ポストさんてん日記

放射線・エネルギー・環境・化学物質・食品などの情報をアーカイブとして整理すると同時に、徒然につぶやいています。 リンクはご自由に。

【その2】FITの失敗をデータで確認、太陽光FITの費用対効果は?

[ 2019/11/28 (木) ]
データ更新。2019/11/28
(上記までの追記記録は割愛)
初回公開日:2018/08/27



希代の悪法:FIT(再生エネルギー特別措置法)が施行され7年経過した中で、メガソーラー(本稿での定義は10kW以上)に関する費用対効果を確認してみました。
結果として、メガソーラーの普及のために、私たちは2018年度までの累計で5.3兆円を余計な電気料金として負担してきており、普及促進と利用者負担のバランスを著しく欠いていると言わざるを得ません。

目次

1.まず、再エネ全体の発電量の実態をおさえておきます
2.FIT買取による再エネ導入の実態
3.FIT太陽光(10kW以上)買取価格の推移
4.実態として、今なお高額な太陽光買取価格
5.利用者負担として重要なデータは賦課金の額
6.まとめ:太陽光(10kW以上)の費用対効果は?
7.電気料金単価の賦課金比率の推移
8.第5次エネルギー基本計画に『2020年度末までの間に抜本的な見直し』と記載、総合資源エネルギー調査会等で具体案が検討中。
9.(参考)2030年エネルギーミックス
10.(参考)調達価格(買取価格)に関する最新資料
11.関連エントリー

1.まず、再エネ全体の発電量の実態をおさえておきます
[ 2019/11/28(木) ] カテゴリ: 日本のFITに関する事 | CM(0)
このブログについて
管理人 icchou から簡単な説明です 更新,追記の通知はTwitter
カテゴリ
最新記事
ブログ内検索