ポストさんてん日記

放射線・エネルギー・環境・化学物質・食品などの情報をアーカイブとして整理すると同時に、徒然につぶやいています。 リンクはご自由に。

スポンサーサイト

[ --/--/-- (--) ]
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/--(--) ] カテゴリ: スポンサー広告 | CM(-)

放射性物質を含んだ土の「中間」貯蔵などありえない

[ 2011/09/10 (土) ]
 タイトルは、ご自身も川内村の被災者である「たくき よしみつ氏」の9月9日のエントリーです。
 大変重要な発信だと思いました。
 以下、原意を損なわないと思う範囲で部分的に引用しましたが、できれば下記リンクの原文をお読みください

ブログ「阿武隈(原発30km圏内生活)裏日記」の9月9日のエントリー放射性物質を含んだ土の「中間」貯蔵などありえない

【部分的に引用】

「中間貯蔵施設」という欺瞞
(中略)
 細野原発担当相が、「福島県内に核汚染物質中間貯蔵施設を建設することをお願いすることはやむをえないが、最終処分場は福島県外に」云々ということを発言した
(中略)
 「汚染物質」とは、主に「放射性物質を含んだ土壌」をさしていると思われる。
(中略)
 そうしたゴミに「中間」とか「永久」という、高濃度核廃棄物処分と同じような言葉を使っていることは欺瞞以外のなにものでもない。
(中略)
 「中間」だからまあいいでしょ、という話ではない。
(中略)
 学校などの公共施設で、いわゆる「除染」作業を徹底的にやることは必要だし、すみやかにやらなければならない。出たゴミを運び出さなければどうしようもないのだから、それをひっそり溜め込む場所が必要になることは自明のことだ。
 その場所を福島県内に作ることは、移動距離や費用から考えて、あるいは、「すでに汚染されてしまっている土地は有効利用が極めて限られているのだから、そういう場所に運ぶのがいちばんいい」という理由から当然と言えば当然だろう。そこに感情論を持ち込んでも解決できない。
 それを認めた上で、次のことは言っておきたい。
1)除染作業は、「効果」を最大限に発揮できる方法、範囲で行うべき
2)これを原発に代わる新たな利権ビジネスにしてはいけない

(中略)
 福島県内ではすでに、仕事になればなんでも受け入れたいというムードが強まっている。はいやりましょう、と、地元は諸手を挙げて引き受ける。下請け・孫請け・三次受け・四次受け……という、原発作業員の「人夫出し」と同じ構造が復活して、本来の「除染」という目的とは違う「雇用が作り出せればそれでいい」という理由で進められる。
 そうなったときの福島は、もう「再生」も「復興」もない。ただのビジネスゲームの場として投機マネーや税金が投入される賭博場と化すだろう。
 そこに生きて幸福を得られると思わなければ、人は他の場所に移動していく。人が心豊かに住めない場所で、いくら巨大な金が動いたとしても、「豊かな場所」と呼べないのは言うまでもない。

 放射性物質を含むゴミを置く場所を福島県内に作ることは仕方がないと認めるには、いくつもの条件がある。
 まずは「中間貯蔵」などという欺瞞は一切口にするな。「放射能で汚れたゴミをここに永久に置かせてください」と正直に言え。
 次に、その規模を最小限に抑えられるような効果的方法を必死で探せ。一切の無駄・利権を排除せよ。
 児玉龍彦博士も、7月27日の衆議院厚生労働委員会参考人説明で訴えていた。その最後の部分
(中略)
『今のままだと、何十兆円という金額がかかるだのと、利権がらみの公共事業になりかねないという危惧を、私はすごく持っております。国の財政事情を考えたら、そんな余裕はまったくありません。』
(中略)
 この「利権がらみの公共事業になりかねないという危惧」の意味をきちんと分かった人は少ないと思う。
 残念ながら、原発担当大臣や新しい総理大臣も分かっていない、あるいは分かっていても、今までの流儀でいくしかないと思っているに違いない。

【関連エントリ(新しい順)】
●放射線から健康を守る学習会 in 白河市
●よつば保育園の除染結果報告(南相馬市での除染活動)、農地土壌の除染
●放射性物質を含んだ土の「中間」貯蔵などありえない →本エントリーです
●掘って埋める、その前に(南相馬市での除染活動)
●米原発専門家に聞く「文科省の学校土壌処理は汚染拡大招く時代錯誤」
[ 2011/09/10(土) ] カテゴリ: 今では古い陳腐化情報 | CM(0)
コメントの投稿










管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

このブログについて
管理人 icchou から簡単な説明です 更新,追記の通知はTwitter
カテゴリ
最新記事
ブログ内検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。