ポストさんてん日記

放射線・エネルギー・環境・化学物質・食品などの情報をアーカイブとして整理すると同時に、徒然につぶやいています。 リンクはご自由に。

ドイツの電力最大手エーオン E.ONが捨て身の戦法、その背景

[ 2014/12/09 (火) ]
【追記補足】を追記。 2015/1/4
初回公開日: 2014/12/9


エーオン E.ONが2016年に会社分割のニュースに対して、脱原発派、再エネ推進派の的外れのコメントなども見ますが、ドイツが進めてきた政策の副作用が要因で、重要な社会インフラを担っていた企業が事業性のみを追及せざるを得なくなった訳で、理解したことをまとめてみます。ドイツがどのように歩んでいくのか?益々、注目です。

背景

E.ON(エーオン)社とは

ドイツ・デュッセルドルフに本社を置き電力・ガスなどを供給するドイツの最大手、ヨーロッパ有数のエネルギー企業。ドイツを代表する大企業として、ドイツ株価指数(DAX)の30銘柄のひとつに選ばれている。ニューヨーク証券取引所、ロンドン証券取引所、フランクフルト証券取引所に上場している。

2013年の発電量は2452億kWhで、東京電力とほぼ同じ規模。電源別では火力が65%、原子力が23%、再生可能エネルギーが12%。ドイツ全体の年間電力は日本の6割なので、E.ONの存在感はかなり大きい。

ドイツの電力供給は、地域ごとに4つの大手電力会社が行っている。
E.ONとEnBWとVattenfallの再エネ電気がドイツの全発電量に占めるシェアは2%にも満たない(もう1社のRNWは石炭火力が多くを占め、再エネは少ない)。
エーオン E ON
出典:Wikipedia
[ 2014/12/09(火) ] カテゴリ: 海外のFITに関する事 | CM(0)
このブログについて
管理人 icchou から簡単な説明です 更新,追記の通知はTwitter
カテゴリ
最新記事
ブログ内検索