ポストさんてん日記

放射線・エネルギー・環境・化学物質・食品などの情報をアーカイブとして整理すると同時に、徒然につぶやいています。 リンクはご自由に。

日本のFITは失敗か?太陽光FITの費用対効果は?

[ 2017/09/04 (月) ]
追記。2017/9/4
初回公開日:2017/08/21


FIT(再生エネルギー特別措置法)に関して、主に、太陽光発電に関するデータなどを久しぶりにまとめておきます。(ブログ主はアンチ太陽光FITなので主観的なところはバイアスが掛かってます。)

目次

1.まずは、2017/4/1からの制度改定時のエネ庁資料です
2.事業用太陽光の買取価格の推移
3.利用者負担として重要なデータは累積賦課金の額
4.今後、どうなるのか?
5.実態として、今なお高額な太陽光買取価格 【追記】
6.費用対効果は?再エネ普及促進の評価は?
7.ドイツのFITについて
8.太陽光過積載問題
9.制度導入時のお話 【追記】

1.まずは、2017/4/1からの制度改定時のエネ庁資料です。
改正FIT法による制度改正について(PDF)

平成29年3⽉ 資源エネルギー庁

この制度が再エネ普及促進と利用者負担のバランスを欠いていた実態と見直し内容を説明しています。
その内容は2011年頃の“再生エネルギー特別措置法”の有効性や必要性の論議、あるいは、施行初期から指摘されていた事ばかりで、いまさら感の高いものです。

官僚の方々にとって、制度導入を決めたのは“政治”(後述)の責任であり、かつ運用の中では、ご自分達にとって最も重要な予算確保の必要がない制度なので、見直しの取組スピードや内容が鈍るのは止むを得ない事かと。
例えば、補助金制度や優遇税制などの場合は、対策のために予算を割く必要があり、それは「どこから持ってくるか」の議論や折衝を欠くことはできない訳ですが、この制度は、消費者が電気料金で負担するだけ(電気料金で100%支えるビジネス、総額も青天井)なので、官僚の腹は全く痛まない訳です。もしかすると、天下り先が増えるというメリットがあるのかも知れません。(自然エネルギー財団?とか太陽光発電協会?とか)
また、一部の関係業者の丸儲け投機商品化している実態、太陽光パネルの設置が環境破壊を招いている実態などがあるようですが、合法行為であれば、それは、いい加減な法律を不用意に作って不真面目に運用した政治・行政の方に問題があるかと。(道義的責任が欠ける業者は問われるべきですが。)
ちなみに改定後も、FIT導入量や発電種類を直接コントロールする仕組みはありません。

以下、一般論として述べた宇佐美典也氏のコメントですが、FITにも当てはまります。→『日本の官僚機構というのは初めの枠組みさえよければそれをきちんと維持して発展していく能力に富むが、初めの設計がわるいと誤魔化し誤魔化しその枠組みを延命させることになる。』

(少々、過激な主観はこのくらいにして)
再エネ普及促進と利用者負担を説明している2ページ、買取価格の推移の21ページを引用して、データを基に分析していきます。
[ 2017/09/04(月) ] カテゴリ: FIT認定制度に関する事 | CM(0)

【基礎資料】エネルギーや発電などの図表集、データベース

[ 2017/09/04 (月) ]
エネルギー白書2017の図表に更新。2017/9/4
平成27年度(2015年度)エネルギー需給実績によりデータ更新。2016/12/7
(上記までの追記・更新記録は割愛) 日本
初回公開日:2013/3/21

ひたすら図表のみを集めました(一部は作成)。 解説などはほとんどありません。

目次 (ページ内リンクが付いています)
[ 2017/09/04(月) ] カテゴリ: エネルギー基礎資料 | CM(0)
このブログについて
管理人 icchou から簡単な説明です 更新,追記の通知はTwitter
カテゴリ
最新記事
ブログ内検索