ポストさんてん日記

放射線・エネルギー・環境・化学物質・食品などの情報をアーカイブとして整理すると同時に、徒然につぶやいています。 リンクはご自由に。
カテゴリー  [ 生物・医学の基礎 ]

【基礎07】衛生仮説のTh1/Th2セオリーは崩壊した?A20というタンパク

[ 2019/05/14 (火) ]
【基礎06】食物アルギーの二重抗原曝露仮説、経皮感作のための勉強していたら、それと密接に関連するお話がありましたので、同時に勉強しました。

本論に入る前に、
衛生仮説とは

「衛生仮説」が発表されたのは1991年のこと

先進国でアレルギー性疾患が増加した理由としてStrachanが提唱した「乳児期までの不衛生な環境がアレルギーの発症を低下させる」という理論。衛生的な環境ではTh1の成熟が起こらずTh2が優位になるため、アレルギー疾患が起きやすいと考える。


衛生仮説が出てきた初期のころ、ThlTh2はシーソーのような拮抗作用があると思われていた。
Thlが増えるとTh2が減ってアレルギーが抑えられ、Th2が増えるとThlが減って自己免疫疾患が抑えられる、というのだ。ところが、この理論はほどなく破綻した。自己免疫障害を抱える患者はアレルギーも発症していることが多く、実際、欧米では自己免疫疾患とアレルギーが足並みそろえて増えている。こうして免疫系の動態は再解釈されることになり、現在では、制御性T細胞(Treg)がThlとTh2を含むすべてのエフェクターT細胞を抑えるマスタースイッチだという理解になっている。
制御性T細胞(Treg)が多くなればエフェクターT細胞全般の攻撃力が低下し、「免疫寛容」の状態になる。その免疫系のコントロール権を担っているのは腸内微生物である。

出典:人類の進化が病を生んだ(ジェレミー テイラー、訳:小谷野昭子)
参考エントリー【基礎05】T細胞の種類・分化ついての基礎的な全体像

多くの疫学調査結果から、環境中のエンドトキシン量が多い農村地域や非衛生的な地域で育った場合、その後の花粉症の発生率やアレルゲン特異的IgE抗体保有率が低くなるということが報告されている。免疫学的な背景としては、非衛生的環境下ではTh2細胞に桔抗するTh1細胞が増加することが想定されている。すなわち、ダニ抗原などのアレルゲンが生後はじめて侵入すると、抗原提示細胞にとりこまれ所属リンパ節においてナイーヴT細胞に対して抗原提示が行われる。このとき、抗原提示細胞に存在する、エンドトキシンなどの細菌やウイルス由来の分子を認識するToll様受容体(TLR)が同時に刺激されると、ナイーヴT細胞はTh2細胞には分化せず、Th1細胞が生成する。そしてアレルゲン特異的Th1細胞はIgE抗体の産生を促進せず、病的反応も惹起しないということなどが免疫学的な説明となっている。

出典:PDF次世代のためのアレルギー疾患発症の予防戦略(斎藤博久 2016年)
参考エントリー【基礎02】免疫とは~自然免疫、獲得免疫、細胞性免疫、体液性免疫など


ここからが本論です。
[ 2019/05/14(火) ] カテゴリ: 生物・医学の基礎 | CM(0)

【基礎06】食物アルギーの二重抗原曝露仮説、経皮感作

[ 2019/05/10 (金) ]
『近年、経皮感作の重要性が明らかになり、食物アルギーの発症機序に関する概念が一新されつつある。』とのことで、その辺りを勉強しました。
その結果、2014年に書いたエントリー【基礎04】アレルギーとは~免疫の副作用、発症メカニズム、治療の原理などの一部に間違いがあること(正確には、食物アレルギーは奥が深く、新しい知見がどんどん出ている事)がわかりました。
[ 2019/05/10(金) ] カテゴリ: 生物・医学の基礎 | CM(0)

【基礎05】T細胞の種類・分化ついての基礎的な全体像

[ 2018/06/26 (火) ]
追記。2018/10/13
初回公開日:2018/6/26


4年ほど前に、“免疫”の基礎について勉強して、そのノートをエントリーにしています。
 【基礎02】免疫とは~自然免疫、獲得免疫、細胞性免疫、体液性免疫など
 【基礎04】アレルギーとは~免疫の副作用、発症メカニズム、治療の原理など 
その中では、『ヘルパーT細胞は2種類ある』という理解でした。
ところが、最近、少し詳しい一般書を読んでいたら色々な名称が出てきて、そのレベルでは理解が追いつかないことが分かりました。
今回は、T細胞の分化についての基礎的な全体像のみ勉強してみました。

