ポストさんてん日記

放射線・エネルギー・環境・化学物質・食品などの情報をアーカイブとして整理すると同時に、徒然につぶやいています。 リンクはご自由に。
カテゴリー  [ 栄養学?や基礎的な事 ]

脂質の基礎から善玉・悪玉コレステロールまで

[ 2017/09/25 (月) ]
栄養素の消化・吸収・代謝の基礎に続き、脂質の基礎から善玉・悪玉コレステロール辺りのところを勉強しましたので、そのノートをまとめてみます。生物学などの基礎的素養がない素人のノートなので誤りがあるかも知れません。
ちなみに、人体の構成要素の割合は
  1. 水分           :50~70%
  2. タンパク質  :15~20%
  3. 脂質           :13~20%
  4. ミネラル分  :5~6%
  5. 糖質           :1%

目次

1.理解のための基礎知識
  脂質は3栄養素のひとつ
  脂肪酸、中性脂肪(トリグリセリド、トリアシルグリセロール
  コレステロール
2.脂質は水に溶けないのでリポタンパク質(というキャリアー)に取り込まれて体内を移動する
  リポタンパク質は4つに大別される。
  コレステロールを運ぶリポ蛋白は2種類
3.悪玉コレステロールと善玉コレステロール。なぜ、配達は悪玉、回収は善玉と呼ばれているのか?
  マクロファージと動脈硬化
  HDLはコレステロールを全身の臓器から回収して肝臓に運ぶ
4.悪玉中の悪玉、sdLDL(small dense LDL)ってなに?
5.関連エントリー
[ 2017/09/25(月) ] カテゴリ: 栄養学?や基礎的な事 | CM(0)

栄養素の消化・吸収・代謝の基礎

[ 2017/09/19 (火) ]
食べた栄養素がどのように消化・吸収され、さらには代謝されるのか?基礎的なところを勉強しましたので、そのノートをまとめてみます。生物学などの基礎的素養がない素人のノートなので誤りがあるかも知れません。
ちなみに、人体の構成要素の割合は
  1. 水分           :50~70%
  2. タンパク質  :15~20%
  3. 脂質           :13~20%
  4. ミネラル分  :5~6%
  5. 糖質           :1%

目次

1.消化・吸収・代謝の全体像
2.各栄養素毎に見ると
3.体の各細胞におけるエネルギー代謝
4.脂肪を燃焼させるには
5.関連エントリー
[ 2017/09/19(火) ] カテゴリ: 栄養学?や基礎的な事 | CM(0)

『炭水化物』は、糖類、糖質、食物繊維。おまけで人工甘味料、お酒のカロリー

[ 2017/04/18 (火) ]
糖質ゼロとか○%カット、などという言葉をよく聞くので基礎的なところを勉強してみました。
少々纏まりがなく、最後は人工甘味料、お酒のカロリーまでの込み入った話になってしまいました。

目次

1.一回り全体のお話
2.『炭水化物』は、糖類、糖質、食物繊維
3.健康増進法に基づく栄養表示基準制度
4.スポーツに欠かせないバナナ
5.アルコールはエンプティカロリーだから太らないって本当?
6.関連エントリー

1.一回り全体のお話
[ 2017/04/18(火) ] カテゴリ: 栄養学?や基礎的な事 | CM(0)

(リンク)誤解を生む“遺伝毒性”という言葉、リスクコミュニケーションの障害

[ 2014/10/20 (月) ]
他のカテゴリーに掲載していますので、記事へのリンクのみを記載。
[ 2014/10/20(月) ] カテゴリ: 栄養学?や基礎的な事 | CM(0)

(リンク)リスク比較図表のいろいろ

[ 2013/02/05 (火) ]
カテゴリーを変更しましたので、記事へのリンクのみを記載。
[ 2013/02/05(火) ] カテゴリ: 栄養学?や基礎的な事 | CM(0)

