ポストさんてん日記

放射線・エネルギー・環境・化学物質・食品などの情報をアーカイブとして整理すると同時に、徒然につぶやいています。 リンクはご自由に。

脳の神経細胞:ニューロン、シナプス、神経伝達物質

[ 2019/12/09 (月) ]
脳に関連する情報や文献を理解するために、基礎的な部分についての素人勉強をまとめた脳の勉強ノート、第2弾です。

目次

1.神経細胞:ニューロン
2.神経細胞のつなぎ目:シナプス
3.神経伝達物質は脳機能を調整している:脳内ホルモン
4.代表的な神経伝達物質と発生する部位
5.“知りたがりの虫”に任せて、雑学的に
6.主な参考資料
7.関連エントリー

1.神経細胞:ニューロン

細胞体、樹状突起、軸索じくさくから構成されるひとつの神経単位ニューロン(脳を構成する神経細胞の呼び名)
細胞体から樹状突起と呼ばれるものが何本も突き出し、しっばのように伸びた軸索じくさくは、髄鞘ずいしょうと呼ばれるさやのようなものにくるまれている。
神経細胞の細胞膜05
私たちの体は、60兆個もの細胞でできているといわれる。体内の素早い情報伝達の役割を担うのは神経細胞。神経細胞は全身に張り巡らされた神経系に存在するが、そのすべてを統括する脳内に最も集中し、大脳皮質だけで140億個、脳全体では約千億個もある。
細胞の寿命は長くても10年ほどだが、神経細胞は100年以上の寿命を持つといわれる。

神経細胞が、普通の細胞と違って、長い枝のようなものを四方に伸ばしているのは、別の神経細胞と情報をやりとりするため。神経細胞内では、情報は電気信号として送られる。樹状突起で前の神経細胞から情報を受け取り、軸索の末端から次の神経細胞に情報を送る。つまり、樹状突起は入力、軸索の末端は出力を担当。
軸索は基本的に1つの細胞体から1本出ているが、樹状突起は木の枝のように分岐しており、ほかの神経細胞に情報を送る。1個の神経細胞は1万個もの神経細胞と連絡を取り合っている。
神経細胞のつなぎ目シナプス
出典:神経細胞体のお話し(Akira Magazine)

2.神経細胞のつなぎ目:シナプス
[ 2019/12/09(月) ] カテゴリ: 脳の勉強ノート | CM(0)
このブログについて
管理人 icchou から簡単な説明です 更新,追記の通知はTwitter
カテゴリ
最新記事
ブログ内検索