ポストさんてん日記

放射線・エネルギー・環境・化学物質・食品などの情報をアーカイブとして整理すると同時に、徒然につぶやいています。 リンクはご自由に。

1 Sv、100 mSvの被ばくで、がんによる死亡者数は何人?(統計学の勉強)

[ 2011/08/28 (日) ]
『被ばく量と人体への影響』における確率的影響のLNT仮説(LNTモデル、閾値なし線形モデル、比例説)では、“がんによる死亡者数は100 mSvで0.5%増加するとされる”既エントリー
 では、具体的に何人ふえるのか?メディア記事やWeb上には色々な情報があるが、いまいち、どれが本当なのかよく判らない。 まずは正しく知る事が大切だ。

 そこで、調べてみた。めぐり合えた情報は、サイト『我楽多頓陳館--雑学と統計学の館』の『第4展示室 雑学の部屋』の『雑学コーナー』の『放射線による発がん――データ解析屋的解説』である。2011年4月22日更新との記載がある。

 広島、長崎の被爆者の方々の疫学調査(原爆被爆者寿命調査:LSS:Life Span Study)から得られたデータからスタートして、統計学的な解説を加えて、十数ページの最後の『補足のページ』に“ほしい結論”があった。相対リスク、過剰死亡数、寄与リスクと絶対リスク、被曝量と死亡率の用量反応解析、致死リスク係数、などの単語がでてきて、とても全てを理解できた訳ではないが、なんとか“ほしい結論”を読む事ができた。
[ 2011/08/28(日) ] カテゴリ: 放射線,放射性物質の勉強 | CM(0)
このブログについて
管理人 icchou から簡単な説明です 更新,追記の通知はTwitter
カテゴリ
最新記事
ブログ内検索