ポストさんてん日記

放射線・エネルギー・環境・化学物質・食品などの情報をアーカイブとして整理すると同時に、徒然につぶやいています。 リンクはご自由に。

【前篇】(プラスチックのリサイクル)マテリアルリサイクルか?、サーマルリサイクルか?

[ 2015/11/20 (金) ]
データ更新。2019/8/26
初回公開日:2015/11/20



廃棄物の再資源化に関して、教科書的には、サーマルリサイクルは3Rの優先順位の下位(正確にはマテリアルリサイクルの下)に位置付けられるようです。
【その理由や背景】
  • 循環型社会形成推進基本法(2000年5月制定)で、廃棄物の処理の優先順位を、
      1 発生抑制:Reduce:リデュース
      2 再使用:Reuse:リユース
      3 再生利用:material Recycle:マテリアルリサイクル
      4 熱回収:thermal Recycle:サーマルリサイクル
      5 適正処分
    とした。
  • モノとして使うことを、エネルギーとして使うことより価値があるとみなしている。
  • リサイクルとは物を繰り返し使うことであると素朴に考え、ごみとなったマテリアル(物質)を別のマテリアルに再加工して再利用するマテリアルリサイクルこそが本物のリサイクルであり、サーマルリサイクルは偽物のリサイクルだと考える傾向がある。
  • ダイオキシン騒ぎ後の焼却技術の進化を予測できなかった。
しかし、実態としてそうではない面もあり、特に、プラスチックに関しては認識を改めた方が良いので、ブログ主なりに勉強したことをまとめてみます。
(プラスチックのリサイクルについて調べると、かなり奥が深いことがわかりました。)

目次

1.プラスチックの生産量など
  主なプラスチックの特性と用途
  樹脂別生産比率
2.廃プラスチックの処理と再資源化の実態
排出量の内訳
三つのリサイクル、その実態、有効利用率
プラスチックマテリアルフロー
マテリアルリサイクルのために必要なこと
リサイクルの真の目的
サーマルリサイクルの手段は多様で、例えば、ごみ発電より、鉄鋼産業や化学産業で原料・燃料として利用したほうが効率が良い
3.PETボトルからPETボトルをつくる (ボトルtoボトル事業)
4.メモ
5.容器包装リサイクル法による対応の問題

(本論に入る前にプラスチックの一般知識)
1.プラスチックの生産量など
[ 2015/11/20(金) ] カテゴリ: 廃棄プラスチック問題 | CM(0)
このブログについて
管理人 icchou から簡単な説明です 更新,追記の通知はTwitter
カテゴリ
最新記事
ブログ内検索