ポストさんてん日記

放射線・エネルギー・環境・化学物質・食品などの情報をアーカイブとして整理すると同時に、徒然につぶやいています。 リンクはご自由に。

アクリルアミドについて(きっかけは変な書評)

[ 2014/09/26 (金) ]
追記しました。2016/9/12
(上記までの追記記録は割愛)
初回公開日:2014/09/26


このエントリーはのぞ=立葉名 希‏@nozo5cm_sさんとK‏@kyjr1さんのtwitterでの会話をきっかけに取り急ぎ作成したものです。字数の制約のあるtweetでの発信が苦手なのでブログでの発信になり恐縮です。

私も、「ライブドアニュース 河内保雅氏」 2014/9/25 「アクリルアミド」を含むポテトチップスやフライドポテトの報道されない危険性については、のぞ=立葉名 希‏さんと同様に、かなり一面的な記述が多いと認識しましたが、具体的な問題点を指摘するのはひとまず置いておき*、アクリルアミドに関する情報を少しまとめてみます。

* すでに、OSATOさんがバッサリと切っているので、そのコメントを紹介します。(問題点の分析に労力をかけるのは止めました)

本の内容を完全に逆に理解している河内保雅記者。おまけに最後は陰謀論まで。この書評こそフードファディズムそのもの。著者の高橋久仁子さんに謝りなさい。


問題点を詳しく解説しているブログは、「ベレッタのナナメ45度視点!」 2014/9/26 著者の意図を無視して「フードファディズム」そのものの記事を書く「リテラ」とかいうメディア

これはひどい・・・
私この本読んだことあるんですが、この記事自体が、作者の高橋久仁子氏が指摘するフードファディズムそのものです。
この本を読んで、どうやったらこんな記事が書けるのか
このメディアとライターの「リテラシー」というか、「常識」は何処にあるのだろう?


アクリルアミド問題全体について
[ 2014/09/26(金) ] カテゴリ: 食品中の化学物質,リスク | CM(8)

(メモ)デマが作られ拡がっていくデング熱での実例

[ 2014/09/24 (水) ]
荻上チキ氏の論説をアーカイブさせて頂きます。
デマが作られ拡がっていく実例を今回のデング熱で示しているのと同時に、典型的・普遍的な部分も多く、勉強になりました。
(おまけで、3年前の論説も)

[ 2014/09/24(水) ] カテゴリ: ニセ科学,デマ,怪論文 | CM(0)

【基礎03】抗体とは~免疫の飛び道具

[ 2014/09/22 (月) ]
体液性免疫といわれる抗体は、抗原を認識したへルパーT細胞の援助によってB細胞から分泌生成されることを【基礎02】で勉強しました。
今回は、無限に産出され、免疫反応の中心的な役割に担う抗体について、少し深く勉強しました。

目次 (ページ内リンクが付いています)
[ 2014/09/22(月) ] カテゴリ: 生物・医学の基礎 | CM(0)

【基礎02】免疫とは~自然免疫、獲得免疫、細胞性免疫、体液性免疫など

[ 2014/09/16 (火) ]
3項に「抗原提示細胞は樹状細胞」を追記。2016/2/14
7項を追記。2014/10/28
初回公開日:2014/09/16


【基礎01-1】ウイルス、ワクチン、抗ウイルス薬に続いて、免疫細胞について勉強がてら、まとめてみました。関連する論説などを読むときに、役に立つかも知れない基礎知識です。

目次 (ページ内リンクが付いています)
[ 2014/09/16(火) ] カテゴリ: 生物・医学の基礎 | CM(0)

“デング熱の重症化”と“ワクチン製造の難しさ”は、デングウイルスの“ある特性”による

[ 2014/09/08 (月) ]
図による解説を追記。2014/9/9
初回公開日:2014/9/8


既エントリー デング熱、ヒトスジシマカについて に、
  • ワクチンや抗ウイルス薬はない(数種類のワクチン候補が臨床試験の各段階)
  • デングウイルスに4つの型(1型、2型、3型、4型)がある。
  • ある種類のデングウイルスに感染して回復し、その後別の種類のデングウイルスに感染すると重症型のデング熱になるリスクがあるという説が有力である。
と記載しています。その辺りの詳細な解説を引用させて頂きます。

「六号通り診療所所長のブログ」 2014/9/7
デング熱ワクチンについて
[ 2014/09/08(月) ] カテゴリ: 生物・医学関係一般 | CM(0)

デング熱、ヒトスジシマカについて

[ 2014/09/07 (日) ]
グラフ更新。2015/9/14
(上記までの追記・更新記録は割愛)
初回公開日: 2014/08/28


デング熱が70年ぶりに国内感染のニュースに驚きましたので、少し勉強しました。

デング熱(Dengue Fever)とは
[ 2014/09/07(日) ] カテゴリ: 生物・医学関係一般 | CM(0)

大気中の水銀、その他金属元素のバックグラウンド濃度

[ 2014/09/02 (火) ]
2013年度データに更新。2014/9/2
初回公開日:2013/12/3


環境省が、大気中の水銀金属元素類に関して、バックグラウンド地点(発生源による影響を直接受けない地点)における濃度(バックグラウンド濃度)を継続的に調査していますので、いつか何かの参考になるかも、でアーカイブしておきます。

平成25年度 大気中水銀バックグラウンド濃度等のモニタリング調査結果について(環境省2014/9/2)
【測定地点】 沖縄県辺戸岬 観測ステーション(国立環境研究所)
       (沖縄県国頭郡国頭村字宜名真)

大気中の水銀
[ 2014/09/02(火) ] カテゴリ: 大気汚染 | CM(0)

必須栄養素であるカリウムの摂取基準、おまけで被曝量

[ 2014/09/01 (月) ]
日本人の食事摂取基準(2015 年版)の概要という資料を厚労省が3月に発表しています。
これは、国民の健康の保持・増進を図る上で摂取することが望ましいエネルギー及び栄養素の量の基準を定めたもので、5年ごとに設定しているものです。
その30ページに、年齢層毎のカリウムの食事摂取基準がありますので、引用します。カリウムは必須ミネラルですね。

なお、それによる放射性カリウム K-40の摂取量と被ばく量を一緒に記載しました。バックグラウンドとして、このレベルの被ばく量は全く問題ないと理解していますので数字のお遊びですが、意外な結果でした。
[ 2014/09/01(月) ] カテゴリ: 自然放射線の勉強 | CM(0)
このブログについて
管理人 icchou から簡単な説明です 更新,追記の通知はTwitter
カテゴリ
最新記事
ブログ内検索