存は危険。日本の脱原子力は日本の産業・国力を削ぐだけでなく、世界の核不拡散をリードしてきた良きモデルが無くなり非核保有国の原子力利用が行き詰る。日本は国際社会も考慮したエネルギー政策を打ち出すべき。

[ 2012/12/16(日) ] カテゴリ: エネルギー政策,発送電分離 | CM(0)
コメントの投稿










管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

このブログについて
管理人 icchou から簡単な説明です 更新,追記の通知はTwitter
カテゴリ
最新記事
ブログ内検索