ポストさんてん日記

放射線・エネルギー・環境・化学物質・食品などの情報をアーカイブしたり、医学分野の素人勉強をノートしたり、です。 リンクはご自由に。

【その2】FITの失敗をデータで確認、太陽光FITの費用対効果は?

[ 2019/11/28 (木) ]
データ更新。2019/11/28
(上記までの追記記録は割愛)
初回公開日:2018/08/27



希代の悪法:FIT(再生エネルギー特別措置法)が施行され7年経過した中で、メガソーラー(本稿での定義は10kW以上)に関する費用対効果を確認してみました。
結果として、メガソーラーの普及のために、私たちは2018年度までの累計で5.3兆円を余計な電気料金として負担してきており、普及促進と利用者負担のバランスを著しく欠いていると言わざるを得ません。

目次

1.まず、再エネ全体の発電量の実態をおさえておきます
2.FIT買取による再エネ導入の実態
3.FIT太陽光(10kW以上)買取価格の推移
4.実態として、今なお高額な太陽光買取価格
5.利用者負担として重要なデータは賦課金の額
6.まとめ:太陽光(10kW以上)の費用対効果は?
7.電気料金単価の賦課金比率の推移
8.第5次エネルギー基本計画に『2020年度末までの間に抜本的な見直し』と記載、総合資源エネルギー調査会等で具体案が検討中。
9.(参考)2030年エネルギーミックス
10.(参考)調達価格(買取価格)に関する最新資料
11.関連エントリー

1.まず、再エネ全体の発電量の実態をおさえておきます
[ 2019/11/28(木) ] カテゴリ: 日本のFITに関する事 | CM(0)

【基礎資料】エネルギーや発電などの図表集、データベース

[ 2019/11/24 (日) ]
2018年度エネルギー需給実績(速報)によりデータを一部更新。2019/11/24
(上記までの追記・更新記録は割愛) 日本
初回公開日:2013/3/21


ひたすら図表のみを集めました(一部は作成)。 解説などは少ないです。

目次 (ページ内リンクが付いています)
[ 2019/11/24(日) ] カテゴリ: エネルギー基礎資料 | CM(0)

【後編】発泡酒、第3のビール、その歴史や製造方法の違い

[ 2019/11/18 (月) ]
【前編】からの続きです。

目次

【前編】
1.現在の酒税法でのビールの定義
2.1章 そもそもビールとは何なのか【前編】から一部転記。
3.理解のための背景情報【前編】から転記と追記。
4.3章 発泡酒の登場
【後編】
5.4章「第3のビール」とは何か
6.6章「新ジャンル」とは何なのか
7.5章「糖質オフ」と「カロリーオフ」はどう違う?
8.今後の酒税改定予定
9.関連エントリー

2.1章 そもそもビールとは何なのか
[ 2019/11/18(月) ] カテゴリ: お酒のはなし | CM(0)

【前編】発泡酒、第3のビール、その歴史や製造方法の違い

[ 2019/11/11 (月) ]
第3のビールは、なぜビールの味がするのか?~新ジャンルの味覚を作る技術(夏日幸明 著)を読みました。

日本が生んだ日本だけのお酒──発泡酒と「第3のビール」。世界的にも高いビールへの課税に対し、ビールメーカーは不屈の努力で新ジャンルを生み出し続け、ついに麦を使わずに造るまでに到達する。醸造という自然の営みが生みだす味を、人はどこまで再現できるのか。味覚の官能に技術で挑んだ、ビール味の飲料をめぐる物語。

アサヒビール、キリンビール、サッポロビール、サントリーの各社の技術者は「発泡酒・「第3のビール」はなぜビールの味がするのか」との取材に惜しげもなく答えており、それが本書の根幹をなす部分。

醸造学?の入り口、メーカーと国税庁の攻防の歴史、発泡酒・「第3のビール」の歴史、として面白い読み物でした。書評ではなく自分の理解ノートとして書いてみます。本の内容以外の追記もあります。