(リンク)IARCの発がん性評価ランク

[ 2013/02/05 (火) ]
カテゴリーを変更しましたので、記事へのリンクのみを記載。
[ 2013/02/05(火) ] カテゴリ: 栄養学?や基礎的な事 | CM(0)

植物性食品に含まれる天然の発がん性物質

[ 2013/02/05 (火) ]
既エントリーから切り出して単独にしました)

植物性食品に含まれる発がん性物質

植物性食品に含まれる発がん性物質01
われわれが普段食べているすべての野菜、果物には発がん性物質が入っているということなんですね。
これは、よく使われているデータなんですが、1990年に、プロナス、米国科学アカデミー紀要というアメリカで最も権威ある科学雑誌の1つに、エームスという方、この方は、食の安全に関して神様みたいな人ですが、その人とゴールドさんという人が、発表されたデータです。
メトキシソラレンというのは、国際ガン研究機関による発がん性の強さの区分で2Aだったかな、発がんの可能性がかなり高いですよというものです。これは可能性の話であって、普段食べている濃度で発がん性を示すかどうかは別問題です。可能性の話です。

出典:「食品添加物」あんぜん?きけん?梅津博紀 岐阜聖徳学園大学教授

植物性食品に含まれる発がん性物質02

ブルース・エームス博士(Bruce N. Ames)
・すべての野菜、果物は天然の農薬(化学物質)を含む
・うち52種類を調べたところ、27種類に発ガン性があった
・この27種類はほとんどの食品に含まれていた
・米国人は平均毎日1.5グラムの天然農薬を食べている
・その量は残留農薬基準の10,000倍以上
・すなわち野菜、果物が含む農薬の99.99%は天然のもの
・残った0.01%の合成農薬を恐れて、無農薬を選ぶのか?

植物性食品に含まれる発がん性物質03

出典:内閣府食品安全委員会専門委員、東京大学名誉教授 唐木英明氏(食品安全フォーラム in とやま 2010/8/26)

【参考】
知識があればこわくない!天然毒素(農林水産省)

食品とは

  • 人間が生きるための栄養やエネルギー源としてきた、食べても直ちに有害な影響が出ないことが分かっているだけの未知の化学物質のかたまり
  • 長期の安全性を科学的な手法で確認できているものではない。

食べ物にはリスクもある一方でベネフィットもある訳で、結局は、
一部の食品を忌避したり過度に摂取するのではなく、バランスのとれた食生活が重要
となる訳です。

化学物質に関連するお話で、“危ない系”の情報だけをピックアップすると、例えば『野菜のリスクは高いのだから食べるのは止めた方が良い』といった極端なお話になる懸念もありますので、最後に、念のための引用です。
日常食べている天然由来食品にはこんなに健康効果のある成分が含まれているんですね。

【野菜類】野菜類

【果物など】果物など

【動物性食品】動物性食品

【魚類】
米国(魚をあまり食べない)のデータを使えば、魚を1日20g余計に食べることにより、冠動脈性心疾患の死亡者数を 年間10万人につき約100人減少する。
EPA(エイコサペンタエン酸)、DHA(ドコサヘキサエン酸)は特に、いわし、まぐろなどの脂質に多く含まれる脂肪酸の一種。血栓を防ぐとともに血中のLDL(悪玉)コレステロール値を低下させ、脳梗塞、心筋梗塞などの血管障害を予防するほか、アレルギー反応を抑制する作用などがある。
さらに、DHAは、脳神経系に高濃度で分布し、情報の伝達をスムーズにするほか、脳の発育や視力の向上に関与してる。

【メモ】
野菜にも毒がある!「青いトマト」の毒の合成遺伝子を発見!ジャガイモ毒抑制にも応用(サイエンスジャーナル 2016/4/28)
[ 2013/02/05(火) ] カテゴリ: 栄養学?や基礎的な事 | CM(0)

(リンク)半数致死量(LD50:50% Lethal Dose)

