ポストさんてん日記

放射線・エネルギー・環境・化学物質・食品などの情報をアーカイブとして整理すると同時に、徒然につぶやいています。 リンクはご自由に。
月別アーカイブ  [ 2013年01月 ] 

≪ 前月 |  2013年01月  | 翌月 ≫

【9】食品添加物、なぜ使われている?、どのようなルールがある?、どのくらい食べている?

[ 2013/01/24 (木) ]
【食品中の化学物質の安全性】シリーズの最後になりますが、身近にある化学物質として、食品添加物について勉強しました。

目次

1.食品添加物の基本的な 10 項目
2.具体的な食品添加物
3.私たちはどのくらいの食品添加物を食べているのか
4.もっと知りたい時の参考サイト
5.つぶやき
6.関連エントリー

1.食品添加物の基本的な 10 項目
 (NPO法人)くらしとバイオプラザ21の小冊子メディアの方に知っていただきたいこと〜食品添加物が良い資料でした。メディア向けに作成されたものですが判り易いです。初めの数ページに『食品添加物「基本の10項目」概要』、その後に詳説があるので、概要の部分を中心に引用します。
[ 2013/01/24(木) ] カテゴリ: 食品安全の基礎的な事 | CM(0)

【8】発がんリスクの比較~暴露マージン:MoE

[ 2013/01/22 (火) ]
前号の【7】 “リスク認知” および “おわりに”リスク比較の、『死亡の機会が100万に1人(10-6)の割合で増えると推定したリスクの比較』に実感が持てなかったこともあり、別のリスク比較手法を勉強しました。

暴露マージン(MoE:Margin of Exposure)とは
[ 2013/01/22(火) ] カテゴリ: 食品安全の基礎的な事 | CM(6)

人の発がん原因

[ 2013/01/20 (日) ]
 農薬工業会のHP 教えて!農薬Q&A そのまま食べても大丈夫?に表記についての易しい説明がありましたのでアーカイブしておきます。【食品中の化学物質の安全性】シリーズの資料編です。

人の発がん原因に関する研究
[ 2013/01/20(日) ] カテゴリ: がんに関する事 | CM(6)

【7】 “リスク認知、リスクの比較” および “おわりに”

[ 2013/01/17 (木) ]
前号の【6】耐容一日摂取量:TDI (閾値がない化学物質)からの続きです。

実質安全量(VSD)などの考え方を国民に説明するため、科学者は様々な努力をしてきたが、

リスク認知(Risk perception)

 「日常食べるものに危害があってはならない」という素朴な信念に対して、中世から科学の世界では常識の「全てのものは毒である。毒でないものはない。適正な用量が毒と薬を分ける」というパラケルサスの説を繰り返しても容易には受け入れてもらえない
 そこで、リスク認知という学問分野が生まれた。
[ 2013/01/17(木) ] カテゴリ: 食品安全の基礎的な事 | CM(0)

【6】耐容一日摂取量:TDI (閾値がない化学物質)

[ 2013/01/15 (火) ]
前号の【5】実質安全量:VSD (閾値がない化学物質)の続きです。

閾値がない化学物質の安全基準

もう一つの基準、耐容一日摂取量(TDI:Tolerable Daily Intake)

 閾値がない化学物質の低濃度領域における用量―反応の数理モデル図を振り返っていただきたいが、3本の線が引いてあった。すなわち、未だ推定の領域であり、いくつかの仮説が立てられている。
[ 2013/01/15(火) ] カテゴリ: 食品安全の基礎的な事 | CM(0)

【5】実質安全量:VSD (閾値がない化学物質)

[ 2013/01/15 (火) ]
 前号の【4】一日摂取許容量:ADI 、許容残留量:MRLでは、閾値がある化学物質の安全性基準を説明しましたが、今回は閾値がない化学物質についての国際的安全性基準を紹介します。

デラニー条項の問題点

デラニー条項

 最初に登場するのが、1958 年に施行された米国の「連邦食品・医薬品・化粧品法」のデラニー条項である。(1996年に廃止された)
ヒトや動物に発癌性を示す食品添加物は安全とは見なさないとする考え方
[ 2013/01/15(火) ] カテゴリ: 食品安全の基礎的な事 | CM(0)

【4】一日摂取許容量:ADI 、許容残留量:MRL (閾値がある化学物質)

