ポストさんてん日記

放射線・エネルギー・環境・化学物質・食品などの情報をアーカイブとして整理すると同時に、徒然につぶやいています。 リンクはご自由に。
月別アーカイブ  [ 2011年09月 ] 

≪ 前月 |  2011年09月  | 翌月 ≫

埼玉県及び千葉県の航空機モニタリングの測定結果

[ 2011/09/30 (金) ]
 文部科学省から9/29に発表された資料(汚染マップ)と関連記事、群馬大早川教授の関連エントリー『汚染ルートとタイミング(改訂)』をアーカイブします。

1.文部科学省9/29発表の「文部科学省による埼玉県及び千葉県の航空機モニタリングの測定結果について
 これまでに航空機モニタリングを実施していない埼玉県,千葉県で実施した航空機モニタリングによる汚染マップである。
 pdfファイルのなかに、以下のマップがある。
[ 2011/09/30(金) ] カテゴリ: 放射線汚染マップなど | CM(0)

航空機モニタリング結果(汚染マップ)でのチェルノブイリ汚染区域(ゾーン)との比較

[ 2011/09/30 (金) ]
 文科省が航空機モニタリング結果汚染マップ)を発表している。
 今までの結果のメディア報道に、“チェルノブイリの基準と比べて云々”の表現が良く出てきているので、調べて見た。
 おまけ的な情報として、“ベラルーシの食品中のセシウム137基準の経緯”もあります。

 “チェルノブイリの基準”の出所は、今中哲二 京大准教授の文献らしい。
 ●資料1ベラルーシにおける法的取り組みと影響研究の概要
 ●資料2チェルノブイリ原発事故から11年
 関連資料として
 ●資料3ICRP Publication 111 日本語版ドラフト(JRIA暫定翻訳版)「原子力事故又は放射線緊急事態後における長期汚染地域に居住する人々の防護に対する委員会勧告の適用(仮題)」
 ●資料4チェルノブイリ20年:事故の経過、汚染、被曝、影響(今中哲二)

 以下に関連する情報をピックアップした。(資料2、資料3、資料4との記載以外の部分は、資料1による)
[ 2011/09/30(金) ] カテゴリ: 放射線汚染マップなど | CM(0)

群馬県の航空機モニタリングの測定結果

[ 2011/09/28 (水) ]
 文部科学省から9/27に発表された資料(汚染マップ)と関連記事をアーカイブします。

1.文部科学省9/27発表の「文部科学省及び群馬県による航空機モニタリングの測定結果について
 これまでに航空機モニタリングを実施していない群馬県で実施した航空機モニタリングによる汚染マップである。
 pdfファイルのなかに、以下のマップがある。
[ 2011/09/28(水) ] カテゴリ: 放射線汚染マップなど | CM(0)

【風評被害01】科学的根拠で判断を 原発の風評被害

[ 2011/09/27 (火) ]
 タイトルは東京新聞9/25の記事の見出しですが、良い記事だと思いました。産経の記事との比較、風評被害についての勉強など、まとめてみました。

1.東京新聞 「核心」 9/25 科学的根拠で判断を 原発の風評被害

 福島第一原発事故は、人や物への直接被害にとどまらず、農水産物や観光業など幅広い風評被害をもたらしている。愛知県日進市では18日、市民の抗議を理由に、福島県産の花火の打ち上げを取りやめる事態が起きた。
 1954年の「第五福竜丸」事件から見られるようになったとされる風評被害。どう受け止めればいいか。(豊田雄二郎、中崎裕、坪井千隼)
[ 2011/09/27(火) ] カテゴリ: ゼロリスク,デマ,風評,不信専門家 | CM(0)

