ポストさんてん日記

放射線・エネルギー・環境・化学物質・食品などの情報をアーカイブとして整理すると同時に、徒然につぶやいています。 リンクはご自由に。

【HPV2】子宮頸がんワクチン接種の経緯、利益相反、救済の動き

[ 2015/07/18 (土) ]
内容をかなり改定。2015/9/18
初回公開日:2015/7/18


【HPV1】ヒトパピローマウイルス、子宮頸がんワクチンからのつづき。

0.目次

1.申請~接種呼びかけ中止までの時系列
2.利益相反との指摘について
3.副反応について
4.救済の動き
5.関連エントリー

1.申請~接種呼びかけ中止までの時系列

(1) 「サーバリックス」(グラクソ・スミスクライン社)
2007年9月申請、2009年10月承認、同年12月販売開始。

(2) 「ガーダシル」(MSD社)
2010年7月申請、2011年7月承認、同年8月販売開始。

(3) 2010年11月、厚労省は「ワクチン接種緊急促進事業」を実施し、対象ワクチンに子宮頸がん予防ワクチンを含め(その他はヘモフィルスインフルエンザ菌b型ワクチンと小児用肺炎球菌ワクチン)市区町村が行う接種事業に助成した。これにより、2013年3月31日までは、事業の対象者(おおむね中学1年生から高校3年生相当の女子)は無料もしくは低額で接種を受けられた。
[ 2015/07/18(土) ] カテゴリ: 子宮頸がんワクチン問題 | CM(4)
このブログについて
管理人 icchou から簡単な説明です 更新,追記の通知はTwitter
カテゴリ
最新記事
ブログ内検索