ポストさんてん日記

放射線・エネルギー・環境・化学物質・食品などの情報をアーカイブとして整理すると同時に、徒然につぶやいています。 リンクはご自由に。

がんの10年生存率グラフいろいろ+甲状腺がん

[ 2016/01/25 (月) ]
『NHKの時事公論』を追記:2016/2/20
初回公開日:2016/01/25


国立がん研究センターからがんの10年生存率データが発表されました。
プレスリリース 全がん協加盟がん専門診療施設の診断治療症例について 10年生存率初集計
全がん協加盟施設の生存率協同調査

発表資料からの引用と、胃がん・乳がん・子宮頸がん・甲状腺がんについてはデータベースからのダウンロード、さらに、甲状腺がんについての分かりやすい解説を引用しました。

プレスリリースの参考資料PDFにいくつかのグラフがありましたので、引用します
[ 2016/01/25(月) ] カテゴリ: 生物・医学の基礎 | CM(0)

(リンク)がんの10年生存率グラフいろいろ+甲状腺がん

[ 2016/01/25 (月) ]
他のカテゴリーに掲載していますので、記事へのリンクのみを記載。
[ 2016/01/25(月) ] カテゴリ: 甲状腺がんなどに関する | CM(0)

COP21、パリ協定で決まったこと

[ 2016/01/15 (金) ]
COP21でのパリ協定について、いくつかのサイト情報を参考にまとめておきます。

概要

意義
[ 2016/01/15(金) ] カテゴリ: 地球温暖化 | CM(0)

(資料)労働災害死亡者数、交通事故死亡者数の経年グラフ

[ 2016/01/04 (月) ]
グラフデータ更新。2016/1/4
(上記までの追記・更新記録は割愛)
初回公開日:2013/2/1


事故による落命で、すぐに思いつくのがこの2つだったので。

ジャンルの異なる2つデータをグラフにしただけですが。
[ 2016/01/04(月) ] カテゴリ: 災害、防災関係 | CM(0)

(自分用メモ)オートファジー

[ 2016/01/01 (金) ]

オートファージの誘導
その他、細胞分化、細胞死での役割が議論されていますが、それらとの関係は、未だそれほど明らかになっていません。
出典:東京工業大学 大隅研究室

オートファージの機能
図5 オートファジーの機能
オートファジーの主な働きとして、飢餓時の栄養源確保と、常に少しずつ起こっている代謝回転、細胞内に現れた有害物の隔離除去などがあります。特に、代謝回転と有害物の隔離除去は、生活習慣病を含む数多くの疾患発症を抑制していることが最近の研究で明らかになり、注目を集めています。
出典:大阪大学 吉森研究室

今やオートファジーは特殊な現象ではなく、うまくタンパク質をターンオーバーさせて細胞の質を保つという、細胞の持つ最も基本的な機能として理解できるようになってきました。一方でオートファジー研究が流行になって、細胞死、がん、老化など様々な高次機能にオートファジーが関わっているということをATG遺伝子のノックアウトで示し、オートファジーの新しい機能発見という論文になるといった、ちょっと乱暴な研究が目立ち始めました。それに比べて本格的にメカニズムを知ろうとする着実な研究は意外なほど少ないのです。
出典:自分を食べて生き残る細胞に魅せられて(JT生命誌研究館)


大隅良典東京工業大学フロンティア研究機構特任教授・栄誉教授の共同研究者は、東京大学大学院・医学系研究科の水島昇教授、大阪大学大学院 生命機能研究科 細胞内膜動態研究室の吉森保教授

オートファジー=Autophagyのautoはギリシャ語で「自己」、phagyphage等と同類で「食べる」の意。日本語では、自食作用とか自己貪食。
(参考)マクロファージ=Macrophage macro:「大きい」、「長い」の意。phage:「食べるもの」、「細胞を破壊する細胞」の意の名詞語尾。

2016年ノーベル生理学・医学賞発表!「細胞の中のお掃除係」の解明で大隅良典先生が受賞!!(科学コミュニケーターブログ 2016/10/3)
2015年ノーベル生理学・医学賞を予想する!② 細胞のなかのお掃除係(科学コミュニケーターブログ 2015/9/19)

