ポストさんてん日記

放射線・エネルギー・環境・化学物質・食品などの情報をアーカイブしたり、医学分野の素人勉強をノートしたり、です。 リンクはご自由に。

脂質の消化・吸収・代謝から善玉・悪玉コレステロールまで

[ 2017/09/25 (月) ]
必須脂肪酸、オメガ3脂肪酸、オメガ6脂肪酸、など追記。2020/1/13
初回公開日:2017/9/25



栄養素の消化・吸収・代謝の基礎、全体概要に続き、脂質の基礎から善玉・悪玉コレステロール辺りのところを勉強しましたので、そのノートをまとめてみます。生理学などの基礎的素養がない素人のノートなので誤りがあるかも知れません。
ちなみに、人体の構成要素の割合は
  1. 水分           :50~70%
  2. タンパク質  :15~20%
  3. 脂質           :13~20%
  4. ミネラル分  :5~6%
  5. 糖質           :1%
目次

1.理解のための基礎知識
 脂質は3大栄養素のひとつ
 油脂
 脂肪酸
 必須脂肪酸
 リン脂質
 コレステロール
2.消化・吸収、代謝
 消化・吸収
 代謝
3.脂質は水に溶けないのでリポタンパク質(というキャリアー)に取り込まれて体内を移動する
 リポタンパク質は4つに大別される。代謝は外因性経路と内因性経路の2つに分けられる。
 コレステロールを運ぶリポ蛋白は2種類
4.悪玉コレステロール:LDLと善玉コレステロール:HDL。なぜ、配達は悪玉、回収は善玉と呼ばれているのか?
 マクロファージと動脈硬化
 HDLはコレステロールを全身の臓器から回収して肝臓に運ぶ
5.悪玉中の悪玉、小型LDL:sdLDL(small dense LDL)ってなに?
6.関連エントリー
[ 2017/09/25(月) ] カテゴリ: 生理学・栄養学の基礎 | CM(0)

栄養素の消化・吸収・代謝の基礎、全体概要

[ 2017/09/19 (火) ]
食べた栄養素がどのように消化・吸収され、さらには代謝されるのか?基礎的なところを勉強しましたので、そのノートをまとめてみます。生理学などの基礎的素養がない素人のノートなので誤りがあるかも知れません。
ちなみに、人体の構成要素の割合は
  1. 水分           :50~70%
  2. タンパク質  :15~20%
  3. 脂質           :13~20%
  4. ミネラル分  :5~6%
  5. 糖質           :1%

目次

1.消化・吸収・代謝の全体像
2.各栄養素毎に見ると
3.体の各細胞におけるエネルギー代謝
  エネルギー通貨:ATP
  グルコースと脂肪酸はそれぞれ別の経路で分解
  グルコースの解糖系
  ピルビン酸の酸化
  ミトコンドリアでのエネルギー産生メカニズム①クエン酸回路(TCA回路)
  ミトコンドリアでのエネルギー産生メカニズム②電子伝達系(呼吸鎖)でのATP合成
4.余ったグルコースはエネルギーの貯蔵に使われる(グリコーゲン、脂肪酸)
  グリコーゲンの合成と分解
  脂肪酸の生合成(脂肪酸合成系
5.食間期の代謝
  中性脂肪の分解の始まり
  脂肪酸のβ酸化
6.血糖値の低い状態が一定時間継続した場合
  糖質や脂質が不足するとアミノ酸がエネルギーとして使われる
  解糖系の逆行-糖新生:アミノ酸からグルコースを合成
  窒素の行方 
7.脂肪を燃焼させるには
8.過剰なグルコース(ブドウ糖)の害
9.関連エントリー
[ 2017/09/19(火) ] カテゴリ: 生理学・栄養学の基礎 | CM(0)

リスクの“ものさし”いろいろ(比較図表)