LNT仮説の歴史的経緯

[ 2011/09/24 (土) ]
 たまたま、下記の文献に巡り合った。
 放射線被ばくの説明の知恵「しきい値なし直線仮説」LNT:Linear No threshold Theoryを検証する 輪嶋隆博 北海道医療大学歯科内科クリニック放射線部 発表:2007年4月、掲載:2008年11月
 輪嶋隆博さんで検索してみると、ホルミシス効果仮説が良く出てくる事、この文献が内部被ばくに関して全く言及がなく外部被ばくのみを念頭に記述されている事、などの特質を踏まえた上でも、“なるほど”と思う内容が多かった。
 特に下記の部分はあらためて勉強になった。

【当該部分のみ引用】

1-2 放射線リスクの考え方の歴史的経緯-LNTの概念の登場と基本理念の変遷

 放射線リスクの問題をあらためて考えるためにも、現在に至るまで放射線リスク問題がどのように捉えられてきたのか、変遷の概要を知ることは重要である。
[ 2011/09/24(土) ] カテゴリ: 放射線,放射性物質の勉強 | CM(0)

週刊誌との付き合い方――放射能の人体への影響を読む

[ 2011/09/22 (木) ]
 適宜、追記しています。


 興味深い記事だったので、アーカイブしました。(雑談のネタとしても)
 SYNODOS JOURNAL(シノドスジャーナル) 9/21 週刊誌との付き合い方――放射能の人体への影響を読む 佐野和美

 (ごく一部を抜粋)

 現時点での傾向を主観的に「煽り雑誌/煽らない雑誌」に区分けしてみると、煽り雑誌の筆頭週刊現代、それから週刊文春とつづき、煽らない記事も載せるサンデー毎日週刊朝日、中庸のAERAを挟んで、煽らない雑誌の筆頭週刊ポスト週刊新潮である。

 時系列を追って週刊誌をみていくと、煽り雑誌に分類されるものでは、徐々に取材対象が狭まり登場する専門家の名前が固定化していくのがわかる。登場する専門家の固定は、読者が雑誌の信頼度を判断する重要なファクターとなるかもしれない。

 科学的に不正確な情報を引用し、過度に危険を煽る記事を掲載することが、週刊誌同士の対立構造を明確化して売り上げにつなげるための販売戦略のひとつだとすれば、猛省を切に願う。

 次世代の命にまで関わるような重要な選択が読者の側に委ねられているいまだからこそ、「記事の信頼度を高めることが、メディア側の倫理として相応しい」という流れが生まれることに期待する。情報を利用する読者の側も、つねに内容を吟味する慎重さをもつ必要がある。

 脱原発を押し進めるために、遺伝子変異や奇形のリスクを過剰に煽ることは、大きな差別を生む恐れがあることを忘れてはならない。


【追記】
●本ブログ 2012/03/01 週刊文春 郡山4歳児と7歳児に「甲状腺がん」の疑い のデマ記事のまとめ

【追記】
 タイトルから少し外れますが、“なるほど”情報です。
●「アゴラ」2012/1/9 週刊現代暴走の背景 山口巌
[ 2011/09/22(木) ] カテゴリ: ゼロリスク,デマ,風評,不信専門家 | CM(0)

記事から図が消えた、トラックバック、など

[ 2011/09/21 (水) ]
記録として、何をやったのか他のメモです。FC2限定の項目もあります。

1.トラックバックはあまり行われないのかな?
 他の方のブログ記事にリンクされる(被リンク)時にトラックバックされるケースは少ない。それが一般的なのかな?リンクされる事は嬉しいが。
 被リンクからの訪問である事は、アクセス解析などを注意して見れば何となく判るので、“まあ、いいや”とも思うが、個人的にはトラックバックして頂いた方が嬉しい。

 こちらがリンクを貼る時はトラックバックをしてます。
 ただし、古い記事に他の方の新しい記事のリンクを貼る時は、その都度判断。本ブログは情報アーカイブを主眼にしているので、古い記事に“こんな関連情報もありました”と追記でリンクを貼る事もある。その様な時には“作為的に誘導している様で失礼にあたるのでは”と思い、トラックバックしない事もある。それと、メジャー(だと思う)ブログにこちらが単に情報アーカイブとしてリンクを貼る時も。
[ 2011/09/21(水) ] カテゴリ: PC,ブログ,Twitterの勉強 | CM(0)