大隅良典氏の業績から見た「生と死」
筑波大学名誉教授・村上和雄 産経 正論 2016/12/7

≪細胞自らが死を決定する≫
私たちは全く意識していないが、すべての細胞の中で、驚異的なスピードで正確に分子レベルでの化学(酵素)反応がおこなわれている。酵素は化学反応のスピードを数億倍にアップし、しかも反応相手を正確に認識する。したがって小さな細胞の中で何千という反応が同時進行できる。実に見事である。
生化学者は、まずタンパク質、脂質、糖質などの高分子の合成反応のメカニズム解明に力を入れた。そして、合成に関与する酵素や遺伝子の研究で大きな成果を上げた。しかし、高分子の分解反応の解明は出遅れた。
古くから細胞の死として知られる「ネクローシス」(壊死(えし))は、やけど、毒物、打撲、溶解性ウイルス感染などによって突発的に起こる、いわば事故死のような細胞死である。
アポトーシスも多くの因子や遺伝子によって制御されていることが最近の研究によって分かり、その解明に貢献した欧米の3人にノーベル賞が与えられた。
大隅氏はアポトーシスとは別に、酵母を用いて細胞外ではなく細胞内での分解系の研究でノーベル賞を受賞した。近年、脚光を浴びているオートファジーの研究であるが、実は30年以上も前にすでに顕微鏡で観察されていたにもかかわらず、その過程に関与する因子は長らく不明であった。
1972年に病理学者カーは、患部の病理標本を観察している途中で、ネクローシスとは形態的に全く違う奇妙な細胞死の過程があることに気付いた。
彼が見たのはネクローシスによる膨らんだ細胞ではなく、縮小し断片化された形態の細胞死であった。彼はこの現象を、細胞自らが死を決定し、ある一定のプロセスを踏んで死が実行されていると考え、「アポトーシス」の概念を提唱した。

≪明らかにされたオートファジー≫
生物は、複雑な生体を形作り、生命を維持し、進化をするための戦略として、細胞自らが死ぬことができる機構を獲得した。この遺伝子によって制御された積極的な細胞死を「アポトーシス」と呼ぶ。
アポトーシスの機能としてよく知られるのは、ヒトの発生時に手足の指の間の水掻きのような細胞が死に、指が分離されて形成されることである。また、胎児における神経回路網の形成過程では、あらかじめ余分に神経細胞がつくられ、その中で、シナプスを形成できなかった細胞にアポトーシスが働き、取り除かれる。
これらは発生過程の中で画一的に起こるプログラム細胞死といえる。また、発生が終わった後も身体の中でアポトーシスは働く。遺伝子が傷つき、異常に増殖してしまう細胞はがんをつくるが、これらの多くは遺伝子の働きで自死し、除去される。
1993年、大隅氏らはオートファジーに関連する遺伝子群を発見した。この研究を契機にして、オートファジーの役割の詳細が次々と明らかにされている。そして、酵母だけでなく植物、魚類、哺乳類、人類などの全ての真核生物にオートファジーは普遍的に存在することが判明した。

≪変わりつつある病気への考え方≫
この研究が大きく発展するきっかけになったのは、オートファジーの遺伝子を欠損するマウス(ノックアウトマウス)の作製である。このマウスを用いて、オートファジーは多くの病気に関係することが見いだされた。例えば、がん、アルツハイマー病やパーキンソン病の神経疾患、感染病などである。
アルツハイマー病は、古くなった神経細胞に異常なタンパク質が蓄積することにより発症する。オートファジーを適切に制御できればアルツハイマー病の予防や治療につながると期待されている。
アポトーシスやオートファジーの研究の発展に伴い病気に対する考え方も大きく変わりつつある。すなわち病気とは細胞の増殖・分化・死のバランスが崩れてしまうこと、と理解されつつあるのだ。
細胞は生命活動に必要なタンパク質などの物質を絶えず合成するだけでなく、絶えず分解し続けるプログラムを遺伝子レベルでインプットされている。
生と死は対極にあるのではなく、生の中に誕生と死がペアで書きこまれている

[ 2016/01/01(金) ] カテゴリ: 生物・医学の基礎 | CM(0)
このブログについて
管理人 icchou から簡単な説明です 更新,追記の通知はTwitter
カテゴリ
最新記事
ブログ内検索