ポストさんてん日記

放射線・エネルギー・環境・化学物質・食品などの情報をアーカイブとして整理すると同時に、徒然につぶやいています。 リンクはご自由に。

(メモ)新聞販売の闇―「押し紙」偽装で読者データを改ざん

[ 2018/03/30 (金) ]
自分用のアーカイブとして、リンクと一部引用のみのエントリーです。
他エントリー:1年間・10年間で新聞部数はどのくらい減少 から切り出して単独化しました。

【「押し紙」とは】
新聞社が新聞販売店に送る新聞のうち、配達されない新聞のこと。たとえば2000部しか配達していない販売店に3000部を搬入すると、過剰になった1000部が「押し紙」。偽装部数ともいう。
ただし、予備紙(配達中の破損などに備えて余分に確保しておく新聞で、通常は、搬入部数の2%)は、「押し紙」に含まれない。
すなわち、発行部数>販売部数(ABC部数)>>販売部数(実配部数)、となっている。
販売部数(ABC部数)が広告取引の基礎データとなる。(新聞や雑誌の広告料金は、部数によって決まるので。)

(以下、新しい順)

【小見出しのみ引用】

  • ビジネスモデルの崩壊
  • 障害になりはじめた再販制度とテリトリー制


新聞販売の闇―「押し紙」偽装で読者データを改ざん
販売部数の偽装は「詐欺」という犯罪的要素を孕んでいる
幸田泉 文春オンライン 2018/03/19

【小見出しのみ引用】

  • 「弁護士を降ろせ」
  • (「読者データを改ざんするのは業界の常識です」)
  • 読者データを改ざん
  • データの改ざん方法は「過去読(かこどく)起こし」
  • (部数偽装により「折り込み広告」の税金を詐取?)
  • 「折り込み」で税金を詐取?
  • (安定した経営を続けている販売店の「NO団、NO材」方針とは)
  • 選挙の際に証紙を張った法定ビラも廃棄していた
  • 「NO団、NO材」

[ 2018/03/30(金) ] カテゴリ: メディアにレッドカードを | CM(0)
このブログについて
管理人 icchou から簡単な説明です 更新,追記の通知はTwitter
カテゴリ
最新記事
ブログ内検索