ポストさんてん日記

放射線・エネルギー・環境・化学物質・食品などの情報をアーカイブとして整理すると同時に、徒然につぶやいています。 リンクはご自由に。

かぜ、インフルエンザ、抗菌剤(抗生物質、抗生剤)、などの勉強ノート

[ 2016/12/20 (火) ]
“かぜ”とは何か?インフルエンザとどう違うの?抗菌剤(抗生物質、抗生剤)はどういう時に使うの?などについて勉強してみました。
ついでに、今までにメモしておいた情報も整理しました。
(医師や医療関係者のお話や論説を容易に理解できるようになるための、門外漢の勉強ノートです。)

目次

1.本論に入る前に、基礎知識として
2.感冒(かぜ)とはどんな病気か、原因は、流行時期は
3.風邪ウイルスの侵入経路と主な感染部位、症状
4.ウイルスが原因のかぜには抗菌剤(抗生物質、抗生剤)は効かない(インフルエンザを除く)
5.インフルエンザと“かぜ”(普通感冒)の違い
6.自分・身内用に
7.インフルエンザワクチン
8.この分野も、ガセ・トンデモ系の情報が多いですが、キチンと否定する情報もあります。(感謝)
9.(本題から少し外れますが)感染性胃腸炎
10.関連エントリー
11.参考(個人の体験)

1.本論に入る前に、基礎知識として

1.まずは、図で見る“ウイルス細菌と真菌(カビ)の違い”
2.“ウイルスと細菌の違い”を少し詳しく表にすると
についての概略のご理解が有用ですので、以前に勉強した『【基礎01-1】ウイルス、ワクチン、抗ウイルス薬』から、ご覧ください。
[ 2016/12/20(火) ] カテゴリ: 生物・医学関係一般 | CM(0)

(メモ)ノロウイルスに関するリンク集

[ 2016/12/17 (土) ]
追記。2017/3/3
(上記までの追記記録は割愛)
初回公開日:2015/12/5


個人的なメモです。参考になった(あるいは“なるほど”)情報を部分的に引用しています。

「刻みのり」とノロウイルス
今村顕史 yomiDr./ヨミドクター 2017/3/3

【小見出しとごく一部のみ引用】
焼き海苔で起こった食中毒
落とし穴のような食中毒
ノロウイルスの感染力
乾燥にも強いノロウイルス

「刻みのり」は、いわゆる乾物とも呼ばれている乾燥した食品です。一般的には、乾燥している食材からは食中毒が起こらないと思っている人も多いでしょう。しかし、ノロウイルスが乾燥に強いことを考えれば、起こりえないことではないのです。
食品を調べる難しさ
原因にたどりつくまでの道のり
まだ残っていた課題
意外なところでつながった2つの点
食中毒の調査には粘り強さも必要
広域発生は現代のパターン
風評被害にも気をつけて
たった一人の職員の気のゆるみが原因であることも多いのです。
ひとつの会社には、そこに働く人たちがいて、その人たちには家族もいます。みなさんには、そのようなことも決して忘れないようにしてもらいたいと思います。

[ 2016/12/17(土) ] カテゴリ: 生物・医学関係一般 | CM(0)

はしか(麻疹)の予防接種、身内に送った情報

[ 2016/09/10 (土) ]
身内に送った情報ですが、なにかの参考になれば。

[ 2016/09/10(土) ] カテゴリ: 生物・医学関係一般 | CM(0)

(紹介)甲状腺の病気について~甲状腺がんを中心に~

[ 2016/08/24 (水) ]
日本医科大学付属病院 内分泌外科(日本医科大学大学院医学研究科 内分泌外科学分野)のホームページに
『甲状腺の病気について~甲状腺がんを中心に~』というPDF資料があります。
大変有用な資料だと思いますので紹介させていただきます。
[ 2016/08/24(水) ] カテゴリ: 生物・医学関係一般 | CM(0)

MERSに関するリンク集(メモ)

