ポストさんてん日記

放射線・エネルギー・環境・化学物質・食品などの情報をアーカイブとして整理すると同時に、徒然につぶやいています。 リンクはご自由に。

IPCC報告の変遷からみたホッケースティック論争の結論

[ 2019/09/24 (火) ]
ホッケースティック論争とは、IPCC(国連気候変動に関する政府間パネル)第3次報告書に掲載されたマイケル・マンによる古気候(過去1000年~1900年代半ば)の気温データを巡る論争です(そのグラフ曲線が「ホッケースティック曲線」と呼ばれた)。
本エントリーでは、過去~最新までのIPCC報告書が、それぞれ古気候データに何を採用したか?という側面を勉強しました。
その結果、今となっては「ホッケースティック曲線」は科学的な裏付けがなかったことに等しい、と見なして良いようです。
なお、ホッケースティック論争が、温暖化そのものに関する主流派(脅威派)と懐疑派の論争という側面も持つようですが、本エントリーでは、そこには踏み込みません。

IPCC:Intergovernmental Panel on Climate Change は、各国の政府から推薦された数千人の科学者が集まり、地球温暖化に関わる科学的知見の収集と整理を行い報告する機関。
評価報告書を5~7年おきに発表しており、更新されるたび、評価が定まった最新の研究を盛り込んで進化していく。


目次

1.IPCC第1次報告書 1990年 現在の気温は中世ピーク以下
2.IPCC第3次報告書 2001年 20世紀後半に急上昇、ホッケースティック論争の始まり
3.IPCC第4次報告書 2007年 ホッケースティックの消滅
4.クライメートゲート事件 2009年末
5.IPCC第5次報告書 2013年 本文に埋もれた新グラフ、中世温暖期の出現
6.中世に温暖期が出現していたことは、何を意味するのか
7.主な参考文献
8.温暖化主流派(脅威派)によるスラップ訴訟の一例
9.関連エントリー

1.IPCC第1次報告書 1990年
 現在の気温は中世ピーク以下
[ 2019/09/24(火) ] カテゴリ: 温暖化対応は行き過ぎか | CM(0)
このブログについて
管理人 icchou から簡単な説明です 更新,追記の通知はTwitter
カテゴリ
最新記事
ブログ内検索