ポストさんてん日記

放射線・エネルギー・環境・化学物質・食品などの情報をアーカイブとして整理すると同時に、徒然につぶやいています。 リンクはご自由に。

【HPV4】池田修一信州大学医学部長(厚生労働省研究班の代表)の発表とメディアの反応

[ 2016/04/11 (月) ]
厚生労働省によるヒトパピローマウイルス感染症の予防接種後に生じた症状に関する厚生労働科学研究事業成果発表会(2016年3月16日)での池田修一氏の発表が騒ぎを巻き起こしました。
素人なりに、まとめてみます。

池田修一信州大学医学部長(厚生労働省研究班の代表)のプレスリリース
『子宮頸がんワクチン接種後の神経障害に関する治療法の確立と情報提供についての研究』

メディアが興味をもって報道したのは
●HPVワクチンの副反応といわれている患者は共通のHLA型を持っていた。
●複数のワクチンをマウスに接種する実験で脳への障害も副反応として疑われる。
である。
ネット上での専門家による批判の集中砲火を浴びて、収束の方向にあるようだが、患者さんたちヘの悪影響が懸念される。

【メモ】
HPVワクチンの副反応?に対する報道(2016/3/16)についての物言い(simbelmynë :: diary 2016/3/18)
HPVワクチン報道;確信犯なら放送法適用してほしい(BLOGOS 中村ゆきつぐ 2016/3/20)
「本当にマスコミだけの問題だったらまだましなのかもしれない」 ~子宮頸がんワクチン関連の池田班発表資料と報道の問題について~ Togetter by s_matashiro(@glasscatfish)さん 2016/3/27
HPVV報道のNF-κBp50 欠損マウスの解説 Togetter by paku♉(@PAKU)さん 2016/3/18
子宮頸がんワクチンと遺伝子 池田班のミスリード 利用される日本の科学報道(前篇)(WEDGE Infinity(ウェッジ) 村中璃子 2016/3/24) 
*1子宮頸がんワクチン「脳障害」に根拠なし 誤報の震源は医学部長 利用される日本の科学報道(中篇)(WEDGE Infinity(ウェッジ) 村中璃子 2016/3/29) 
【追記】【厚労省】平成28年3月16日の成果発表会における発表内容について(2016/4/18)

この発表会において、一部報道で取り上げられたように、・・・。
このデータは、症状が出た方のみについて集計されたものであり、HPVワクチンと脳の症状との因果関係を示したものではありません。また、少数のデータであるため、約8割という数字は、確かなものとは言えないと考えられます。
したがって、このデータからは、HPVワクチンが記憶障害などを起こすと言うことはできず、この遺伝子を持っている方に、HPVワクチンを接種した場合、記憶障害などを起こす可能性が高いと言うこともできません。
上記の内容については、発表いただいた研究者にも確認済みです。


素人なりに理解したことは2点。
●科学的に間違いある発表であった。→池田修一氏の科学者としての能力の問題なのか?
●ミスリードがあった。→池田修一氏の資質の問題なのか?

結局、報道するに値しないプレスリリースであった訳ですが、健康問題などを始めとした様々な分野で問題となっているメディアと研究機関のプレスリリースとの相互依存的な関係の面で、今回はメディアの対応に特徴が出たようです。

各メディアの反応
[ 2016/04/11(月) ] カテゴリ: 子宮頸がんワクチン問題 | CM(0)

【HPV3】子宮頸がんワクチン、日本発『薬害騒動』の真相(メモ)

[ 2015/10/26 (月) ]
今回、WEDGE Infinity(ウェッジ)に掲載された村中璃子氏の記事が勉強になりました。
子宮頸がんワクチン問題については、既エントリー(【HPV1】【HPV2】)で基本的なところを勉強してきましたが、この記事で理解が深まり、既エントリー作成時点のイメージがかなり変わりました。筆者に感謝です。
以下内容は、ブログ主が知らなかった事、曖昧な知識しかなかった事などを、記事からつまみ食いした単なる個人的な勉強メモです。引用箇所の選択や強調文字はブログ主の主観なので、ご興味の方は原典をどうぞ。
[ 2015/10/26(月) ] カテゴリ: 子宮頸がんワクチン問題 | CM(1)

【HPV2】子宮頸がんワクチン接種の経緯、利益相反、救済の動き

[ 2015/07/18 (土) ]
内容をかなり改定。2015/9/18
初回公開日:2015/7/18


【HPV1】ヒトパピローマウイルス、子宮頸がんワクチンからのつづき。

0.目次

1.申請~接種呼びかけ中止までの時系列
2.利益相反との指摘について
3.副反応について
4.救済の動き
5.関連エントリー

1.申請~接種呼びかけ中止までの時系列

(1) 「サーバリックス」(グラクソ・スミスクライン社)
2007年9月申請、2009年10月承認、同年12月販売開始。

(2) 「ガーダシル」(MSD社)
2010年7月申請、2011年7月承認、同年8月販売開始。

(3) 2010年11月、厚労省は「ワクチン接種緊急促進事業」を実施し、対象ワクチンに子宮頸がん予防ワクチンを含め(その他はヘモフィルスインフルエンザ菌b型ワクチンと小児用肺炎球菌ワクチン)市区町村が行う接種事業に助成した。これにより、2013年3月31日までは、事業の対象者(おおむね中学1年生から高校3年生相当の女子)は無料もしくは低額で接種を受けられた。
[ 2015/07/18(土) ] カテゴリ: 子宮頸がんワクチン問題 | CM(4)

【HPV1】ヒトパピローマウイルス、子宮頸がんワクチン

[ 2015/07/13 (月) ]
『「ワクチンに含まれているアルミニウムについて何を知っておくべきか」(フィラデルフィア小児病院のQ&A "Aluminum in Vaccines: What you should know"をざっと訳してみた)』を追記。2016/4/19
初回公開日:2015/7/13


子宮頸がん予防ワクチン問題について、身内から相談を受けたときにどう答えるか?を目標にして、基礎的なところを勉強して行こうと思います。
ブログ主は素人なので、まずは、情報や文献(正確には論文をベースにした専門家の論説)を読むときに必要となるような基礎知識をまとめてみます。不適切・正しくない引用や、後日、修正する箇所もあるかも知れません。

ヒトパピローマウイルス(Human papillomavirus:HPV)と子宮頸がん
[ 2015/07/13(月) ] カテゴリ: 子宮頸がんワクチン問題 | CM(0)

(自分用メモ)HPV

[ 2014/01/01 (水) ]
この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力
[ 2014/01/01(水) ] カテゴリ: 子宮頸がんワクチン問題 | CM(-)
このブログについて
管理人 icchou から簡単な説明です 更新,追記の通知はTwitter
カテゴリ
最新記事
ブログ内検索