(ここは、既エントリーから転記です)
6.免疫細胞は造血幹細胞で生まれ、骨髄、胸腺、脾臓、リンパ節で成熟
[ 2018/06/26(火) ] カテゴリ: 生物・医学の基礎 | CM(0)

(メモ)オートファジー

[ 2016/10/10 (月) ]

オートファージの誘導
その他、細胞分化、細胞死での役割が議論されていますが、それらとの関係は、未だそれほど明らかになっていません。
出典:東京工業大学 大隅研究室
[ 2016/10/10(月) ] カテゴリ: 生物・医学の基礎 | CM(0)

(メモ)失われてゆく、我々の内なる細菌

[ 2015/10/09 (金) ]
自分用のアーカイブとして、リンクと一部引用のみのエントリーです。
[ 2015/10/09(金) ] カテゴリ: 生物・医学の基礎 | CM(0)

【基礎04】アレルギーとは~免疫の副作用、発症メカニズム、治療の原理など

[ 2014/10/01 (水) ]
【基礎03】 からの続きです。
思いのほか長いシリーズになってしまいましたが、今回が最終回で、免疫がからむ病気の話として、アレルギーの基礎の勉強です。
図を含めて大部分が東京都神経科学総合研究所からの引用です。 (現在はサイト全体が消えています。組織変更の為なのでしょうか?10項を参照)

目次 (ページ内リンクが付いています)
[ 2014/10/01(水) ] カテゴリ: 生物・医学の基礎 | CM(0)

【基礎03】抗体とは~免疫の飛び道具

[ 2014/09/22 (月) ]
体液性免疫といわれる抗体は、抗原を認識したへルパーT細胞の援助によってB細胞から分泌生成されることを【基礎02】で勉強しました。
今回は、無限に産出され、免疫反応の中心的な役割に担う抗体について、少し深く勉強しました。

目次 (ページ内リンクが付いています)
[ 2014/09/22(月) ] カテゴリ: 生物・医学の基礎 | CM(0)

【基礎02】免疫とは~自然免疫、獲得免疫、細胞性免疫、体液性免疫など

[ 2014/09/16 (火) ]
3項に「抗原提示細胞は樹状細胞」を追記。2016/2/14
7項を追記。2014/10/28
初回公開日:2014/09/16



【基礎01-1】ウイルス、ワクチン、抗ウイルス薬に続いて、免疫細胞について勉強がてら、まとめてみました。関連する論説などを読むときに、役に立つかも知れない基礎知識です。

目次 (ページ内リンクが付いています)
[ 2014/09/16(火) ] カテゴリ: 生物・医学の基礎 | CM(0)

【基礎01-2】原虫・蠕虫、2015年ノーベル生理学・医学賞

[ 2014/08/20 (水) ]
ノーベル生理学・医学賞のニュースなどを聞いていて、“寄生虫”や“原虫”についての知識がなかったことを実感したので勉強しました。あわせて、今回の受賞内容についての理解を深めました。
本エントリーの内容は、一連の勉強の最初のころに位置付ける方が良いと思い、タイトルの番号に反映しました。

0.目次

1.図で見る、ウイルス・細菌・真菌・原虫・蠕虫(ぜんちゅう)の違い
2.寄生虫の分類、感染経路
3.寄生虫感染の現状
4.2015年ノーベル生理学・医学賞
5.関連エントリー

(復習を兼ねて)
1.図で見る、ウイルス・細菌・真菌・原虫・蠕虫(ぜんちゅう)の違い
[ 2014/08/20(水) ] カテゴリ: 生物・医学の基礎 | CM(0)

【基礎01-1】ウイルス、ワクチン、抗ウイルス薬

[ 2014/08/19 (火) ]
世界ではエボラ出血熱が感染拡大し、また、日本ではデング熱の国内感染が発生していますが、この機会に、ウイルス(virus)やワクチンなどの基本的・一般的なことについて勉強しました。この分野の論説などを読むときに、役に立つかも知れない基礎知識です。
素人がまとめた自分用の勉強ノートですので、間違いがあるかも知れません。かなり注意はしていますが。(問題があれば、ご指摘頂けるとありがたいです。)

