ポストさんてん日記

放射線・エネルギー・環境・化学物質・食品などの情報をアーカイブとして整理すると同時に、徒然につぶやいています。 リンクはご自由に。
月別アーカイブ  [ 2012年01月 ] 

≪ 前月 |  2012年01月  | 翌月 ≫

放射線によるDNAの損傷・修復(アポトーシス・免疫システムなど、がん化防止のプロセス)

[ 2012/01/30 (月) ]
追記:本エントリー記載の多くは、2015年のノーベル化学賞『細胞内のDNA修復機構の解明研究』の内容と同じかも知れません。2015/10/7
初回公開日:2011/10/24


(既エントリーより)
放射線は細胞のDNAを傷つける
(1)確定的影響(高い放射線の場合)
 ある線量(しきい値)を超えた場合に、被爆後直ちに現れる影響・急性障害。
 造血能の低下(リンパ球の減少)、皮膚の障害、脱毛、胃腸管の障害、神経障害、不妊などがあるが、それぞれのしきい値は障害の種類によって異なる。
(2)確率的影響(低い放射線の場合)
 がん・白血病や遺伝性影響といった確率的影響(数年後に100人中がんになる人が何人増える、といった影響)も100 mSv以上では、線量とともにリスクが上昇することが判っている。確率的影響のなかで最も早く現れるのは白血病である。
 しかし、100 mSv以下の低線量被ばくでは、確率的影響がふえる証拠は疫学的・統計的に得られていない。

 この放射線は細胞のDNAを傷つける仕組みについてはかなり専門的な内容であり、今まではその関連情報を目にした時はスルーしていた。今回、判りやすい資料に巡り合った。
[ 2012/01/30(月) ] カテゴリ: 放射線,放射性物質の勉強 | CM(0)

(リンク)放射線によるDNAの損傷・修復(アポトーシス・免疫システムなど、がん化防止のプロセス)

[ 2012/01/30 (月) ]
他のカテゴリーに掲載していますので、記事へのリンクのみを記載。
[ 2012/01/30(月) ] カテゴリ: 生物・医学の基礎 | CM(0)

過去(1960年代)からのセシウム摂取量 Bq/日、体内平衡量 Bq/人

[ 2012/01/28 (土) ]
 過去のフォールアウトにともなうセシウムCs137の摂取量 Bq/日、体内平衡量 Bq/人のグラフなどをセシウムの挙動経路に沿って纏めます

【目次】
1.過去の核実験によるフォールアウト Cs137 Bq/m2
2.食品中のCs137 Bq/kg
 2-1.水田土壌と白米の汚染 Cs137 Bq/kg
 2-2.粉乳の汚染
 2-3.海水・海底土・魚の汚染
3.セシウム摂取量(ストロンチウムもあり)
 3-1.Cs137 全国 日常食
 3-2.Sr90 全国 日常食
4.セシウムCs137の体内平衡量、尿のCs137濃度
5.核実験による世界平均の実効線量推定値
6.今回の降下量はどうだったか?
7.ストロンチウムSr90はセシウムとの比率で把握すれば良い
8.注意すべき事(一瀬昌嗣先生)
9.個人的メモ

 ごく一部を除き特に新しい情報ではなく、今さらの感ですが個人的な情報整理ですのでご容赦ください。
 できる範囲で、1950年代からの成るべく過去からのグラフをピックアップしました。
 引用させて戴いた各原典には感謝いたします。
[ 2012/01/28(土) ] カテゴリ: 過去の汚染に関する事 | CM(5)

【後編】放射性セシウムの影響をカリウムK40を指標として評価する。(食品の新基準も評価)

[ 2012/01/24 (火) ]
1.【前篇】の復習、と【後編】の概要

 【前篇】では、定常的な摂取状態で同じベクレルであれば、セシウムCs137,Cs134の人体への影響は、自然放射線であるカリウムK40よりやや小さいレベルである、ことを理解した。
 【後編】は、Cs137,Cs134の影響をK40を指標として評価する方法である。【前篇】に続き、田崎晴明 学習院大学 教授のセシウムは体に何ベクレルくらいたまるのか?からの引用がメインだが、ブログ主オリジナルとして、4月から予定されている食品のセシウム新基準をこの方法で評価した。
[ 2012/01/24(火) ] カテゴリ: 放射線,放射性物質の勉強 | CM(4)