LNT仮説ほか、放射線の“確率的影響”を巡る諸説のまとめメモ

[ 2011/09/18 (日) ]
 不定期に加筆しています。最新部分のみ赤字で明記しています。


 【既エントリーから引用】

 がん・白血病や遺伝性影響といった確率的影響(数年後に100人中がんになる人が何人増える、といった影響)も100 mSv *1以上では、線量とともにリスクが上昇することが判っている。確率的影響のなかで最も早く現れるのは白血病である。
 しかし、100 mSv *1以下の低線量被ばくでは、確率的影響がふえる証拠は疫学的・統計的に得られていない。100 mSv*1以下の低線量被ばく影響(リスク)では“異なる仮説”がある。
 なお、遺伝的影響については、動物実験ではみられているものの、ヒトでは確認されていない。

 *1:125 mSvとする資料や、100 mSv~150 mSvとする資料もある。

 この“異なる仮説”について、あまりにも様々な情報があり、個人的にも一度整理したかったので、メモ的にまとめてみた。
 素人のまとめなので、誤りや不適切表現などもあるかと思います。

 “仮説”であるので、当然ながら反論もある。
 実は、反論のうち一次資料(原論文)がきちんとしたものや二次資料でも一次資料(原論文)をベースにしたものを集めてみようと思ったのだが、反論の反論があったり、内容が咀嚼できなかったりで、素人には手が余る事が直ぐに判った。また、つたない検索技では引っかからない情報も多いと思った。
 結局、“反論の例(参考)”として出典なしで記載する事にした次第である。 なお、他の仮説からの反論は記載していない。

【目次】
1.LNT仮説
2.ある線量以下では影響はでない、とする仮説【しきい値説】
3.ホルミシス効果仮説
4.ECRRの主張、【二事象理論とTondel論文による仮説】
5.ICRPか?ECRRか?
6.分子生物学の研究からの説明
7.発がんの生涯リスクには被ばく時の年齢が大きく影響することが明らか
8.低線量被ばくのリスク管理に関するワーキンググループ報告書
9.食品安全委員会の主張
10.労働安全衛生法の規制値を適用とする主張
11.その他の情報(2012/9/1追記)
12.仮説に対する直接説明ではないのですが、“なるほど”と思った情報
13.煽り系情報に対する的確な反論例
14.個人的な専門家評価、私的な中間整理
[ 2011/09/18(日) ] カテゴリ: 放射線,放射性物質の勉強 | CM(6)

よつば保育園の除染結果報告(南相馬市での除染活動)、農地土壌の除染

[ 2011/09/16 (金) ]
 除染活動が紹介されています。頭が下がる思いです。感謝の気持ちを込めて引用させて頂きます。関連情報として、農水省が発表した農地土壌の除染技術評価、ヒマワリに効果がない事、林での放射性セシウムの分布など、を下の方に記載。

 医療ガバナンス学会(MRIC)9/14のエントリーVol.269 よつば保育園の除染結果報告(南相馬除染研究会 坪倉正治 *1
*1(ブログ主注)南相馬市立総合病院の非常勤医で、東京大学医科学研究所 先端医療社会コミュニケーションシステム社会連携研究部門研究員

【全文引用】
[ 2011/09/16(金) ] カテゴリ: 今では古い陳腐化情報 | CM(0)

IAEAに追加報告した“28の教訓”への対応、取り組み姿勢の後退も?

