ポストさんてん日記

放射線・エネルギー・環境・化学物質・食品などの情報をアーカイブしたり、医学分野の素人勉強をノートしたり、です。 リンクはご自由に。

『欧州の温暖化政策』を巡る論議、江守正多氏vs有馬純氏

[ 2020/05/18 (月) ]
近頃、『欧州が主導する現行の温暖化対応が行き過ぎているのでは?』との控えめな論説が気になっています。
いずれも、温暖化問題が内包する不確実性や他の問題とのリスクトレードオフを再認識させてくれるものでした。
(『このまま進めていいのかな?』という素人の疑問に対する説明としても有益でした。)
昨年に、カテゴリー温暖化対応は行き過ぎかを作り、いくつかの記事を紹介し、さらに、IEEI(NPO法人 国際環境経済研究所 International Environment and Economy Institute)ほかによる関連記事タイトルのリンクを紹介(本エントリーの3項に移植)しています。
ちなみに、ブログ主は温暖化懐疑論支持者でありません。カテゴリー地球温暖化でご確認可能です。

今回、江守正多(国立環境研究所 地球環境研究センター 副センター長)がその内のいくつかについての反論を展開するとともに、IEEIに対して苦言を呈しました(1項)。
その後、有馬純(IEEI主席研究員、東京大学公共政策大学院 教授)が再反論を展開しました(2項)。
以下にそれらを紹介します。(引用箇所の選択や強調文字はブログ主の主観によるものなので、正確なところは原典でご確認ください。)
なお、キーワードとして出てくるGWPFとは英国のシンクタンクで
Global Warming Policy Foundation (地球温暖化政策財団)

目次

1.(江守正多氏による反論)組織的な温暖化懐疑論・否定論にご用心
2.(有馬純氏による再反論)温暖化懐疑論・否定論について
3.関連記事のリンク集
[ 2020/05/18(月) ] カテゴリ: 温暖化対応は行き過ぎか | CM(0)
このブログについて
管理人 icchou から簡単な説明です 更新,追記の通知はTwitter
カテゴリ
最新記事
ブログ内検索