ポストさんてん日記

放射線・エネルギー・環境・化学物質・食品などの情報をアーカイブとして整理すると同時に、徒然につぶやいています。 リンクはご自由に。

人の発がん原因

[ 2013/01/20 (日) ]
 農薬工業会のHP 教えて!農薬Q&A そのまま食べても大丈夫?に表記についての易しい説明がありましたのでアーカイブしておきます。【食品中の化学物質の安全性】シリーズの資料編です。

人の発がん原因に関する研究

 人ががんになるのはどのような要因によるのか、それについては、1996年に発表されたハーバード大学による、「米国人のがん死亡要因に関するコホート研究」*があります。コホート(cohort)とは集団という意味で、特定地域の人(大集団)の健康状態について、生活習慣や環境状態などの要因との関係を長期間に渡り調査分析を行うものです。結果は「がん死亡の推定寄与割合」として下の図-1に示しましたが、要因としては、「喫煙」と「成人期の食事・肥満」が各々30%と見積もられ、その他は5%以下のさまざまな要因が挙げられています。一方、「塩蔵品・他の食品添加物・汚染物質」(「農薬」の表現はないがこの項目に該当)の値は1%未満で、他の要因に比べてももっとも低い寄与率でした。
* Harvard Center for Cancer Prevention: Harvard Report on Cancer Prevention, Volume 1: Causes of Human Cancer, Cancer Causes Control 1996 ;7:S3-S59. (国立がんセンターの人のがんにかかわる要因にも引用されている文献です。)

     図-1. 米国人のがん死亡要因(1996、ハーバード大学)
人の発がん原因
人の発がん原因、円グラフ

 上記に示したハーバード大学の報告結果は、一般の消費者ががんの原因として不安を感じている内容とはかなり違っているかもしれません。このことについては、「暮らしの手帖」(1990年)に関連する記事がありましたので紹介します。

     図-2. がんの原因として考えている要因
がんの原因として考えている要因
 図-2の上段は、主婦にがんの原因として考えられるものについてアンケートを取った結果です。また、下段は、英国の疫学者(サー・リチャード・ドル、国立がん研究所)が米国人のがん発生原因の推定寄与割合の最良値として算出した値です(ハーバード大学と同様の結果)。主婦ががんの原因として挙げたトップ3の要因は、「食品添加物(43.5%)」、「農薬(24%)」、「たばこ(11.5%)」の順でした。
 一方、疫学者の評価では、「ふつうの食べ物(35%)」、「たばこ(30%)」、「ウィルス(10%)」の順で、農薬はがん発生要因に入っていません。

つぶやき

 この主婦アンケートは有名なそうですが、今、同じアンケートを取ったら「放射線・紫外線」の数値は跳ね上がるでしょうね。しかし、データとしては余り意味がないので、止めておいた方が良いかと。

 一方で、ラドンのリスクを考慮すると上記の疫学データには少し疑問を持ちますが、WHOが国際ラドンプロジェクトを立ち上げたのは2005年なので、1996年の上記調査ではやむを得ないのかも知れませんね。そもそも、世界全体ではアメリカはラドンレベルの低い国ですし。(日本はさらに低い)
【関連エントリー】★自然放射線による被ばく、ポロニウムPo-210 、カリウムK-40、ラドンRn-222
[ 2013/01/20(日) ] カテゴリ: リスク,寿命,人口などのデータ | CM(6)
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2016/08/26 17:25 ] [ 編集 ]
Re: タイトルなし
深謝、深謝です。
[ 2013/01/27 22:31 ] [ 編集 ]
ウイルス性の逆転写が、発現性なら一番厄介ですよ。 住吸血虫なんか、日本でどれほどのミヤイリガイの根絶を目指したかを知ればです。
[ 2013/01/27 20:40 ] [ 編集 ]
これかな
http://www.yodosha.co.jp/jikkenigaku/book/9784758120128/index.html

それとPPM1D で検索。またミクロシスチンLR も。
[ 2013/01/27 20:34 ] [ 編集 ]
Re: タイトルなし
コメント、ありがとうございます!!

コメントのキーワードをヒントに少し検索してみたら、この辺りを理解するには“かなり性根を入れた勉強”が必要なことだけは判りました。
既エントリーでは、
http://icchou20.blog94.fc2.com/blog-entry-165.html
とか
http://icchou20.blog94.fc2.com/blog-entry-378.html
辺りに関連するかと思いますが、表面的な理解だけでは、歯が立たないですね。
長期的な宿題にしようと思いますが、もし、素人に良い書籍などご存じでしたら、ご紹介ください。
[ 2013/01/26 17:42 ] [ 編集 ]
問題はがんを誘発させているより、がん阻害酵素を阻害する酵素を誘発させているいる物質があるという事。リン酸化と脱リン酸化を阻害する物質。
[ 2013/01/26 08:08 ] [ 編集 ]
コメントの投稿










管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

このブログについて
管理人 icchou から簡単な説明です 更新,追記の通知はTwitter
カテゴリ
最新記事
ブログ内検索