ポストさんてん日記

放射線・エネルギー・環境・化学物質・食品などの情報をアーカイブとして整理すると同時に、徒然につぶやいています。 リンクはご自由に。

【後篇】(プラスチックのリサイクル)容器包装リサイクル法による対応の問題

[ 2015/11/25 (水) ]
【前篇】(プラスチックのリサイクル)マテリアルリサイクルか?、サーマルリサイクルか?からのつづきです。
家庭から回収された廃棄プラスチックが、どのように処理・再生されているのか?といったことです。

目次

1.廃棄物・リサイクル関連の法体系
2.容器包装リサイクル法
 容器包装とは
 法律による基本的な仕組み
 平成26年度 容器包装リサイクルの収支フロー図
3.容器包装プラスチック類のリサイクルの実態
4.複雑怪奇なプラスチックのリサイクルの実態
 (a)プラスチックごみ:有料の指定袋で回収し、協会に引き渡す
 (b)ペットボトル:無料回収し、協会に引き渡す
5.容器包装プラスチックのリサイクル率
6.法律がリサイクルの対象としていない“製品プラスチック”をどうするか?
7.スーパー等が店頭で回収した容器包装プラスチック
8.コメント
9.関連エントリー

このエントリーの主題は、容器包装リサイクル法ですが、最初に法体系の全体を挙げておきます。
1.廃棄物・リサイクル関連の法体系
[ 2015/11/25(水) ] カテゴリ: 廃棄物,リサイクル,レアアース | CM(0)

【前篇】(プラスチックのリサイクル)マテリアルリサイクルか?、サーマルリサイクルか?

[ 2015/11/20 (金) ]
廃棄物の再資源化に関して、教科書的には、サーマルリサイクルは3Rの優先順位の下位(正確にはマテリアルリサイクルの下)に位置付けられるようです。
【その理由や背景】
  • 循環型社会形成推進基本法(2000年5月制定)で、廃棄物の処理の優先順位を、
      1 発生抑制:Reduce:リデュース
      2 再使用:Reuse:リユース
      3 再生利用:material Recycle:マテリアルリサイクル
      4 熱回収:thermal Recycle:サーマルリサイクル
      5 適正処分
    とした。
  • モノとして使うことを、エネルギーとして使うことより価値があるとみなしている。
  • リサイクルとは物を繰り返し使うことであると素朴に考え、ごみとなったマテリアル(物質)を別のマテリアルに再加工して再利用するマテリアルリサイクルこそが本物のリサイクルであり、サーマルリサイクルは偽物のリサイクルだと考える傾向がある。
  • ダイオキシン騒ぎ後の焼却技術の進化を予測できなかった。
しかし、実態としてそうではない面もあり、特に、プラスチックに関しては認識を改めた方が良いので、ブログ主なりに勉強したことをまとめてみます。
(プラスチックのリサイクルについて調べると、かなり奥が深いことがわかりました。)

目次

1.プラスチックの生産量など
  主なプラスチックの特性と用途
  樹脂別生産比率(2014年生産量:1,061万トン)
2.廃プラスチックの処理と再資源化の実態
排出量の内訳(2013年排出量:940万トン)
三つのリサイクル、その実態、有効利用率
プラスチックマテリアルフロー2013
マテリアルリサイクルのために必要なこと
リサイクルの真の目的
サーマルリサイクルの手段は多様で、例えば、ごみ発電より、鉄鋼産業や化学産業で原料・燃料として利用したほうが効率が良い
3.PETボトルからPETボトルをつくる (ボトルtoボトル事業)
4.メモ
5.容器包装リサイクル法による対応の問題

(本論に入る前にプラスチックの一般知識)
1.プラスチックの生産量など
[ 2015/11/20(金) ] カテゴリ: 廃棄物,リサイクル,レアアース | CM(0)

各国の温室効果ガスの削減新目標

[ 2015/11/19 (木) ]
各国の最新目標に更新。2015/11/19
初回公開日:2013/11/12


各国の新目標をメモします。
最新の目標
目標時期基準年内容
中国2030年05年
GDP当りの排出量を
60~65%減
米国2025年05年26~28%削減
EU(欧州連合)2030年90年少なくとも
40%
削減
インド2030年05年GDP当りの排出量を
33~35%減
ロシア2030年90年25~30%削減
カナダ2030年05年30%削減
日本2030年度13年度26%削減
日本の上記数値のベースとなる2030年の電源構成
2030年の電源構成


主要国の温室効果ガス排出量の推移
主要国の温室効果ガス排出量
出典:「IEEI 2014/11/14 竹内純子氏」【速報】米中が温暖化目標を発表 どうする日本

中国・米国で世界の44%を排出、日本は3.7%で世界第5位です。 既エントリーから転記
世界の二酸化炭素排出量(国別)2012

各国の目標の背景には、それぞれの国益が絡んでいるので、複雑な経緯があります。以下のエントリーを参照ください。
COP19(気候変動枠組み条約締約国会議)で決まったこと
京都議定書についての超まとめ

――――――――― 以下、2013/11/12作成 ―――――――――

政府が2020年までの温室効果ガスの削減目標の方針を固め、ポーランド ワルシャワでのCOP19(気候変動枠組み条約締約国会議)で表明する、とのことなので、関連情報をまとめておきます。

2020年までの温室効果ガスの削減新目標(目標の推移)
[ 2015/11/19(木) ] カテゴリ: 地球温暖化 | CM(0)

(メモ)代替医療の光と闇

[ 2015/11/02 (月) ]
自分用のアーカイブとして、リンクと一部引用のみのエントリーです。
[ 2015/11/02(月) ] カテゴリ: 医療関連のニセ・デマ | CM(0)
このブログについて
管理人 icchou から簡単な説明です 更新,追記の通知はTwitter
カテゴリ
最新記事
ブログ内検索