目次

【前編】
1.現在の酒税法でのビールの定義
2.1章 そもそもビールとは何なのか
3.理解のための背景情報
4.3章 発泡酒の登場
【後編】
5.4章「第3のビール」とは何か
6.6章「新ジャンル」とは何なのか
7.5章「糖質オフ」と「カロリーオフ」はどう違う?
8.今後の酒税改定予定
9.関連エントリー


(本論に入る前に)
1.現在の酒税法でのビールの定義
[ 2019/11/11(月) ] カテゴリ: お酒のはなし | CM(0)

(メモ)新語・流行語大賞

[ 2019/11/08 (金) ]
情報更新と追記。2019/11/8
初回公開日:2017/12/9



なにかと批判の多い賞ですが、、、
以下、主な出典はwikipedia

正式名称は
「現代用語の基礎知識」*1選 ユーキャン*2新語・流行語大賞
  *1 ㈱自由国民社が出版
  *2 ユーキャンがスポンサーに付いたのは2004年

1984年に創始。毎年12月初めに発表。
『現代用語の基礎知識』収録の用語をベースに、自由国民社および大賞事務局がノミネート語を選出。
選考委員会によってトップテン、年間大賞語が選ばれる。

近年では、政治的偏向や世論の流行語と選考された流行語の乖離が批判され、受賞者の依頼を辞退されるなど影響力の低下が指摘されている。
[ 2019/11/08(金) ] カテゴリ: メディアにレッドカードを | CM(0)

お酒の分類、超概略製造工程、麹の種類

[ 2019/11/05 (火) ]
お酒の種類が、原料と製造方法の違いで分かるレベルを目標に勉強しました。

目次

1.醸造酒、蒸留酒、混成酒の3分類
2.超概略の製造工程
3.糖化と発酵
4.麹は白麹、黒麹、黄麹の3種類
5.メモ

1.醸造酒、蒸留酒、混成酒の3分類

お酒の分類
*1 麦芽
大麦を少しだけ発芽させ乾燥したもの、英語はmalt:モルト。
発芽により、デンプンを糖化するアミラーゼ等の酵素ができる。
*2 
副原料として、麦・米・とうもろこし・こうりゃん・ばれいしょ・でん粉・糖類またはカラメル。
追加副原料として
2018/4/1酒税法改正で、香り付けや味付けが目的で、麦芽重量の5%まで。
果実、コリアンダー・コリアンダーシード、香辛料(胡椒,山椒など)、ハーブ(カモミール,バジルなど)、野菜、そば・ごま、含糖質物(蜂蜜,黒糖など)・食塩・みそ、花、茶・コーヒー・ココア(これらの調整品を含む)、牡蠣・こんぶ・わかめ・かつお節
*3 シェリー
ワインの一種、酒精強化ワイン(醸造過程でアルコール(蒸留酒)を添加)
*4 カルヴァドス
ノルマンディー地方で造られるリンゴ原料の蒸留酒。この地域以外で作られる同様の蒸留酒はカルヴァドスを名乗ることはできずアップル・ブランデーと呼ばれ区別される。

混成酒:醸造酒や蒸留酒に薬草・果物・甘味料・エッセンスなどを加えたもの
  • 醸造酒原料 ヴェルモット(ベルモット)
  • 蒸留酒原料 リキュール、梅酒
【参考】混成酒(こんせいしゅ)を知る( しっぽり)
[ 2019/11/05(火) ] カテゴリ: お酒のはなし | CM(0)

『がん』の役立ち情報ア-カイブ

[ 2019/11/04 (月) ]
不定期に追記していますが、少したまるとタイムスタンプを更新します。
初回公開日:2019/11/4



がんに関して役に立つ(かも知れない)情報を、メモでアーカイブしてきましたが、結構たまりましたのでエントリーにしました。今後も有用情報に巡り合ったら追記していく予定です。

目次

1.がん検診
2.個別
3.メモ
4.関連エントリー

1.がん検診
[ 2019/11/04(月) ] カテゴリ: がんに関する事 | CM(0)
このブログについて
管理人 icchou から簡単な説明です 更新,追記の通知はTwitter
カテゴリ
最新記事
ブログ内検索