[ 2013/01/11 (金) ]
前号の【3】 イニシエーション作用、プロモーション作用、プログレッション作用からの続きです。

閾値がある化学物質の安全基準

(図の再掲)
化学物質の主な安全性試験

毒性試験
こちらから転記
[ 2013/01/11(金) ] カテゴリ: 食品安全の基礎的な事 | CM(0)

【3】イニシエーション作用、プロモーション作用、プログレッション作用(多段階発がん機構)

[ 2013/01/10 (木) ]
前号の【2】 遺伝毒性(変異原性)、発がん性の補足的な説明です。

[ 2013/01/10(木) ] カテゴリ: 食品安全の基礎的な事 | CM(0)

安全性試験(毒性試験)の種類

[ 2013/01/10 (木) ]
2019/9/28。追記
(上記までの追記記録は割愛)
初回公開日:2013/1/10



食品添加物の安全性を確認するために行われる試験

一般毒性試験と特殊毒性試験に分けられる。
安全性を確認するための試験

Newton添加物に関する食品健康影響評価指針

毒性試験全体
農薬の安全性試験
出典:残留農薬 日本獣医生命科学大学 名誉教授 鈴木勝士(食の安全と安心フォーラムⅫ 2016/2/14
[ 2013/01/10(木) ] カテゴリ: 食品安全の基礎的な事 | CM(0)

【2】遺伝毒性、変異原性、発がん性

[ 2013/01/10 (木) ]
前号の【1】 “はじめに” および “用量・反応関係”からの続きです。

 食品中の化学物質の安全性を討議する際に必ず出てくるのが、一日摂取許容量(ADI)許容残留量(MRL)である。これを正確に理解することが大切であり、そのために、先ず安全性試験について解説する。

安全性試験
[ 2013/01/10(木) ] カテゴリ: 食品安全の基礎的な事 | CM(0)

【1】 “はじめに” および “用量・反応関係”

[ 2013/01/10 (木) ]
はじめに

 【食品中の化学物質の安全性】に関して、基礎的なところを勉強して行こうと思います。何回かのシリーズになる予定ですが、奥が深そうなので“基礎の基礎”だけで終わってしまうかも知れません。
 岡本嘉六 鹿児島大学教授のホームページにある【分かりやすい安全性の考え方】を幹にして、関連文献・資料などに巡り逢えたら加えて行く予定です。岡本教授にはお礼を申し上げます。
 自分の理解が目的ですので、部分的な引用になりますが、文末に引用資料のリンクを記載しますので、判りにくい部分は原典でご確認をお願いします。
 また、当ブログでは、とりあえずエントリーを起こすことで情報アーカイブ場所を確保して、後から追記していくことも多いのですが、今回もそんな形になりそうです。
 なお、素人の纏めですので、不適切や正しくない引用もあるかも知れません。ご指摘戴けると幸いです。


化学物質の用量・反応関係
[ 2013/01/10(木) ] カテゴリ: 食品安全の基礎的な事 | CM(0)

(リンク)イニシエーション作用、プロモーション作用、プログレッション作用(多段階発がん機構)

[ 2013/01/10 (木) ]
他のカテゴリーに掲載していますので、記事へのリンクのみを記載。
[ 2013/01/10(木) ] カテゴリ: がんに関する事 | CM(0)

自然放射線による被ばく、ポロニウムPo-210 、カリウムK-40、ラドンRn-222

[ 2013/01/09 (水) ]
田崎先生の本の修正(自然被曝線量は2.09→2.1m Sv/年)に合わせ更新。2013/1/9
(上記までの追記・更新記録は割愛)
初回公開日:2012/04/07


放射性物質は自然界にも存在しており、日本平均では、年間2.1 mSvの自然放射線を受けています(1時間あたりに単純換算すると、0.25 μSv/hになる) 。
ちなみに、世界平均では年間2.4 mSv です。

 自然放射線による被ばくの内訳は以下のとおり。【更新】
[ 2013/01/09(水) ] カテゴリ: 自然放射線の勉強 | CM(0)

(自分用メモ)免疫の力でがんを倒す

[ 2013/01/05 (土) ]
この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力
[ 2013/01/05(土) ] カテゴリ: がんに関する事 | CM(-)

(個人的メモ12月後半)やみくもな脱原発に関して

[ 2013/01/04 (金) ]
後半月分です。

関連情報をツイートでメモしたりお気に入り登録していましたが、それらをブログに移植しておきます。
[ 2013/01/04(金) ] カテゴリ: 闇雲な脱原発に関するメモ | CM(0)

