ポストさんてん日記

放射線・エネルギー・環境・化学物質・食品などの情報をアーカイブとして整理すると同時に、徒然につぶやいています。 リンクはご自由に。

食品の基準値に関するリンク集、外国の基準値

[ 2011/12/28 (水) ]
基準値を一覧表に纏めているサイトなどにリンクさせて頂きます

 ●日本生協連のQ&AのQ12 海外の基準と比べて、日本の基準値はどうなのでしょうか
 ●「まとめwiki」の雑多なまとめ>放射線物質の規制値の比較まとめ 日本以外の基準値や説明資料なども整理されています。放射能
 ●「放射線が目にしみる」7/14「世界もおどろく日本の基準値2000ベクレル」にだまされるな 冷静な比較だと思います。
 ●「3.11東日本大震災後の日本」6/11「食品の暫定基準値の考え方についてまとめました」

外国の基準値

●各国・国際機関における規制・基準値
 東京大学の畜産物中の放射性物質の安全性に関する文献調査報告書の一部です。

●ICRP Publication 111原子力事故または放射線緊急事態後の長期汚染地域に居住する人々の防護に対する委員会勧告の適用(JRIA日本語版)
 このpdfファイルのサムネイルメニュー60ページに、『表A.2. 1986年から1999年のベラルーシにおいて実施された食品中のセシウム-137汚染限度の変化』がある。
 日本よりも基準値が厳しいとして引き合いに出されているベラルーシだが、チェルノブイリ事故直後の基準は、飲料水が370ベクレル、牛肉は3700ベクレルと、日本よりかなり高かった。
ベラルーシの食品基準02
 関連エントリー
 ●ICRP111から過去に学ぶ、あらためてチェルノブイリのこと 

●BELARUSIAN EXPERIENCE IN THE FIELD OF  RADIATION MONITORING AND RADIATION PROTECTION OF POPULATION  ROLE OF GOVERNMENTAL AND NON-GOVERMENTAL STRUCTURES IN SOLVING THESE PROBLEMS
 このpdfファイル(サムネイルメニューで22ページ)に同じような表がある。こちらの品目の方が多い。

関連エントリー

●食品の放射性物質(セシウム)の新基準、詳細な考え方を確認してみた
[ 2011/12/28(水) ] カテゴリ: 基準値,規制値,測定値な | CM(0)
コメントの投稿










管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

このブログについて
管理人 icchou から簡単な説明です 更新,追記の通知はTwitter
カテゴリ
最新記事
ブログ内検索