【前篇】放射性セシウムと放射性カリウムの人体影響は同じレベル(内部被ばく)

[ 2012/01/21 (土) ]
 放射性セシウム(Cs137、Cs134)による内部被ばくについて、自然放射線のカリウムK40による内部被ばくと比較した説明が、田崎晴明 学習院大学 教授の放射線と原子力発電所事故についてのできるだけ短くてわかりやすくて正確な解説にありますので、勉強しておきます。(このサイトには沢山お世話になっています。)
 なお、ブログ主の理解の道筋に沿って記載したので、オリジナル資料の順序とは異なっている部分があります。

目次
[ 2012/01/21(土) ] カテゴリ: 放射線,放射性物質の勉強 | CM(2)

(リンク)【前篇】放射性セシウムと放射性カリウムの人体影響は同じレベル(内部被ばく)

[ 2012/01/21 (土) ]
別カテゴリーに収録しているので、記事へのリンクのみを記載。
[ 2012/01/21(土) ] カテゴリ: 自然放射線の勉強 | CM(0)

土壌汚染、放射性物質(セシウムCs)の環境中の挙動などに関するリンク集

[ 2012/01/18 (水) ]
適宜、追記しています。


 素人が、たまたま巡り合ったり、エントリーで引用した情報をメモしているものです。

(オリジナル情報の日付けとして、新しい順)
[ 2012/01/18(水) ] カテゴリ: 放射性物質の環境中の挙動 | CM(0)

放射性セシウムの環境中での挙動、判りやすい資料

[ 2012/01/17 (火) ]
 残念な事ではあるが、放射性セシウムCsとは、今後、長く付き合わなくてはならない。
 今回、こちらのブログ記事により、下記の資料に巡り合った。
 放射性セシウムの環境中での挙動、農作物への影響、土壌中の放射性物質の対策の考え方、放射性物質汚染土壌の除去と課題、などの内容で、素人のブログ主にとって判り易く、かつ、全貌を網羅した素晴らしい資料であった。
 ●放射性物質の土壌中での挙動及び農作物への影響:対策の整理と課題(1月9日版)
 (独)産業技術総合研究所 地質分野 地圏資源環境研究部門 地圏環境リスクGの保高徹生さんがご自身のサイトで公開している資料である。

 内容の項目の紹介とごく一部の引用をさせて頂く。詳細は原文を参照頂きたい。
[ 2012/01/17(火) ] カテゴリ: 放射性物質の環境中の挙動 | CM(0)

新基準値どおりに汚染された食品を摂取した場合、一日に何ベクレルか?

[ 2012/01/14 (土) ]
 食品のセシウムの新基準値の資料に、新基準値の食品を摂取し続けた場合の被ばく線量が年齢層ごとに示されていた。*1既エントリーに掲載
 では、この場合、一日に何ベクレルを摂取する事になっているのか?計算してみる。
 まあ、数字のお遊びです。
[ 2012/01/14(土) ] カテゴリ: 基準値,規制値,測定値な | CM(0)

(自分用メモ)脳内報酬系、A10神経系、ドーパミン、エンドルフィン

[ 2012/01/14 (土) ]
この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力
[ 2012/01/14(土) ] カテゴリ: 生物・医学の基礎 | CM(-)

(自分用メモ)細胞の基本構造

[ 2012/01/14 (土) ]
この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力
[ 2012/01/14(土) ] カテゴリ: 生物・医学の基礎 | CM(-)

(自分用メモ)腸内細菌と健康

[ 2012/01/13 (金) ]
この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力
[ 2012/01/13(金) ] カテゴリ: 生物・医学の基礎 | CM(-)

(自分用メモ)失われてゆく、我々の内なる細菌

[ 2012/01/13 (金) ]
この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力
[ 2012/01/13(金) ] カテゴリ: 生物・医学の基礎 | CM(-)

