ポストさんてん日記

放射線・エネルギー・環境・化学物質・食品などの情報をアーカイブとして整理すると同時に、徒然につぶやいています。 リンクはご自由に。

(メモ)訪日外国人旅行者、消費額

[ 2019/01/17 (木) ]
追記。2019/1/17
初回公開日:2018/1/17


2018年 3,119万人 前年比+8.7%
訪日外国人観光客数2018
データ出典:訪日外客数・出国日本人数データ(日本政府観光局JNTO)
参考:訪日外国人 2018年は3,119万人!(前年比+8.7%)トップは中国(インバウンド コト消費ラボ 2018/1/17)

訪日外国人旅行消費額2018中国が1兆5,370億円(構成比34.1%)と最も大きい。次いで、韓国5,842億円(同13.0%)、台湾5,839億円(同130%)、香港3,355億円(同7.4%)、米国2,890億円(同6.4%)の順。これら上位5カ国・地域で全体の73.9%。
[ 2019/01/17(木) ] カテゴリ: 共通基礎のその他 | CM(0)

外国特派員協会は偏向メディアか?確かに影響力のある偏向した記者が居るようだ

[ 2019/01/15 (火) ]
今まで弊ブログには外国特派員協会に関する情報はほとんどありませんでした。
2018年11月に協会が主催した『慰安婦問題をめぐって元朝日新聞記者の植村隆氏から名誉毀損で訴えられていた櫻井よしこ氏が勝訴した』ことを受けて開かれた、櫻井氏の記者会見のニュースを見て、かなりの違和感を感じていましたので、今回、勉強がてら関連情報を集めてみました。(チョット長いです。)

まず、はじめに、
公益社団法人日本外国特派員協会とは
出典はWikipediaほか
  • The Foreign Correspondents' Club of Japan:FCCJ。
  • 1945年に発足した会員制クラブ。2014年に公益法人化。
  • 会員資格:「正会員」,「プロフェッショナル/ジャーナリストアソシエート会員」,「アソシエート会員」,「外交官アソシエート会員」など複数ある。雑誌やウェブ媒体の記者やフリーランスのジャーナリストの入会・加盟も可能。海外特派員の経歴をもつ日本人記者も会員になれる。
  • 2011年時点での会員総数は2130人。2015年9月時点での会員平均年齢は約62歳。
  • 正会員である特派員など外国人ジャーナリストは22カ国、290人(2018年9月時点。ピークは1992年の493人)
  • 正会員が選んだ理事9名の互選により会長・副会長以下を選出。
  • 週1~2回程度、内外の政治家や実業家、文化人やスポーツ選手など様々な人物を招いて会員向けに主催会見を行っている。

ニューヨーク・タイムズ元東京支局長H・S・ストークスはFCCJの本姿を次のように述べている。
日本外国特派員協会は、マッカーサーの日本占領と同時に設立された。理由は、アメリカによる日本占領がいかに正しく、人道的であり、歴史の偉業であるか、全世界へ向けて報道させるためだった。
日本外国特派員協会の会旗(バナー)にも、「1945年設立」と占領の年が、誇らしげに刻まれている。いわば日本占領の、もっといえば東京裁判史観を、世界中に撒き散らした総本山が、日本外国特派員協会といってよい。
マッカーサーはメディアの力を目いっぱいに活用して、自らのエゴを美しく飾り立てた。
(『英国人記者の見た連合国戦勝史観の虚妄』)
出典:世界に「反日の毒」をまき散らす外国特派員協会(西 法太郎 Web「正論」2014/5/2)
(この続きは、本エントリー最下部の『01』にあります。)

以下、表題に関する情報
[ 2019/01/15(火) ] カテゴリ: メディアにレッドカードを | CM(0)

(メモ)人権派?ジャーナリスト 広河隆一の性暴力、放射能デマ、NHKとの関係

[ 2019/01/07 (月) ]
標記に関する記事を2点、アーカイブします。

[ 2019/01/07(月) ] カテゴリ: 総合的な事 | CM(0)
このブログについて
管理人 icchou から簡単な説明です 更新,追記の通知はTwitter
カテゴリ
最新記事
ブログ内検索