ポストさんてん日記

放射線・エネルギー・環境・化学物質・食品などの情報をアーカイブとして整理すると同時に、徒然につぶやいています。 リンクはご自由に。

“チェルノブイリ膀胱炎”説への明快な反論。低レベル放射線の人体へのリスク、生物学者のリスクの見積もり方

[ 2012/06/13 (水) ]
“チェルノブイリ膀胱炎”説の社会的副作用は大きかった

 【「原発避難」論】山下祐介・開沼博編著の第7章【「ホットスポット」問題が生んだ地域再生運動―首都圏・柏から岡山まで】の中で宝田惇史氏が以下の社会調査結果を明らかにしている、との事です。 

いわゆる「自主避難」をしている人々がSNSやメールなどインターネット上のコミュニケーション手段に支えられている側面が大きいことや、武田邦彦・児玉龍彦・早川由起夫の3氏の主張を選択的に重視していること。

 出典:http://www.gepr.org/ja/contents/20120409-03/

 上記3名のなかでも、児玉教授の国会演説からの一連の発信は、(風評被害と同様のメカニズムで)大々的に報道されることによってインパクトを強めた訳で、トンデモ学者が自分のブログやツイッターでトンデモ発信をするのとは桁違いの大きな影響力だったと思います。
その影響力について、斗ケ沢秀俊さん(毎日新聞)はリスクコミュニケーションが失敗した要因の一つとして挙げています。既エントリー
 このように、児玉教授の国会演説から始まる一連の発信は、世の中に与えた作用より副作用のほうが多い、特に“チェルノブイリ膀胱炎 *1”説の社会的副作用はかなりのものだと思います。
*1 この言葉は、児玉教授の国会での発言や雑誌への投稿で引用されたことから広く知られるようになった。

 しかし、それに対する科学的な反論は少ないようです。

生物学者bloom先生の「ブログ版ききみみずきん」に“チェルノブイリ膀胱炎”説への明快な反論が
[ 2012/06/13(水) ] カテゴリ: 怪しい放射線論文 | CM(2)
このブログについて
管理人 icchou から簡単な説明です 更新,追記の通知はTwitter
カテゴリ
最新記事
ブログ内検索