[ 2013/02/05 (火) ]
カテゴリーを変更しましたので、記事へのリンクのみを記載。
[ 2013/02/05(火) ] カテゴリ: 栄養学?や基礎的な事 | CM(0)

(リンク)人の発がん原因

[ 2013/02/05 (火) ]
カテゴリーを変更しましたので、記事へのリンクのみを記載。
[ 2013/02/05(火) ] カテゴリ: 栄養学?や基礎的な事 | CM(0)

化学物質の安全性に関する参考サイト

[ 2013/02/05 (火) ]
【食品中の化学物質の安全性】の勉強の過程で見つけた関連資料などの幾つかのリンクを【資料編】としてアーカイブします。

岡本教授の【分かりやすい安全性の考え方】耐容一日摂取量(TDI)から引用
[ 2013/02/05(火) ] カテゴリ: 栄養学?や基礎的な事 | CM(0)

(リンク)安全性試験(毒性試験)の種類

[ 2013/02/05 (火) ]
カテゴリーを変更しましたので、記事へのリンクのみを記載。
[ 2013/02/05(火) ] カテゴリ: 栄養学?や基礎的な事 | CM(0)

(リンク)“放射線”と“化学物質”と“リスク”についての雑感

[ 2013/02/04 (月) ]
他のカテゴリーに掲載していますので、記事へのリンクのみを記載。
[ 2013/02/04(月) ] カテゴリ: 栄養学?や基礎的な事 | CM(0)

【9】食品添加物、なぜ使われている?、どのようなルールがある?、どのくらい食べている?

[ 2013/01/24 (木) ]
 【食品中の化学物質の安全性】シリーズの最後になりますが、身近にある化学物質として、食品添加物について勉強しました。

食品添加物の基本的な 10 項目
 (NPO法人)くらしとバイオプラザ21の小冊子メディアの方に知っていただきたいこと〜食品添加物が良い資料でした。メディア向けに作成されたものですが判り易いです。初めの数ページに『食品添加物「基本の10項目」概要』、その後に詳説があるので、概要の部分を中心に引用します。
[ 2013/01/24(木) ] カテゴリ: 栄養学?や基礎的な事 | CM(0)

【8】発がんリスクの比較~暴露マージン:MoE

[ 2013/01/22 (火) ]
前号の【7】 “リスク認知” および “おわりに”リスク比較の、『死亡の機会が100万に1人(10-6)の割合で増えると推定したリスクの比較』に実感が持てなかったこともあり、別のリスク比較手法を勉強しました。

暴露マージン(MoE:Margin of Exposure)とは
[ 2013/01/22(火) ] カテゴリ: 栄養学?や基礎的な事 | CM(6)

【7】 “リスク認知、リスクの比較” および “おわりに”

[ 2013/01/17 (木) ]
前号の【6】耐容一日摂取量:TDI (閾値がない化学物質)からの続きです。

実質安全量(VSD)などの考え方を国民に説明するため、科学者は様々な努力をしてきたが、

リスク認知(Risk perception)

 「日常食べるものに危害があってはならない」という素朴な信念に対して、中世から科学の世界では常識の「全てのものは毒である。毒でないものはない。適正な用量が毒と薬を分ける」というパラケルサスの説を繰り返しても容易には受け入れてもらえない
 そこで、リスク認知という学問分野が生まれた。
[ 2013/01/17(木) ] カテゴリ: 栄養学?や基礎的な事 | CM(0)

【6】耐容一日摂取量:TDI (閾値がない化学物質)

[ 2013/01/15 (火) ]
前号の【5】実質安全量:VSD (閾値がない化学物質)の続きです。

閾値がない化学物質の安全基準

もう一つの基準、耐容一日摂取量(TDI:Tolerable Daily Intake)

 閾値がない化学物質の低濃度領域における用量―反応の数理モデル図を振り返っていただきたいが、3本の線が引いてあった。すなわち、未だ推定の領域であり、いくつかの仮説が立てられている。
[ 2013/01/15(火) ] カテゴリ: 栄養学?や基礎的な事 | CM(0)