[ 2011/09/14 (水) ]
 9月11日、政府はIAEAへの2回目の報告書をまとめた。

【経緯】
 6月7日 政府の原子力災害対策本部が、福島原発事故の報告書をまとめ、国際原子力機関(IAEA)に報告した。 当ブログでは『28項目の事故の教訓』に注目した。(既エントリー

 その時点で、大きな問題点が三つあった。
1.この報告書自体の確からしさ、の検証が必要である。本来は「事故調査・検証委員会」できちんと原因を分析しないと“教訓”など出てこない筈のものだ。
2.事故原因を「地震による大きな損壊は確認されていない」としている為、耐震性・耐震基準に関する項目がない。ほんとにそうか?
3.設置から40年以上経過した原子炉本体の老朽化、設計の古さに関する項目がない。

【今回の内容について】
 今回の2回目の報告のⅥ.教訓(28項目)への取組みを見ると、上記の問題点を残したまま対応を進めている結果として、“本質から外れた単なる応急対策の中間報告”としか見ることができないレベルのものだ。 下記リストでそれが良く判る。 IAEAの総会で説明するとの事だが、恥ずかしい内容だと思う。 “教訓”などではなく“応急対策です”とはっきり言った方が良い。

 “項目”と“内容”の下の幅広スペースへの記載が、“今回の報告内容”すなわち“対応状況”である。“内容”の部分は初回報告の抜粋であるが、“今回の報告内容”でズレが生じている部分もあり、取り組み姿勢の後退も感じる。(下の方に記述)
[ 2011/09/14(水) ] カテゴリ: 原発に直接に関する事 | CM(0)

山形県、福島県西部の航空機モニタリングの測定結果

[ 2011/09/13 (火) ]
 文部科学省から9/8、9/12に発表された資料(汚染マップ)と関連記事、および、群馬大早川教授作成による2011.9.11付け四訂版をアーカイブします。

1.文部科学省9/8発表の「文部科学省及び山形県による航空機モニタリングの測定結果について
 山形県からの要請で実施した航空機モニタリングによる汚染マップである。
 pdfファイルのなかに、以下のマップがある。
[ 2011/09/13(火) ] カテゴリ: 放射線汚染マップなど | CM(0)

6ヶ月

[ 2011/09/11 (日) ]
 6ヶ月 

 どの数字も、限りなく重い 赤字が前回からの変更箇所)
死者
(9/9現在)
1万5,960人  内、約1,200体が身元不明
内,消防職員23人、消防団234人、警察官25人
東日本大震災の地域別被害状況(8/29更新)
男女・年齢別死者数(6/27収録)
行方不明者
(9/9現在)
4,004人
内,消防職員4人、消防団19人、警察官5人
避難者
(8/25現在)
約8万3,000人(3/14最大:約46万9,000人)
  避難所(公民館・学校等)       :6,819人
  旅館・ホテル              :10,814人
  親族・知人等              :20,407人 
  住宅等(公営・仮設・民間・病院含む):44,905人
以上はhttp://www.reconstruction.go.jp/topics/110831hinansya.pdf
東日本大震災の被害者数(8/25更新)
警戒区域の人口9市町村:約7万8,000人 、約2万7,000世帯
双葉町:2.393世帯、大熊町:3,955世帯、富岡町:6,141世帯、
南相馬市:4,063世帯、田村市:201世帯、楢葉町:2,573世帯、
浪江町:6,722世帯、葛尾村:80世帯、川内村:373世帯
計画的避難準備区域
の人口
約1万人 、約3,000世帯
飯舘村の全域(約6,200人、約1,700世帯)
川俣町の一部(約1,200人、約300世帯)
20キロ圏内をのぞく浪江町(約1,500人、約500世帯)
葛尾村の全域(約1,600人、約500世帯)
南相馬市の(飯舘村と浪江町に隣接する)森林地区(10人、
7世帯)
緊急時避難準備区域
の 避難者/対象者
南相馬市: 2万人/4万6,000人 (8/1で)
田村市: 1,993人/  4,117人 (7/31で)
川内村: 2,479人/  2,675人 (8/9で)
楢葉町:   59人/    59人 (8/9で)
広野町: 5,211人/  5,519人 (8/9で)
特定避難勧奨地点
(8/13)
伊達市:   113世帯
南相馬市:131世帯
川内村:       1世帯
被災3県の
仮設住宅
(9/2)
完成:約4万8,000戸  完成率:92%
 福島県:13,578戸2,559戸が未完成、
  (県内257ヶ所で3,901人が避難生活)
 宮城県:20,764戸1,278戸が未完成、
  (県内115ヶ所で2,698人が避難生活)
 岩手県:目標13,983戸を完成
  (避難所閉鎖、親類宅などに2,370人が避難生活)、
全て完成は9月中。
入居率は福島が75%、宮城が83%、岩手が92%、と、空室も。
遠い・不便など使い勝手の悪い仮設住宅よりも民間賃貸住宅
の借上げによる「みなし仮設」の方に人気が集まっている
ことにもよる。
被災3県の
がれきの撤去
(仮置場への移動)
8月末で、岩手71%、宮城48%、福島39%
(発生総量:2,263万トン)
被災地のがれき量(6/23収録)
津波による市区町村別浸水域面積(4/27収録)
被災者に渡った
義援金
1,960億円 (61%)  総額:3,207億円
被災3県の失業者
3/12~8/21
15万3,173人(昨年同期より7万人増)
宮城:6万6,567人、福島:5万4,285人、岩手:3万2,321人。
福島県
小中学生の転校
7/15で1万4,000人  (16万5,000人中)
県外:7,672人(7/15まで) +1,081人(7/15以降)
県内:4,575人(7/15まで)+755人(7/15以降)


