ポストさんてん日記

放射線・エネルギー・環境・化学物質・食品などの情報をアーカイブとして整理すると同時に、徒然につぶやいています。 リンクはご自由に。

(メモ)あいちトリエンナーレ2019『表現の不自由展 ・その後』の主役たち

[ 2019/08/26 (月) ]
すでに、多くの情報が溢れていますし、検証委員会もスタートしていますが、主役の人達のプロフィールを中心に関連情報をメモしました。

(敬称略)プロフィール
あいちトリエンナーレ
2019

芸術監督
津田大介1997年 早稲田大学社会科学部在学中よりIT関連のライターとして執筆活動を開始。
1999年 有限会社ネオローグ設立・代表取締役
(以降、多様な略歴があるが略)
2015年 朝日新聞社論壇委員
2017年 早稲田大学文学学術院教授(任期付)
出典: Wikipedia
表現の不自由展
・その後

実行委員会
アライ=ヒロユキ1965年生まれ。美術・文化社会批評。
美術、社会思想、サブカルチャーなどがフィールド。
美術評論家連盟会員。
著作に『検閲という空気』『天皇アート論』(社会評論社)、
『オタ文化からサブカルへ』『ニューイングランド紀行』(繊研新聞社)。

出典:ごあいさつ | 表現の不自由展・その後
岩崎貞明1963年生まれ。メディア総合研究所事務局長・雑誌『放送レポート』編集長。
専修大学文学部客員教授。(特任教授??)
共著書に『放送制度概論』(商事法務)『現代ジャーナリズム事典』(三省堂)
『ユーザーからのテレビ通信簿』(学文社)など。

出典:ごあいさつ | 表現の不自由展・その後

86年、全国朝日放送(現・テレビ朝日)入社。
報道局社会部で司法担当記者や「ザ・スクープ」ディレクターや
「スーパーJチャンネル」デスク等を経て退職。
出典はこちら
岡本有佳編集者。出版・文化企画。
共編著『政治権力VSメディア 映画『共犯者たち』の世界』(夜光社発売)、
『〈平和の少女像〉はなぜ座り続けるのか』(世織書房)、
『《自粛社会》をのりこえる』(岩波ブックレット)、
『誰が〈表現の自由〉を殺すのか』(御茶の水書房)など。

出典:ごあいさつ | 表現の不自由展・その後

(「慰安婦」問題を学ぶ)希望のたね基金の理事
出典はこちら
小倉利丸富山大学名誉教授
反天皇制運動連絡会に関わりがある。
出典はこちら
永田浩三1954年生まれ。ジャーナリスト。
武蔵大学社会学部メディア社会学科教授。
専門は、ドキュメンタリー研究とテレビジャーナリズム。
NHKプロデューサー、ディレクター。
「表現の不自由展」共同代表(2015年に開催)。
著書『ヒロシマを伝える』(WAVE出版)、『NHKと政治権力』(岩波現代文庫)、
『ベン・シャーンを追いかけて』(大月書店)、

編著『フェイクと憎悪~歪むメディアと民主主義~』(大月書店)。
ドキュメンタリー映画『森口豁・沖縄と生きる』の監督(2019年9月公開)。
出典:ごあいさつ | 表現の不自由展・その後


永田浩三氏の過去に関して分かりやすかった情報
表現の不自由展 シナリオ通りの展開か?

桑原聡 産経新聞 2019/8/16
【ごく一部を引用】
[ 2019/08/26(月) ] カテゴリ: 日本の学者知識人 | CM(0)

「いつもの顔ぶれ」といわれる学者たち

[ 2019/08/19 (月) ]
かなり前と今回、似たような2つ情報をアーカイブしました。
学者ら74人の「戦後70年総理談話について」(2015/07/17)
『韓国は『敵』なのか』の「知識人」77人(2019/8/19)

この分野に詳しい方にとっては「いつもの顔ぶれ」らしいですが、ブログ主は疎いので、2つに共通する人は誰かな?と興味の赴くままにピックアップしてみました。
[ 2019/08/19(月) ] カテゴリ: 日本の学者知識人 | CM(0)

『韓国は『敵』なのか』の「知識人」77人

[ 2019/08/19 (月) ]
【ごく一部のみ引用】

日本の「知識人」77人が、「韓国は『敵』なのか」と題した、事実誤認に満ちた声明を出し、「韓国に対する輸出規制に反対し、即時撤回を求める」ための署名を集めだしたのだ。
ネット上では「いつもの顔ぶれ」などと揶揄(やゆ)する声もあったが、2015年の安全保障関連法反対のときと比べると規模は半分だ。当時、ノーベル賞受賞者を筆頭に150人のいわゆる「9条信奉者」「反安倍人士」が集まって記者会見を開いた光景と比べると、いささか見劣りがすると言っては失礼か。
今回、77人と意見を同じくするとみられる朝日新聞の影響力低下も顕著だ。もはや朝日が笛吹けど、国民踊らず。政権への影響はゼロである。
史上初の「日韓普通」化へ向けた取り組みは、国民とメディアとの関係正常化の一里塚ともなる大事なのかもしれない。

[ 2019/08/19(月) ] カテゴリ: 日本の学者知識人 | CM(0)

元号西暦変換

[ 2019/08/16 (金) ]
自分用のメモです。
西暦変換
覚え方
元年の西暦最終年
次年号元年の
西暦を逆変換
明治M-33
ぞろ目の3
*
1-33=-32=
1868
1912+33M45
大正T+11
ぞろ目の1
1+11
1912
1926-11T15
昭和S+25
(自分の誕生年
でお馴染み)
1+25
1926
1989-25S64
平成H-12
2019がH31
*
1-12=-11=
1989
2019+12H31
   覚え方↑
MとTのぞろ目
令和R+18
2019がR1
1+18
2019
*M33年が1900年、H12年が2000年。
[ 2019/08/16(金) ] カテゴリ: 共通基礎のその他 | CM(0)
このブログについて
管理人 icchou から簡単な説明です 更新,追記の通知はTwitter
カテゴリ
最新記事
ブログ内検索