目次 (ページ内リンクが付いています)
[ 2014/08/19(火) ] カテゴリ: 生物・医学の基礎 | CM(0)

病気の治療法の研究方法(研究デザイン)

[ 2014/06/17 (火) ]
病気の治療法の効果を評価するための研究方法に関して、ブログ主のような素人にも良く分かる解説を見つけたので、アーカイブします。
出典は、がんの補完代替医療ガイドブック 第3版(2012年2月)の17~20ページの“補完代替医療の科学的検証”です。

目次

1.治療方法の効果を評価する方法~科学的検証
2.関連する情報
 健康情報の「エビデンス」を鵜呑みにしてはいけない理由
 「トクホって効くの?」その効果を理解するには
3.日本薬学会 メタ解析
4.おまけ
 健康情報のトリック。 宣伝広告の三段論法に注意!
 がん治療における漢方薬
 新薬開発までの長い道のり
 「治験・臨床試験」について考える - SlideShare

1.治療方法の効果を評価する方法~科学的検証

がん補完、研究方法の信頼度
[ 2014/06/17(火) ] カテゴリ: 生物・医学の基礎 | CM(0)

染色体・DNA・遺伝子の基礎的なこと

[ 2012/02/02 (木) ]
別エントリー放射線のDNAへの作用(染色体、遺伝子、直接作用と間接作用、電離や励起、活性酸素)から抜き出して単独化し、セントラルドグマを加えました。
素人が色々なサイトからピックアップしたものですので、間違いなどがありましたら、ご指摘ください。

目次

1.染色体とDNAと遺伝子
2.ゲノム
3.DNAの構造と複製
4.セントラルドグマ(Central dogma)
[ 2012/02/02(木) ] カテゴリ: 生物・医学の基礎 | CM(0)

(リンク)放射線のDNAへの作用(染色体、遺伝子、直接作用と間接作用、電離や励起、活性酸素)

[ 2012/02/01 (水) ]
他のカテゴリーに掲載していますので、記事へのリンクのみを記載。
[ 2012/02/01(水) ] カテゴリ: 生物・医学の基礎 | CM(0)

(リンク)放射線によるDNAの損傷・修復(アポトーシス・免疫システムなど、がん化防止のプロセス)

[ 2012/01/30 (月) ]
他のカテゴリーに掲載していますので、記事へのリンクのみを記載。
[ 2012/01/30(月) ] カテゴリ: 生物・医学の基礎 | CM(0)

(自分用メモ)CRISPR/Cas9

[ 2012/01/16 (月) ]
この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力
[ 2012/01/16(月) ] カテゴリ: 生物・医学の基礎 | CM(-)

(自分用メモ)細胞の基本構造

[ 2012/01/14 (土) ]
この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力
[ 2012/01/14(土) ] カテゴリ: 生物・医学の基礎 | CM(-)

(自分用メモ)腸内細菌と健康

[ 2012/01/13 (金) ]
この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力
[ 2012/01/13(金) ] カテゴリ: 生物・医学の基礎 | CM(-)

(自分用メモ)失われてゆく、我々の内なる細菌

[ 2012/01/13 (金) ]
この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力
[ 2012/01/13(金) ] カテゴリ: 生物・医学の基礎 | CM(-)

(自分用メモ)免疫の意味論 多田富雄

[ 2012/01/10 (火) ]
この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力
[ 2012/01/10(火) ] カテゴリ: 生物・医学の基礎 | CM(-)

(自分用メモ)環境疫学とは

[ 2011/12/31 (土) ]
この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力
[ 2011/12/31(土) ] カテゴリ: 生物・医学の基礎 | CM(-)

(自分用メモ)免疫02

[ 2011/12/31 (土) ]
この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力
[ 2011/12/31(土) ] カテゴリ: 生物・医学の基礎 | CM(-)

(自分用メモ)免疫01

[ 2011/12/31 (土) ]
この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力
[ 2011/12/31(土) ] カテゴリ: 生物・医学の基礎 | CM(-)

(自分用メモ)ゲノムとは個々の生物が持っている遺伝情報の総体

[ 2011/12/31 (土) ]
この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力
[ 2011/12/31(土) ] カテゴリ: 生物・医学の基礎 | CM(-)
このブログについて
管理人 icchou から簡単な説明です 更新,追記の通知はTwitter
カテゴリ
ブログ内検索