 感謝を忘れません  赤字が前回からの変更箇所)
自衛隊9/5で560人規模  8/31で、延べ 1,063万人
最大:10万7000人体制 、被災者への給食支援:約500万食 、
入浴支援は約109万人
8/31で大規模災害派遣命令を終了。福島県の入浴支援・原子
力災害に係る除染支援等は東北方面総監が継続。

災害派遣統合部隊は7/1に任務 完了、 その後は陸上
自衛隊が 主体で。
全国から被災3県
へ特別派遣された
警察官
9/9で約2,300人 8/26で延べ約61万人
最大:4,900人体制
ボランティア
(被災3県)
述べ72万2,800人
グラフで見るボランティア8/4
義援金9/2で3,207億円  日赤など4団体で
医療関係者PACT(日本プライマリ・ケアー連合会東日本大震災支援PJT)
http://www.pcat.or.jp/
DMATの活動として、3月11~22日までの間、47都道府県から
約340チーム、約1500人(暫定値)が岩手県、宮城県、福島県、
茨城県に派遣され、活動を行った。
(DMAT(Disaster Medical Assistance Team)は、厚労省と
国立病院機構が設立した、災害の 急性期に活動できるよう、
トレーニングを受けた医療チームのこと。)
その他書ききれない事実や巡り合えない情報もあるかと。
全国から6県(青森,
岩手, 宮城,福島,
茨城, 千葉) に派遣
された 地方公務員
7/1で延べ5万6,923人、7/1当日:2,460人
 宮城県内:3万295人、岩手県内:1万4,996人、福島県内:9,991人など
(警察・消防を除く)
救助や消火作業に
携わった緊急消防援助隊
延べ10万4,000人
44都道府県から被災地に駆けつけ、 6/6で活動終了
トモダチ作戦最大人員  約1万8,000人
艦船約15隻、航空機約140機、4/30に終了
水道(断水)4万8,000戸  (内,4万7,000戸は家屋流出地域)
最大:230万戸
電気(停電)ほぼ復旧(福島第一20キロ 圏内の11万戸は手つかず)
最大
 東北電力管内:466万戸
 東京電力管内:405万戸
都市ガスほぼ復旧
最大:40万戸