(自分用メモ)世にも美しき数学者たちの日常

[ 2013/01/04 (金) ]
著者:二宮敦人 にのみや あつと

【取材させていただいた皆様】から引用

黒川信重 くろかわ のぶしげ

1952年栃木県生まれ。1975年東京工業大学理学部数学科卒業。1977年同大学大学院理工学研究科数学専攻修士課程修了。
東京大学助教授などを経て、現在、東京工業大学名誉教授。理学博士。
専門は数論、特に解析的整数論、多重三角関数論、ゼータ関数論、保型形式。『リーマン予想の150年』『ゼータの冒険と進化』『ラマヌジャン探検天才数学者の奇蹟をめぐる』『絶対ゼータ関数論』『リーマンの夢ゼータ関数の探求』ほか著書多数。

加藤文元 かとう ふみはる

1968年宮城県生まれ。1997年京都大学大学院理学研究科数学・数理解析専攻博士後期課程修了。博士(理学)。
九州大学大学院数理学研究科助手、京都大学大学院理学研究科准教授、熊本大学大学院自然科学研究科教授、東京工業大学大学院理工学研究科数学専攻教授を経て2016年より東京工業大学理学院数学系教授。
専門は代数幾何学、数論幾何学。著書に『ガロア天才数学者の生涯』『物語数学の歴史正しさへの挑戦』『数学する精神正しさの創造、美しさの発見』『数学の想像力正しさの深層に何があるのか』など。

千葉逸人 ちば はやと

1982年福岡県生まれ。2001年京都大学工学部入学。2009年京都大学大学院情報学研究科数理工学専攻博士課程修了。
九州大学マス・フォア・インダストリ研究所准教授を経て、2019年より東北大学材料科学高等研究所教授。
専門は力学系理論、微分方程式、非線形函数方程式。大学3回生で『これならわかる工学部で学ぶ数学』を出版。2013年に「藤原洋数理科学賞奨励賞」受賞。2015年に当時未解決問題であった蔵本予想の証明をしたことで2016年に「文部科学大臣表彰若手科学者賞」を受賞。著書に『ベクトル解析からの幾何学入門』など。

堀口智之 ほりぐち ともゆき

1984年新潟県生まれ。山形大学理学部物理学科卒業。
世界各国の大学生が参加する日本最大のビジネスプランコンテストで特別賞受賞。20種類以上の職を経験の後、2010年に自己資金10万円で「大人のための数学教室和(なごみ)」創業、2011年に会社化。現在、和から株式会社代表取締役。会員数3000人以上、講師40名以上を抱えるまでに成長。

タカタ先生

1982年広島県生まれ。2005年東京学芸大学教育学部数学科卒業。
現在、高校の数学教師(非常勤講師)と芸人の両輪で活動。「日本お笑い数学協会」の会長として、また、理系男子の芸人による「理系ナイト」出演などで、数学嫌いの日本人を単調減少させるべく奮闘中。YouTubeチャンネル「お笑い数学教師♪タカタ先生」が人気。2016年にお笑いコンビ「タカタ学園」を結成。2017年サイエンスアゴラ賞受賞(日本お笑い数学協会として)。共著に『笑う数学』(日本お笑い数学協会名義)。

松中宏樹 まつなか ひろき

1986年山口県生まれ。京都大学大学院情報学研究科力学系理論分野修士課程修了。
大学院修了後、国内のメーカーに勤務するが、数学への夢を諦めきれず、31歳の時に退職、「大人のための数学教室和(なごみ)」の講師に。

ゼータ兄貴

2003年生まれ。2018年現在は、都内の中学に通学中。13歳の時に数学に目覚める。

津田一郎 つだ いちろう

1953年岡山県生まれ。理学博士。数理科学者。専門は応用数学、計算論的神経科学、複雑系科学。大阪大学理学部卒業、京都大学大学院理学研究科博士課程修了。
九州工業大学助教授、北海道大学・大学院教授を経て、現在、中部大学別発学術院教授。
日本でカオス学を確立した。HFSP Program Award (2010年)、ICCN Merit Award (2013年)などの受賞歴あり。著書に『心はすべて数学である』『脳のなかに数学を見る』など。

