ポストさんてん日記

放射線・エネルギー・環境・化学物質・食品などの情報をアーカイブとして整理すると同時に、徒然につぶやいています。 リンクはご自由に。

プリン体とは、尿酸の“2つの顔”、プリン体ゼロのビールは意味がない?

[ 2018/12/17 (月) ]
本エントリーでは、下記の【全体概論】に関して、その詳細を勉強しました。
理解できた事を記載しましたが、この話は奥が深く、まだ、先がありそうだという事も分かりました。(生化学の分野は素人にとっては手ごわいです。)

【全体概論】

プリン体ゼロを信じますか?
プリン体ゼロのビールもそうでしょう。体内でプリン体から尿酸が作られ血中濃度が上がり痛風になる。だからプリン体ゼロのビールを、となる。単純な因果推論が展開されています。でも、日本人男性3300人の酒の摂取量を調べ、その後6年間の高尿酸血症の発症状況を調べたところ、 プリン体をたっぷり含むビールを飲んでいた人も日本酒を飲んでいた人も、飲んでいない人に比べて相対リスクは同じように高かった。日本酒にはプリン体はごくわずかしか含まれていないにもかかわらずです。
尿酸は、ビールから摂取するだけではなく体内でほかの物質から合成されます。アルコールその合成を促進させるので、主犯はアルコール。ビールの中のプリン体は共犯の一人でしかないのです。

既エントリー(メモ)松永和紀氏による佐々木敏・東京大学大学院医学系研究科教授へのインタビュー記事から転記

目次

1.プリン体とは
2.人体内のプリン体のうち、飲食で摂取する量は2割程度
3.プリン体が代謝された結果に生ずる尿酸に“2つの顔”
4.アルコールの影響は大きい
5.飲食で摂取する量は2割程度だが、無視はできない
6.ビールのプリン体は、さほど多いわけではない
7.メモ
[ 2018/12/17(月) ] カテゴリ: 生理学・栄養学の基礎 | CM(0)

(リンク)プリン体とは、尿酸の“2つの顔”、プリン体ゼロのビールは意味がない?

[ 2018/12/17 (月) ]
他のカテゴリーに掲載していますので、記事へのリンクのみを記載します。
[ 2018/12/17(月) ] カテゴリ: お酒のはなし | CM(0)
このブログについて
管理人 icchou から簡単な説明です 更新,追記の通知はTwitter
カテゴリ
最新記事
ブログ内検索