[ 2015/06/05 (金) ]
追記。2015/6/9
初回公開日:2015/6/5


個人的なメモです。参考になった(あるいは“なるほど”)情報を部分的に引用しています。
[ 2015/06/05(金) ] カテゴリ: 生物・医学関係一般 | CM(0)

RSウイルス感染症とは

[ 2014/12/16 (火) ]
RSウイルス感染症が流行しているとのことですが、今まで知らなかったので、勉強がてら素人なりにまとめてみました。引用元は最後にまとめて記載してあります。

RSウイルス感染症、流行

RSウイルス:RSV:respiratory syncytial virusは、すべての年齢層で上気道炎(かぜ症候群)や下気道炎(肺炎や細気管支炎)を引き起こす代表的な呼吸器ウイルスである。
また、再感染も生涯にわたり繰り返し起こる。
特に、重要な点は、初感染の乳児および高齢者に高率に気管支炎や肺炎を引き起こすことである。
          呼吸器のしくみ
呼吸器のしくみ
[ 2014/12/16(火) ] カテゴリ: 生物・医学関係一般 | CM(0)

CAD/CAM冠で歯を直しました

[ 2014/11/04 (火) ]
私事なのですが、CAD/CAM冠を使った歯の治療(いわゆる差し歯)をしましたので、勉強したことを記録しておきます。

上顎の前から5番目の歯(第2小臼歯)で、多分、C3 または C4 と呼ばれる状態になっていました。
先生から提示されたメニューは下の写真例の左(金属冠)or 右(CAD/CAM冠)で、右(CAD/CAM冠)を選択しました。(抜歯せずに済んでよかったです!)
なお、中央(プラスチック冠)が提示メニューになかったのは、割れやすいためと思われます。(ネットにはそのような情報が多く見受けられることからの推測)
[ 2014/11/04(火) ] カテゴリ: 生物・医学関係一般 | CM(0)

“デング熱の重症化”と“ワクチン製造の難しさ”は、デングウイルスの“ある特性”による

[ 2014/09/08 (月) ]
図による解説を追記。2014/9/9
初回公開日:2014/9/8


既エントリー デング熱、ヒトスジシマカについて に、
  • ワクチンや抗ウイルス薬はない(数種類のワクチン候補が臨床試験の各段階)
  • デングウイルスに4つの型(1型、2型、3型、4型)がある。
  • ある種類のデングウイルスに感染して回復し、その後別の種類のデングウイルスに感染すると重症型のデング熱になるリスクがあるという説が有力である。
と記載しています。その辺りの詳細な解説を引用させて頂きます。

「六号通り診療所所長のブログ」 2014/9/7
デング熱ワクチンについて
[ 2014/09/08(月) ] カテゴリ: 生物・医学関係一般 | CM(0)

デング熱、ヒトスジシマカについて

[ 2014/09/07 (日) ]
グラフ更新。2015/9/14
(上記までの追記・更新記録は割愛)
初回公開日: 2014/08/28


デング熱が70年ぶりに国内感染のニュースに驚きましたので、少し勉強しました。

デング熱(Dengue Fever)とは
[ 2014/09/07(日) ] カテゴリ: 生物・医学関係一般 | CM(0)

(自分用メモ)子どもを守るために知っておきたいこと

[ 2014/01/03 (金) ]
この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力
[ 2014/01/03(金) ] カテゴリ: 生物・医学関係一般 | CM(-)

(自分用メモ)リウマチ

[ 2014/01/02 (木) ]
この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力
[ 2014/01/02(木) ] カテゴリ: 生物・医学関係一般 | CM(-)

(自分用メモ)前立腺がん

[ 2014/01/02 (木) ]
この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力
[ 2014/01/02(木) ] カテゴリ: 生物・医学関係一般 | CM(-)

(自分用メモ)はしか(麻疹)の予防接種に関する身内向け情報

[ 2014/01/01 (水) ]
この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力
[ 2014/01/01(水) ] カテゴリ: 生物・医学関係一般 | CM(-)
このブログについて
管理人 icchou から簡単な説明です 更新,追記の通知はTwitter
カテゴリ
最新記事
ブログ内検索