【大震災から●ヶ月エントリーのリスト】
[ 2011/09/11(日) ] カテゴリ: その他の震災関連 | CM(0)

放射性物質を含んだ土の「中間」貯蔵などありえない

[ 2011/09/10 (土) ]
 タイトルは、ご自身も川内村の被災者である「たくき よしみつ氏」の9月9日のエントリーです。
 大変重要な発信だと思いました。
 以下、原意を損なわないと思う範囲で部分的に引用しましたが、できれば下記リンクの原文をお読みください

ブログ「阿武隈(原発30km圏内生活)裏日記」の9月9日のエントリー放射性物質を含んだ土の「中間」貯蔵などありえない

【部分的に引用】

「中間貯蔵施設」という欺瞞
(中略)
[ 2011/09/10(土) ] カテゴリ: 今では古い陳腐化情報 | CM(0)

第2ドイツテレビ(ZDF)の放送内容について~取材の実際について~

[ 2011/09/09 (金) ]
 タイトルは、ブログ「がんばります福島県農業!二本松農園ブログ」の9月3日のエントリーそのまんまです。
 WEB上で話題になっていた様なのでアーカイブしました。動画へのリンクも入っています。

第2ドイツテレビ(ZDF)の放送内容について~取材の実際について~

 取材対象者への事実確認した結果など、次の2点を報告している。
●動画の中に出てくる“市民放射能測定所”の職員で取材を受けた方が、「事実と違う」ということで、ZDFに対して抗議メールを発しています。
●動画の中でネギ、ジャガイモの検査依頼をした本宮市在住の大沢さん(61才)については、専業農家ではなく、主に農業資材の販売をされている方というところまでは分かったのですが、ご本人に直接お会いすることはできませんでした。

【つぶやき】
 国内外を問わず、メディアは“自社の主張に合うように編集する”という事実である。
[ 2011/09/09(金) ] カテゴリ: ゼロリスク,デマ,風評,不信専門家 | CM(0)

【原子力ムラ05】高い電気料金、主犯は経産省と“いびつな電力事情”、劣化のひどい読売新聞

[ 2011/09/08 (木) ]
 電気料金に関する記事2つから始めて、“いびつな電力事情”、“劣化のひどい読売新聞”について。

1.毎日jp 9/7 東京電力:経営調査委、料金構造の見直し表明「コストに無駄」

【全文引用】
[ 2011/09/08(木) ] カテゴリ: 東電問題,原子力ムラに関す | CM(2)

文科省が、食品安全委員会に悲痛な質問状

[ 2011/09/04 (日) ]
サイト「FOOCOM.NET」の9/1の松永和紀さんによるエントリー 文科省が、食品安全委員会に悲痛な質問状

【つぶやき】

 非常に興味深い事実と解説である。
 1回読んだだけでは、良くわからなかったので、ブログ主の感覚で、赤字・強調等を付けた。 
 食品安全委員会(*1)が出した評価書案に対して、文科省食品安全委員会(*1)に対して、内容の照会をしている、という事である。(役所から役所への照会が表沙汰になるのは珍しい、との事)
[ 2011/09/04(日) ] カテゴリ: 今では古い陳腐化情報 | CM(0)

放射性セシウム汚染、初の包括調査、放射性セシウムの土壌濃度マップ、農地土壌の放射性物質濃度分布図、航空機モニタリングマップ

[ 2011/09/01 (木) ]
8/30、8/31に発表された、タイトルの資料について、記事マップをアーカイブします。

1. ウォール・ストリート・ジャーナル2011年 8月 31日 福島原発周辺の広い地域に放射性セシウム汚染-初の包括調査

【全文引用】(タイトル以外の情報もあるため)
[ 2011/09/01(木) ] カテゴリ: 放射線汚染マップなど | CM(2)
このブログについて
管理人 icchou から簡単な説明です 更新,追記の通知はTwitter
カテゴリ
最新記事
ブログ内検索