【5】実質安全量:VSD (閾値がない化学物質)

[ 2013/01/15 (火) ]
 前号の【4】一日摂取許容量:ADI 、許容残留量:MRLでは、閾値がある化学物質の安全性基準を説明しましたが、今回は閾値がない化学物質についての国際的安全性基準を紹介します。

デラニー条項の問題点

デラニー条項

 最初に登場するのが、1958 年に施行された米国の「連邦食品・医薬品・化粧品法」のデラニー条項である。(1996年に廃止された)
ヒトや動物に発癌性を示す食品添加物は安全とは見なさないとする考え方
[ 2013/01/15(火) ] カテゴリ: 栄養学?や基礎的な事 | CM(0)

【4】一日摂取許容量:ADI 、許容残留量:MRL (閾値がある化学物質)

[ 2013/01/11 (金) ]
前号の【3】 イニシエーション作用、プロモーション作用、プログレッション作用からの続きです。

閾値がある化学物質の安全基準

(図の再掲)
化学物質の主な安全性試験

毒性試験
こちらから転記
[ 2013/01/11(金) ] カテゴリ: 栄養学?や基礎的な事 | CM(0)

【3】イニシエーション作用、プロモーション作用、プログレッション作用(多段階発がん機構)

[ 2013/01/10 (木) ]
前号の【2】 遺伝毒性(変異原性)、発がん性の補足的な説明です。

[ 2013/01/10(木) ] カテゴリ: 栄養学?や基礎的な事 | CM(0)

安全性試験(毒性試験)の種類

[ 2013/01/10 (木) ]
一般毒性試験と特殊毒性試験がある。

安全性を確認するための試験

毒性試験全体
農薬の安全性試験
出典:残留農薬 日本獣医生命科学大学 名誉教授 鈴木勝士(食の安全と安心フォーラムⅫ 2016/2/14
[ 2013/01/10(木) ] カテゴリ: 栄養学?や基礎的な事 | CM(0)

【2】遺伝毒性、変異原性、発がん性

[ 2013/01/10 (木) ]
前号の【1】 “はじめに” および “用量・反応関係”からの続きです。

 食品中の化学物質の安全性を討議する際に必ず出てくるのが、一日摂取許容量(ADI)許容残留量(MRL)である。これを正確に理解することが大切であり、そのために、先ず安全性試験について解説する。

安全性試験
[ 2013/01/10(木) ] カテゴリ: 栄養学?や基礎的な事 | CM(0)

【1】 “はじめに” および “用量・反応関係”

[ 2013/01/10 (木) ]
はじめに

 【食品中の化学物質の安全性】に関して、基礎的なところを勉強して行こうと思います。何回かのシリーズになる予定ですが、奥が深そうなので“基礎の基礎”だけで終わってしまうかも知れません。
 岡本嘉六 鹿児島大学教授のホームページにある【分かりやすい安全性の考え方】を幹にして、関連文献・資料などに巡り逢えたら加えて行く予定です。岡本教授にはお礼を申し上げます。
 自分の理解が目的ですので、部分的な引用になりますが、文末に引用資料のリンクを記載しますので、判りにくい部分は原典でご確認をお願いします。
 また、当ブログでは、とりあえずエントリーを起こすことで情報アーカイブ場所を確保して、後から追記していくことも多いのですが、今回もそんな形になりそうです。
 なお、素人の纏めですので、不適切や正しくない引用もあるかも知れません。ご指摘戴けると幸いです。


化学物質の用量・反応関係
[ 2013/01/10(木) ] カテゴリ: 栄養学?や基礎的な事 | CM(0)

(自分用メモ)エネルギー代謝のしくみ

[ 2011/12/31 (土) ]
この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力
[ 2011/12/31(土) ] カテゴリ: 栄養学?や基礎的な事 | CM(-)
このブログについて
管理人 icchou から簡単な説明です 更新,追記の通知はTwitter
カテゴリ
最新記事
ブログ内検索