ポストさんてん日記

放射線・エネルギー・環境・化学物質・食品などの情報をアーカイブしたり、医学分野の素人勉強をノートしたり、です。 リンクはご自由に。

(自分用メモ)COVID-19、各国の死亡率

[ 2020/01/28 (火) ]
この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力
[ 2020/01/28(火) ] カテゴリ: COVID-19関連 | CM(-)

(自分用メモ)2つの論説

[ 2020/01/27 (月) ]
この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力
[ 2020/01/27(月) ] カテゴリ: COVID-19関連 | CM(-)

(自分用メモ)ウイルスの感染力保持期間

[ 2020/01/27 (月) ]
この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力
[ 2020/01/27(月) ] カテゴリ: COVID-19関連 | CM(-)

(自分用メモ)ウイルス除染ガイダンス

[ 2020/01/27 (月) ]
この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力
[ 2020/01/27(月) ] カテゴリ: COVID-19関連 | CM(-)

(自分用メモ)新型コロナウイルス感染症(COVID-19)のウイルス学的特徴と感染様式の考察

[ 2020/01/27 (月) ]
この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力
[ 2020/01/27(月) ] カテゴリ: COVID-19関連 | CM(-)

(メモ)訪日外国人旅行者、消費額

[ 2020/01/22 (水) ]
データ更新。2020/1/22。
(上記までの追記記録は割愛)
初回公開日:2018/1/17


2015年から2019年のデータがあります。

2019年 3,188万人 前年比+2.2%
訪日外国人観光客数2019
データ出典:訪日外客数・出国日本人数データ(日本政府観光局JNTO)
参考:訪日外国人 2019年は3,188万人(+2.2%)。(インバウンド コト消費ラボ 2020/1/17)

【参考】経年推移は本川裕さんのサイトが作成されています。社会実情データ図録の『海外旅行客数の推移』

【図表1】国籍・地域別の訪日外国人旅行消費額と構成比
訪日外国人旅行消費額2019中国1兆7,718億円(構成比36.8%)、台湾5,506億円(同11.4%)、韓国4,209億円(同8.7%)、香港3,524億円(同7.3%)、米国3,247億円(同6.7%)の順で多く、これら上位5カ国・地域で全体の71.1%を占める。
[ 2020/01/22(水) ] カテゴリ: 共通基礎のその他 | CM(0)

キズパワーパッドはいつ張り替える?

[ 2020/01/14 (火) ]
切り傷や擦り傷のときに、キズパワーパッド(ジョンソン・エンド・ジョンソン)を使います。
普通の傷絆創膏よりも、確かに早く・キレイに治る気がしますが、張り替え時期に少し迷いますので調べてみました。(何分にも少々高いのでできれば長く使いたい)
その結果、今まで少し間違った使い方をしていた事もわかりました。(添付文書も読まずに使っていたので)

目次

1.張り替え時期は最長5日だが、状況に応じて判断
2.今まで少し間違った使い方をしていた事、その他
3.添付文書の全文

1.張り替え時期は最長5日だが、状況に応じて判断

パッケージや添付文書などから
パッケージには『最長5日間保護、2、3日に1回は傷を観察してください。』との記載。
[ 2020/01/14(火) ] カテゴリ: その他、医療関係 | CM(0)

ノコギリヤシは前立腺肥大症に効果がない、ようです。

[ 2020/01/06 (月) ]
先日、友人達との酒席で話題になったので、勉強してみました。

目次

1.前立腺肥大症にノコギリヤシの効果は疑問
2.風邪薬による「排尿困難」、「尿閉」に注意
3.メモ(関連情報)

1.前立腺肥大症にノコギリヤシの効果は疑問

「健康食品」の安全性・有効性情報(医薬基盤・健康・栄養研究所)
ノコギリヤシ 、ソウパルメット [英]Saw palmetto、Sabal [学名]Serenoa serrulataまたはSerenoa repens
【概要を引用】
[ 2020/01/06(月) ] カテゴリ: 生物・医学関係一般 | CM(0)

インフルエンザの熱、下げた方がいい?

[ 2020/01/05 (日) ]
感染症によって起こる熱は下げた方が良いのでしょうか?
インフルエンザの熱、下げた方がいい?(忽那賢志 Yahoo個人 2020/1/3)がたいへん勉強になりましたので引用します。
なお、一部は新型コロナに罹ったらイブプロフェンは飲まない方が良いのか(忽那賢志 Yahoo個人 2020/3/16)により追記しました。

目次

1.発熱は、外部から侵入してきた病原体に対する生体の防御反応(発熱が起こる仕組み)
2.必ずしも熱自体が体に有害なわけではない
3.熱を下げるメリットは?
4.どうやって熱を下げるのが良いのか?
5.重症感染症に解熱薬を使うと死亡率が高くなる

1.発熱は、外部から侵入してきた病原体に対する生体の防御反応(発熱が起こる仕組み)
[ 2020/01/05(日) ] カテゴリ: 風邪,インフルエンザに関する事 | CM(0)
このブログについて
管理人 icchou から簡単な説明です 更新,追記の通知はTwitter
カテゴリ
最新記事
ブログ内検索