ポストさんてん日記

放射線・エネルギー・環境・化学物質・食品などの情報をアーカイブとして整理すると同時に、徒然につぶやいています。 リンクはご自由に。

(リンク)報道ステーションの甲状腺がん、ひどい偏向報道

[ 2014/03/29 (土) ]
他のカテゴリーに掲載していますので、記事へのリンクのみを記載。
[ 2014/03/29(土) ] カテゴリ: 甲状腺がんなどに関する | CM(0)

報道ステーションの甲状腺がん、ひどい偏向報道

[ 2014/03/29 (土) ]
追記しました。2014/3/31
2014/3/28発表の環境省の比較調査関連を追記。2014/3/29
(上記までの追記記録は割愛)
初回公開日:2014/03/13


2014/3/11の報道ステーション(古舘伊知郎)は甲状腺がんについてのひどい偏向報道で呆れてしまいます。
甲状腺がんに関する医学的な知見やチェルノブイリと福島の違いといった、すでにわかっている事実の重要性を無視したものですね。
この番組に関わった人達はこの3年間、いったい何をしていたんでしょうか?
何の目的でこのような報道をしたのでしょうか?
間違った正義感か?、脱原発か?、政府・行政への単純反発か?

報道をみて無用な不安を抱いてしまう人(特に子供さん)が多くなることに心を痛めます。
良識ある方々の発信をアーカイブします。
[ 2014/03/29(土) ] カテゴリ: デマ風評ゼロリスク不信専門家 | CM(4)

スクリーニング効果の懸念

[ 2014/03/23 (日) ]
「首相官邸ホームページ」に山下俊一教授の福島県における甲状腺超音波検査についてという文書が掲載されています。日付は 2014/2/12。
甲状腺がん
その中から■「スクリーニング効果」の懸念の部分だけを引用します。全文はリンク先をご覧ください。
[ 2014/03/23(日) ] カテゴリ: 甲状腺がんなどに関する | CM(0)

ダイオキシン類の環境放出量の変遷グラフ

[ 2014/03/19 (水) ]
ダイオキシンについて、“ごみ焼却炉からの発生”を問題視した解説が多いです。
本エントリーは、“そうじゃないよ”という一面をまとめたものです。
ニュースステーションによる風評被害事件も記載してあります。

1.近年の状況だけだと、、、

よく目にするグラフは1990年代後半から現在までのグラフです。
例えば、
[ 2014/03/19(水) ] カテゴリ: 大気汚染 | CM(0)

どのようなリスクが大きく感じられるか?~リスク認知の特徴やバイアス

[ 2014/03/12 (水) ]
追記。 2016/5/13
初回公開日: 2014/3/12


リスクの“ものさし”は科学的に求められたリスク推定値(客観的リスク)であり、別エントリーにまとめました。しかし、人がそのリスクを受け取る際の感じ方(主観的リスク)は、時にかなり大きくなります。どのようなリスクが大きく感じられるか?などについて、関連文献などのアーカイブを兼ねて紹介します。

リスクが過大視されるケース、高く感じられるリスク(怖いと感じるリスク)

出典:食品添加物や残留農薬は本当に危険なのか? 横行するリスク過大視&認知バイアスの罪 大野智氏 2016/5/13
[ 2014/03/12(水) ] カテゴリ: リスク認知など一般的な | CM(0)

リスクに関連するメディアの特性についての“なるほど”

[ 2014/03/12 (水) ]
少し追記。2014/6/7
(上記までの追記記録は割愛)
初回公開日:2012/04/17マスコミ報道甲状腺がん放射能放射線


表題に関する論説をつまみ食い的に拾ってみました。

 最初は、科学技術に対する一般市民のリスク認知 2013/10/6 田中豊准教授(大阪学院大学)から
メディアの報道にバイアスが生じる原因

ある大手新聞の現役編集委員である小島(2008)*は、メディアの記者は、
(1)一般市民と同様の先入観やリスク認知を持っていること
(2)「危ないことを伝えるのが記者の正義だ」という基本的思考を持っていること
(3)当該のリスクに対する専門知識や、記事の裏付けが不足していること
(4)市民感情を大切にするあまり、読者からの期待に応える記事を書こうとすること
などをメディア記者の視点から率直に語っている。

*印は毎日新聞の小島正美記者ですね。次はその著書“誤解だらけの放射能ニュース”の紹介記事からの引用で、
ニュースの大きさを決める方程式
出典:「食の安全情報blog」2012/3/7 誤解だらけの放射能ニュース
[ 2014/03/12(水) ] カテゴリ: リスク認知など一般的な | CM(4)

太陽光発電FIT認定制度、やはり欠陥だらけの悪法

[ 2014/03/03 (月) ]
追記があります。2014/3/3
初回公開日:2014/2/17


久しぶりのFIT関連エントリーです。認定取消が672件の報道を目にしましたので、過去の経緯を含めてまとめておきます。

(はじめに)
再生可能エネルギー固定価格買取制度(FIT制度)の経緯の“おさらい”
主観が入っていて恐縮ですが。
[ 2014/03/03(月) ] カテゴリ: FIT認定制度に関する事 | CM(0)
このブログについて
管理人 icchou から簡単な説明です 更新,追記の通知はTwitter
カテゴリ
最新記事
ブログ内検索