(自分用メモ)免疫が挑むがんと難病 現代免疫物語beyond

[ 2012/01/12 (木) ]
この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力
[ 2012/01/12(木) ] カテゴリ: 生物・医学の基礎 | CM(-)

“放射線ゼロリスクの追及”を止めないと復興・復旧が進まない、皆が幸せに暮せない

[ 2012/01/11 (水) ]
 適宜、追記しています。最新は2012/5/23


 震災から10ヶ月経過しました。復興どころではなく復旧さえも期待したより進んでいない気がします。色々な理由・原因があるのでしょうが、その一つとして“放射線ゼロリスクの追及”を懸念した情報をいくつか、アーカイブさせていただきます。

1.ラジオ福島「大和田新のラヂオ長屋」で紹介された福島県立医大 長谷川有史助教の放射能リスクの考え方~科学と哲学の狭間で~(日本医事新報10月22日号「福島リポート」より)
                   (Kさんから教えていただきました。)
 【全文引用】 (太字はブログ主による。)
[ 2012/01/11(水) ] カテゴリ: ゼロリスク,デマ,風評,不信専門家 | CM(8)

(自分用メモ)免疫の意味論 多田富雄

[ 2012/01/10 (火) ]
この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力
[ 2012/01/10(火) ] カテゴリ: 生物・医学の基礎 | CM(-)

(自分用メモ)ワクチン関係

[ 2012/01/10 (火) ]
この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力
[ 2012/01/10(火) ] カテゴリ: 生物・医学の基礎 | CM(-)

(自分用メモ)がんの生物学についての基礎知識

[ 2012/01/10 (火) ]
この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力
[ 2012/01/10(火) ] カテゴリ: 生物・医学の基礎 | CM(-)

トンデル論文の概要とバスビー教授の恣意的な誤用、判りやすい解説

[ 2012/01/09 (月) ]
 (財)ルイ・パストゥール医学研究センター 分子免疫研究所 藤田哲也所長がトンデル論文の概要とバスビー教授らがそれを恣意的に誤用した事について、判り易く解説されているので、アーカイブさせていただきます。


【 6~7ページの当該部分を引用】 (改行と太字はブログ主が加工)
[ 2012/01/09(月) ] カテゴリ: 怪しい放射線論文 | CM(0)

がれきの広域処理に反対している方に、ぜひ、見て頂きたい動画

[ 2012/01/06 (金) ]
【追記】
●【改01】震災がれき(瓦礫)の広域処理、計画と実績、皆さんの意見
がれき関連エントリーへのリンクも上記にまとめてあります。)


 東京都が12/27に公開したものです。

1.宮城県女川町の震災瓦礫(がれき)の窮状、手作業による選別、放射線確認の様子などを纏めた3分間の動画
[ 2012/01/06(金) ] カテゴリ: 瓦礫(がれき)の処理 | CM(1)

被災地瓦礫(がれき)の焼却処理で、放射性セシウムが煙突から拡散するか?

[ 2012/01/04 (水) ]
 広域焼却処理する災害廃棄物や、福島県内で処理する放射性物質を含む廃棄物を焼却した時に、放射性セシウムが煙突からばら撒かれ汚染が広まるという不安を持たれていたり、広域焼却処理の反対運動の理由にしたりしているので、調べてみました。
[ 2012/01/04(水) ] カテゴリ: 瓦礫(がれき)の処理 | CM(7)

放射線線量計あれこれ(測定器種類・検出下限値・測定(計測)時間など)

[ 2012/01/01 (日) ]
最新追記があります。2012/11/21


 色々なサイトからの情報です。(気が付いた時にメモしたのが、溜まったので)
 ガイガーカウンターNaI(Tl)シンチレーションスペクトロメータNaI(Tl)シンチレーションサーベイメータの検出下限値・測定時間、ゲルマニウム半導体検出器の検出下限値・測定時間、などの概略情報ですが、食品の放射能測定などについて結構なまとまり情報になりました。
[ 2012/01/01(日) ] カテゴリ: 基準値,規制値,測定値な | CM(0)
このブログについて
管理人 icchou から簡単な説明です 更新,追記の通知はTwitter
カテゴリ
最新記事
ブログ内検索