ポストさんてん日記

放射線・エネルギー・環境・化学物質・食品などの情報をアーカイブとして整理すると同時に、徒然につぶやいています。 リンクはご自由に。

そばの栄養の特徴

[ 2019/04/16 (火) ]
そば(蕎麦)の科学 シリーズの最終エントリーですが、ここは参考です。
江戸時代では、そばを食べることで普段は不足する栄養素を摂取できたようですが、現代では様々な食品があり、たまに食べるそばに栄養を過度に期待する必要もないので。
江戸時代中期以降、江戸で蕎麦が流行した。江戸でうどんよりも蕎麦が主流となった背景には、「江戸わずらい」と呼ばれた脚気を、ビタミンB1を多く含む蕎麦を食べることで防止できたことにもよる。

一般論としては、そば粉には胚芽に相当する子葉が入っているので、栄養素的には良いと言えるようです。このことは、玄米が良いのと同じレベルと理解しています。
以下、具体的なデータをいくつか確認しました。

ミネラル類や水溶性ビタミンを多く含む
[ 2019/04/16(火) ] カテゴリ: そば(蕎麦)の科学 | CM(1)

(メモ)現行の温暖化対応が行き過ぎているのでは、という論説

[ 2019/04/08 (月) ]
近頃、『欧州が主導する現行の温暖化対応が行き過ぎているのでは?』との控えめな論説が気になっています。
いずれも、温暖化問題が内包する不確実性や他の問題とのトレードオフを再認識させてくれるものでした。
関連するメモのアーカイブ第3弾目で論説2点の紹介ですが、その前に、少々古い情報ですが『トリレンマ問題の構造』の図を引用しておきます。
トリレンマ問題の構造

なお、今回、カテゴリを新設しました。

① ファクトフルネスと温暖化問題
有馬純 GEPR 2019/3/26
【一部のみ引用】
[ 2019/04/08(月) ] カテゴリ: 温暖化対応は行き過ぎか | CM(0)

避難指示解除準備区域、居住制限区域、帰還困難区域に関する区分マップ(地図)など

[ 2019/04/05 (金) ]
【追記記録とベースの経産省発表リンク】
●2019/4/5付け大熊町における避難指示の解除について
●2017/3/10付け浪江町・富岡町における避難指示の解除について
●2016/10/28付け川俣町における避難指示区域の解除について
●2016/6/17付け飯舘村における避難指示区域の解除について
●2016/5/31付け葛尾村・川内村・南相馬市における避難指示区域の解除について
●2015/8/7付け楢葉町における避難指示区域の解除について
●2014/12/24付け南相馬市における特定避難勧奨地点の解除について
●2014/9/12付け川内村における避難指示区域の解除等について
●2014/3/10付け田村市における避難指示区域の解除について
●2014/2/10付け避難指示区域の概念図と各区域の人口及び世帯数(H25年12月末)
●2013/9/11付け避難指示区域の概念図と各区域の人口及び世帯数ほか
●2013/8/7付け川俣町における避難指示区域の見直しについて 
●2013/5/7付け双葉町における避難指示区域及び警戒区域の見直しについて
●2013/3/7付け葛尾村、富岡町及び浪江町等の避難指示区域及び警戒区域の見直しに
●2012/12/14付け伊達市における特定避難勧奨地点の解除についておよび川内村における特定避難勧奨地点の解除について
●2012/11/30付け大熊町における避難指示区域及び警戒区域の見直しについて
●2012/7/31付け楢葉町等における避難指示区域及び警戒区域の見直しについて
●2012/6/15付け飯舘村における計画的避難区域の見直しについて
初回公開日:2012/04/02、2012/3/30付け警戒区域、避難指示区域等の見直しについ


あらたに、避難指示解除準備区域、居住制限区域、帰還困難区域が運用されました。
ただし、地元との協議・合意が得られていない地域もあるので、警戒区域、計画的避難区域も残っています。区分地図
警戒区域は海域を含めてなくなりました。計画的避難区域がが残っているのは川俣町だけになりました。計画的避難区域もなくなりました。残っているのは南相馬市の特定避難勧奨地点だけです。特定避難勧奨地点もなくなりました(2014/12/28)。

従来の区域情報などを含め、アーカイブします。
出典は上記の経産省HPですが、以下の各個別資料にもリンクを記載しています。
【追記】
避難指示区域が設定された福島県の11市町村のうち、2014年4月に初めて、田村市が解除され、その後も少しずつ解除が進みだしました。

目次
[ 2019/04/05(金) ] カテゴリ: 基準値,規制値,測定値な | CM(10)

【GPその2】福島の「風評被害」は第二の「慰安婦問題」になる

[ 2019/04/01 (月) ]
グリーンピース(GP)に関する懸念論説の紹介です。
かなりの長文から一部のみの引用です。引用箇所の選択や強調文字はブログ主の主観なので、ご興味の方は原典を参照ください。

福島の「風評被害」は第二の「慰安婦問題」になる
渡辺康平
福岡県須賀川市議会議員 Hanadaプラス 2019/3/26
[ 2019/04/01(月) ] カテゴリ: 総合的な事 | CM(0)

【GPその1】パトリック・ムーア氏「私がグリーンピースをやめた理由」の邦訳

[ 2019/04/01 (月) ]
グリーンピースの一側面(環境活動家の扇動・誇張)に関する興味深い情報でしたので、全文引用しました。
本エントリーをまとめている最中に、グリーンピース(GP)に関する別情報に出会い、別エントリーも起こしましたのでタイトルに連番を付けました。

(補足的な情報)
パトリック・ムーア氏 Patrick Moore 1947年~
カナダ生まれ。
1972年、ブリティッシュコロンビア大学資源・環境研究所で林学の博士号(Doctor of Philosophy)を取得。
1971年の国際環境保護団体グリーンピースに参加、1986年まで代表を務めた。
1977年~1986年、グリーンピース・カナダ代表。
1985年、グリーンピース・カナダ事務局長を辞任。
1991年、環境コンサルタントグリーンスピリットを創設。
出典:Wikipedia
パトリック・ムーア

[ 2019/04/01(月) ] カテゴリ: 温暖化対応は行き過ぎか | CM(0)
このブログについて
管理人 icchou から簡単な説明です 更新,追記の通知はTwitter
カテゴリ
ブログ内検索