[ 2017/09/15 (金) ]
10万人あたりの年間死亡者概数 をデータ更新2017/9/15
上記までの追記記録は割愛。
初回公開日:2013/01/22


リスクの“ものさし”の例として、いくつかのエントリーに掲載してあった図表を集めました。
それらを4つのグループに分けて記載しています。

目次

Ⅰ.一定リスクとなる暴露量(摂取量)を算出したもの
 死亡の機会が100万に1人(10-6)の割合で増えると推定したリスク
Ⅱ.暴露量(摂取量)の実態からリスク量を算出したもの
 1.暴露マージン:MoEによる比較表
 2.リスクの大きさ(損失余命LLE)でみる日本の化学物質のランキング
 3.2004年における死亡率と損失余命の関係
 4.障害調整余命年数 DALYs
 5.Risk Meter によるリスク比較~リスクの大きさ
Ⅲ.統計データや絶対リスクから算出したもの
 10万人あたりの年間死亡者概数【追記】
 飲食物由来の放射性ヨウ素およびセシウムによる東京都民への曝露量と発がんリスクの推定
Ⅳ.発がんの相対リスク比較
 1.放射線と生活習慣の発がんの相対リスク比較
 2.がんのリスク~放射線,ダイオキシンと生活習慣
 3.相対リスク比~さまざまなリスクを比較する~放射能のリスクを生活の中のリスクと比較する
[ 2017/09/15(金) ] カテゴリ: リスク,寿命,人口などのデータ | CM(1)

(豆知識)JR東は6割弱の電力を自分で作っている

[ 2017/09/11 (月) ]
以前から気になっていたことを調べてみました。

JR東日本は56%の電力を自前の発電所で作っている

2015年度データで、年間、56%=(19.7+13.1)/58.3億kWh
これは10電力会社合計の0.66%、沖縄電力(76.5億kWh)の8割弱、に相当。
JR東日本 エネルギーフローマップ
出典:JR東日本CSR報告書(2016年度版)
[ 2017/09/11(月) ] カテゴリ: エネルギー基礎資料 | CM(0)

電磁波と物質の相互作用に関するメモ(化学反応、波長、振動数、エネルギー)

[ 2017/09/08 (金) ]
EMP攻撃の原理を追記。2017/9/8
初回公開日:2013/04/01



温暖化やオゾン層などの環境問題が物理的に発生するメカニズムを勉強していくと、どうやら、表記の相互作用が基本になっているようです。自分用のメモとして整理しておきます。非専門家がまとめたものですので、誤りや不適切表現などありましたら、ご指摘ください。

目次 ページ内リンクが付いています
[ 2017/09/08(金) ] カテゴリ: 共通基礎の理科系 | CM(0)

宇宙線からの自然放射線による外部被ばく

[ 2017/09/08 (金) ]
EMP攻撃の原理について追記。2017/9/8
引用させて頂いた上原貞治氏からの補足コメントを追記。2013/5/2
初回公開日:2013/4/2



自然放射線に関していくつかのエントリーを書いてきました。そのシリーズの最後?として、宇宙線について勉強しましたので、まとめておきます。

目次

1.日本の自然放射線による平均被ばく量
2.宇宙線による被ばく線量
3.宇宙線の種類
 一次宇宙線
 二次宇宙線
 (二次宇宙線)電磁シャワーとガンマ線
4.難しそうな単語がでてきました(茶色字の単語)。少し調べてみました。
 制動放射線。光電効果、コンプトン効果。電子・陽電子対生成。電磁波の波長、振動数、エネルギー。
5.EMP攻撃(Electromagnetic Pulse)の原理、懐疑論
6.太陽フレアと磁気嵐
7.関連エントリー、メモ
[ 2017/09/08(金) ] カテゴリ: 自然放射線の勉強 | CM(3)
このブログについて
管理人 icchou から簡単な説明です 更新,追記の通知はTwitter
カテゴリ
最新記事
ブログ内検索