渕野昌 ふちの さかえ

1954年東京都生まれ。1977年早稲田大学理工学部化学科卒業。1979年同大学理工学部数学科卒業。
1989年 Dr.rer.nat. (ベルリン自由大学)。1996年 Habilitation (教授資格-ベルリン自由大学)。ハノーバー大学、ヘブライ大学、ベルリン自由大学、北見工業大学、中部大学を経て、現在、神戸大学大学院システム情報学研究科教授。
専門は数理論理学、特に集合論とその応用。著書に『Emacs Lipsで作る』、共著に『ゲーテルと20世紀の論理学(ロジック)』第4巻、訳書に『数とは何かそして何であるべきか』『現代のブール代数』『巨大基数の集合論』など。

阿原一志 あはら かずし

1963年東京都生まれ。1992年東京大学大学院理学研究科数学専攻博士課程修了。
現在、明治大学総合数理学部先端メディアサイエンス学科教授。
専門は位相幾何学、コンピューティング・トポロジー。幾何学を中心に、広く数学に関係するソフトウエアを開発。著書に『パリコレで数学をサーストンと挑んだポアンカレ予想』『コンピュータ幾何』『ハイプレイン のりとはさみでつくる双曲平面』『計算で身につくトポロジー』など。趣味はピアノ、折鶴、テニス。

高瀬正仁 たかせ まさひと

1951年群馬県勢多郡東村(現、みどり市)生まれ。数学者・数学史家。
専攻は多変数関数論と近代数学史。『評伝岡潔』三部作(星の章、花の章、虹の章)、『リーマンと代数関数論 西欧近代の数学の結節点』『数学史のすすめ 原典味読の愉しみ』『オイラーの難問に学ぶ微分方程式』ほか著書多数。
[ 2013/01/04(金) ] カテゴリ: 共通基礎の理科系 | CM(0)

ドイツの石炭火力発電、自給率など

[ 2013/01/03 (木) ]
石炭火力の熱効率の国際比較を追記。2012/1/7


ドイツは総発電量の4割以上を石炭で賄っています。その実態などを深堀りしてみました。少々、細かなお話になります。

2011年 ドイツの発電比率の現状
 【基礎資料】ドイツのエネルギーや発電などの図表集から転記
[ 2013/01/03(木) ] カテゴリ: 海外のFITに関する事 | CM(1)

(自分用メモ)がんの生存率

[ 2013/01/03 (木) ]
この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力
[ 2013/01/03(木) ] カテゴリ: がんに関する事 | CM(-)

(自分用メモ)年表でたどるサピエンスの進化の軌跡

[ 2013/01/03 (木) ]
この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力
[ 2013/01/03(木) ] カテゴリ: 共通基礎の理科系 | CM(-)

(自分用メモ)『日本の科学者』誌(日本科学者会議が発行)の編集委員長のトホホな対応

[ 2013/01/03 (木) ]
この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力
[ 2013/01/03(木) ] カテゴリ: ★未分類 | CM(-)

(自分用メモ)換算表

[ 2013/01/02 (水) ]
この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力
[ 2013/01/02(水) ] カテゴリ: 共通基礎の理科系 | CM(-)

(自分用メモ)前立腺がん

[ 2013/01/02 (水) ]
この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力
[ 2013/01/02(水) ] カテゴリ: がんに関する事 | CM(-)

(自分用メモ)建物の基礎工事を基礎の基礎から

[ 2013/01/01 (火) ]
この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力
[ 2013/01/01(火) ] カテゴリ: ★未分類 | CM(-)

(自分用メモ)量子光学とは

[ 2013/01/01 (火) ]
この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力
[ 2013/01/01(火) ] カテゴリ: 共通基礎の理科系 | CM(-)

メモ(環境報告書)

[ 2013/01/01 (火) ]
 【化学物質の安全性】の勉強をしたせいで、化学物質関係の情報に自然と目が行きます。
 中西準子氏のHPを見ていて、 (独)産業技術総合研究所主宰のシンポジウムでのパネル討論の資料で、下記を見ました。
 私の理想とするCSR(環境)報告書説明責任の時代の作法としてのリスクトレードオフ評価(岸本充生 産業技術総合研究所持 続可能性ガバナンスグループ長)

化学物質
放射線(セシウムとストロンチウム)
除染
[ 2013/01/01(火) ] カテゴリ: 環境関連のその他 | CM(0)
このブログについて
管理人 icchou から簡単な説明です 更新,追記の通知はTwitter
カテゴリ
ブログ内検索