ポストさんてん日記

放射線・エネルギー・環境・化学物質・食品などの情報をアーカイブとして整理すると同時に、徒然につぶやいています。 リンクはご自由に。
月別アーカイブ  [ 2012年05月 ] 

低線量放射線のリスク管理とは

[ 2012/05/02 (水) ]
 “リスク管理とは”を勉強がてら纏めよう思っていましたが、どうも堅い論説が多い様です。放射能放射線
 入口の部分では、低線量放射線の人体影響をリスクとして捉えることから始まります。これは(ICRPのLNT仮説に従って)低線量放射線の人体影響には閾値がないことを前提とするからです。
(DNAに関する分子生物学の研究からは、閾値があるとの主張もあり、素人のブログ主も理解したことを書いて来ましたが、そのことはひとまず置いておきます。) 

 “閾値がない”この問題を「危険か安全か」の二元論にしてしまうと、短絡的な結論はゼロリスクとなりますが、自然放射線などと矛盾したり、逆に悪い影響(住民の不利益やマイナスの経済効果)が出てくることになります。
 また、「危険か安全か」の二元論にしてしまいがちなのは、放射線影響について判っていることに対する無理解や誤解の上で予防原則を極端に解釈していることや、作用と副作用、メリットとデメリットと言う広い視野を欠いていることも大きいような気がします。
(ちなみに、“リスクは個人によって違う”面もあるので、食品の選択や自主避難のように、個人とその家庭内に責任と権限が及ぶ範囲で自由な選択をして、静かに行動している方々の判断は尊重すべきと思っています。)

 一般的な論説で次に来るのはリスクの比較とかリスク評価です。良く知られた図表も登場します。
 放射線だけを比較したものとして、
●放射線被ばく早見図(2012/4/5更新)(放射線医学総合研究所)
 発がんリスクのなかで比較したものとして、
●がんのリスクの大きさ(国立がん研究センター)
●さまざまなリスクを比較する「放射能のリスクを生活の中のリスクと比較する」関連図表(GEPR編集部)*
などがあります。
こちらは、活性酸素によるDNA損傷と修復の話を理解するとうなづける資料なのですが、“ゼロリスク派”からはトンデモ資料扱いされてしまうようです。
* この資料中の100mSvの被ばくの相対リスク比1.005は間違いで正解は1.05だと思いますが。(言葉としても“相対リスク”が正しいような)
 その他の判りやすい図として
●PKAnzug先生の放射線の被曝量と人体への影響
もあります。

 このような状況の中で、柔らかい論説を探してみましたが、安井教授が、ある放射線危険論者への反論のかたちで“リスク管理”を述べています。判りやすいと思いましたので勉強のために引用します。
[ 2012/05/02(水) ] カテゴリ: 放射線のリスクに関する | CM(4)
このブログについて
管理人 icchou から簡単な説明です 更新,追記の通知はTwitter
カテゴリ
最新記事
ブログ内検索